カーブアウト(ノンコア事業・子会社の売却)

カーブアウトとは

カーブアウトとは、事業が多角化している企業においてコア事業(企業内で中心となる利益を生み出すことができる中核事業)を明確にし経営資源を集中的に投下するために、ノンコア事業(非中核事業)に位置づけられた事業・小会社を売却する手法を指します。

企業価値の向上を実現するためには、各事業・小会社の状況を継続的にモニタリングし、バランスのとれた事業ポートフォリオを再構築し、経営効率を高めることが求められます。これらをおろそかにし、ノンコア事業の見直しが進まない状況が続くと以下のような問題を引き起こすことにつながります。

ノンコア事業(非中核事業)を抱え続けることによる問題

  • 戦略事業に集中投下すべき資金、役職員の時間、その他経営資源を無駄に投下し続ける
  • ノンコア事業が低い収益性、赤字の場合、戦略事業の黒字を打ち消し、グループ価値が低下する
  • ノンコア事業に十分な手当が行われず、事業関係者に不満が募り、労働意欲が低下する
  • 上記が長く続くと、コンプライアンス違反や事故等、問題が起こりやすい職場環境になりかねない

これらの問題を避けるためには、黒字、成長中の事業も例外とせず、将来を見据えて戦略的に事業分離を検討することが必要となります。事業価値の毀損が大きく進行する前に、相応しい相手先への譲渡を決断することが重要です。
譲渡の実行には専門家の助言・作業支援を受けながら、売却実行に伴う課題と対応方針を整理し、適切なプロセスの運営の下に、相手先との交渉、対象事業関係者への説明、および実行後の事業引き継ぎをスムーズに進めることが求められます。

カーブアウトのイメージ

カーブアウトを行うメリット

カーブアウトを行う売り手企業側のメリット

  • 不採算事業を切り離して自社の重要な事業に資源を集中させることができる。
  • 自社内の有望な事業をカーブアウトして出資者を募れば、多くの資金を集めて自社事業の一部門にとどめるより大きく成長させることができる。
  • 切り離しを行った事業に対して新たに出資して新会社を立ち上げ、成長が実現すれば売り手企業自身の企業価値も大きく向上する。

カーブアウトされる事業・子会社側のメリット

  • 買い手企業のもとで新たな資本や人材を獲得し、外部からもファンドなどの経営資源が得られる。
  • スピード感のある意思決定ができるようになるため、成長が期待できる。

ご相談は無料です

カーブアウトに関する当社のサービス内容・流れ

カーブアウト(事業・子会社の売却)に向け、方針整備からM&Aの成立に至るまで、適切なプロセス管理と各種専門的なサービスの提供を行います。また、業界No.1の弊社ネットワークを駆使し、相応しい候補企業を選定の上、弊社で直接アプローチし、ニーズ確認や条件交渉サポートを行います。
その他にも、買収監査の受入準備、必要書類草案作成等、各種必要手続きに関する助言・支援を行います。

当社サービス内容・流れ

カーブアウト支援に関する当社の強み

経験・実績豊富な専門チームがサポート

日本M&Aセンターには、弁護士・公認会計士・税理士・司法書士などの有資格者が社員として所属しています。社内に専門家を抱えることで、お客様特有の事情への配慮やスピーディなサポートを可能にしています。

国内最大級のM&A情報ネットワーク

全国1,023の会計事務所、307行庫の地域金融機関、商工会議所や大手証券会社と提携し全国のM&A情報が集約されるデータベースを構築。国内最大級の情報プラットフォームで、M&Aの最適なマッチングを実現させます。

ご相談は無料です

コンサルタント紹介

  • 企業戦略部 / 部長

    茶屋 伸裕

    野村證券入社後、営業部門・投資銀行部門を経て当社入社。通算14年超の上場会社カバレッジを通じ、M&A実務やファイナンス・ソリューション実務経験を豊富に有する。

  • 企業戦略部 / 副部長

    小柳 肇

    野村證券入社後、営業部門、グローバル・マーケッツ部門、投資銀行部門を経て当社入社。通算14年超にわたり上場会社のリードバンカーとして、M&Aやファイナンス業務に従事。

  • 企業戦略部 / 統括

    西川 大介

    大手プラントエンジニアリング会社(海外プラントEPC業務)、Big4系コンサルティングファーム(PMI業務等)、大手証券会社(M&Aアドバイザリー業務)を経て、当社に入社。通算20年のM&A実務経験に強み。

  • 企業戦略部 / 参与

    福井 順

    三和銀行、国内コンサルティングファームを経て2002年に当社に入社。20年間に渡り100件超のM&A仲介に携わる。当社で2名しかいない「M&Aマイスター」認定を受けている。上場企業向けのM&A支援実績多数。

  • 企業戦略部

    西本 信

    当社に新卒入社。会計事務所や金融機関とともに後継者不在型の譲渡企業を担当後、現在の企業戦略部へ参画。上場企業の成長戦略に資する未上場案件の買収支援を中心に、通算7年超にわたる幅広いM&A支援実績を有する。

  • 企業戦略部

    西田 憲二

    米国系最大手金融サービス会社において、日系大手銀行・証券会社の投資銀行部門に対するコンサルティング業務を経て、当社へ参画。上場企業グループの事業戦略に基づく仕掛け型M&Aやカーブアウト支援を行う。

  • 企業戦略部

    山中 康寛

    伊藤忠商事の食料部門にて、外食・小売企業向けSCM事業、商品開発、コンビニ事業管理に従事。欧米・東南アジアの海外子会社2社のExitを担当。当社入社後、食品、物流、情報、海外など多くの分野でのM&A支援実績を持つ。

  • 企業戦略部

    神南 遼

    楽天のEC部門にて、アパレル企業のコンサルティング営業に従事。全社賞である楽天賞を受賞。当社入社後、上場企業を中心に、IT、EC、物流、建設他、多くの分野でのM&A支援実績を有する。

  • 企業戦略部

    一之瀬 潤

    大手総合商社にて、自動車産業等向け素材供給サービス提供、出資会社の事業価値向上(PMI等)支援等に従事。当社入社後、プラント設備製造業、都市インフラ設備工事業、EC領域他、多くの分野でのM&A支援実績を有する。

  • 企業戦略部

    松山 達史

    アクセンチュアへ新卒入社後、通信・メディア・ハイテク事業領域の大手クライアント向けコンサルティングプロジェクトに多数従事し、当社へ入社。IT関連の知見を活かし、様々な業界においてM&A実行支援を行う。

  • 企業戦略部

    奥嶋 保博

    野村證券入社後、営業部門、投資銀行部門を経て、当社に入社。業界・業種を問わず、上場企業のM&Aやファイナンスの支援に関し、通算6年超の豊富な実績を持つ。

  • 企業戦略部

    福住 訓之

    ディーバ社に新卒で入社後、法人営業に従事し、主に大手上場企業に会計分野のコンサルティング及びITソリューションの提供を担当。当社入社後、IT分野を中心に多くの業界でM&A実行支援を行う。

  • 企業戦略部

    柳田 裕介

    みずほ銀行へ新卒入行後、企業オーナー向け総合コンサルティング営業に従事。当社入社後、上場企業クライアントをメインにM&A提案、実行支援を担当。

  • 企業戦略部

    伊藤 稜馬

    大手ゼネコンに入社後、新規事業開発部門にて不動産投資及び不動産開発事業に従事。物流倉庫開発PJ、オフィスビル・レジデンス開発PJ等多数の投資PJに関わる。当社入社後、上場会社を中心にM&A戦略の策定から実行支援までを担当。

  • 企業戦略部

    簗瀬 高成

    野村證券入社後、営業部門、投資銀行部門を経て、当社に入社。通算7年超にわたり上場企業のM&Aやファイナンス支援に従事。

  • 企業戦略部

    小黒 裕太

    日系大手自動車メーカーを経て、当社に入社。自動車メーカーの連結子会社のカーブアウトプロジェクトに参画し、複数ディーラーの売却経験を持つ。現在、上場会社クライアントをメインに全国幅広くM&A提案、実行支援を行う。

ご相談は無料です

ダウンロード資料

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。