事業会社への譲渡・売却によるパートナー戦略

事業会社と組みシナジー効果を狙う

企業が成長するには、時代に合わせた事業戦略に加え、自社へ人材・設備・資金などの経営資源を投下し続けていく必要があります。しかし、単独でそのような経営資源を投下し、自社を成長させ続けることは容易ではありません。

そうした背景の元、「自社を成長させるための手段」として売却を決断するケースが多くなりました。
株式譲渡により他の事業会社と組み、相手先の経営資源を活用することでシナジー効果を創出し、成長を加速させていく戦略です。こういった昨今のトレンドに呼応するように、買い手企業によるM&A後の経営支援も、資金・情報・設備・実績など手厚くなる傾向にあります。

事業会社とのパートナー戦略イメージ

事業会社をパートナーに選ぶメリット

事業会社をパートナーに選ぶメリットとしては、人材、設備、販路など事業の成長に直接必要な経営資源を活用しやすい点が挙げられます。また、相手が上場企業の場合、ブランド力・信用力など自社が上場したのと類似した効果を得られることもメリットとして挙げられます。

親会社・グループ会社の経営資源(人材、設備、販路等)を利用することで、事業シナジーの創出が可能

親会社の知名度・ブランド力・信用力により、資金調達・人材採用において有利になる

ご相談は無料です

事業会社かファンドか

成長戦略型M&Aで譲渡側が組む相手は「事業会社」と「ファンド」の2つに大別でき、事業会社とファンドでは、得られる経営資源・メリットが異なります。

事業会社 ファンド
得られる経営資源 事業の成長に直接必要な人材・設備・販路など 経営ノウハウ・資金・人材ネットワークなど
主なメリット シナジー効果 経営課題の解決

ファンドの「ノウハウ・資金人材ネットワーク」を活用して経営課題を解決したい場合は、ファンドとのパートナー戦略もご検討ください。

事業会社への譲渡・売却に関する当社のサービス内容・流れ

日本M&Aセンターでは専門チームを社内に組成し、高度なコンサルティングサービスを提供します。個別相談で貴社の成長戦略や経営課題をお伺いし、譲受けを希望する企業を候補としてご提示します。また、財務情報等の共有を受けたうえで簡易の株価算定や案件を進める上でのアドバイジングを行い、成約までをご支援いたします。

当社サービス内容・流れ

事業会社への譲渡・売却支援に関する当社の強み

あらゆる事業会社とのネットワーク

全国1,023の会計事務所、307行庫の地域金融機関、商工会議所や大手証券会社と提携し全国のM&A情報が集約されるデータベースを構築。国内最大級の情報プラットフォームで、パートナーとして最適な事業会社をご紹介します。

豊富な実績と専門性による適正な株価算定

日本M&Aセンターが持つ、あらゆる業種のM&A事例を元に、適切な株価算定・企業価値評価を行います。また、企業価値評価を専門とする公認会計士も所属していますので、中立的で納得できる基準での株価算定が可能です。

ご相談は無料です

事業会社への譲渡・売却に関する事例紹介

事業会社とのパートナー戦略をサポートするコンサルタント紹介

  • 成長戦略部 / 副部長

    中川 隼

    大手金融機関を経て、2011年に日本M&Aセンター入社。累計80件以上のM&A成約に関与。担当した業種は土木、建設、飲食、旅館、不動産、ビルメンテナンスと多岐にわたる。「成長戦略型M&A」の推進者として、全国各地でセミナー・相談会を行い、財務面にかぎらず経営の本質的課題を見極め、改善策の検討実行までを支援。2020年、M&Aを支援した企業の社外取締役に就任。

  • 成長戦略部 / 上席課長

    河田 寛

    政府系金融機関にて事業承継・金融商品開発・デリバティブなどの業務に従事。
    2016年、日本M&Aセンター入社。中堅企業を中心に事業承継等経営課題の解決に関わり、数十社の支援実績を有する。

  • 成長戦略部 / 上席課長

    大野 智明

    大手商社を経て、大手コンサルティングファームで上場企業の中期経営計画、事業改革、新規事業開発・立上げの支援業務に従事。2017年、日本M&Aセンター入社。経営コンサルティングの経験を活かし、企業の成長戦略に着目した譲受・譲渡提案が強み。これまで、IT、商社、不動産、物流など、幅広い業種で数十社を超える支援実績を有する。プロスポーツチームのM&A支援も手がける。

  • 成長戦略部

    平原 大輔

    大手金融機関にて、建設、不動産、運輸業界の主に上場企業に対してファイナンス支援、M&Aアドバイザリーなどの投資銀行業務を経験。2016年、日本M&Aセンター入社。成長戦略型M&A、事業承継型M&Aなど豊富な支援実績を有する。

  • 成長戦略部

    北原 康弘

    大手金融機関にて法人営業などの業務に従事し、支店長を10年務め、行内支店エリア・個人業績において数多く表彰受ける。2018年、日本M&Aセンター入社。これまで200件を超える中堅企業を初回訪問し、事業承継等様々なディールに関わる。

  • 成長戦略部

    柴山 裕樹

    大手金融機関で法人営業主体に支店長まで経験し、グループ会社経営企画部長を歴任。2020年日本M&Aセンター入社。金融の経験を活かし、多様な切り口で新規対象先の初回面談を担当。

ご相談は無料です

ダウンロード資料

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。