東証一部上場 証券コード 2127
No.2127

中堅・中小企業のM&A仲介実績No.1

食品小売・コンビニ業界のM&A

食品小売・コンビニ業界には、食品スーパー、各種食料品小売業、コンビニエンスストアが含まれています。
大手企業の中で例を挙げると、セブン&アイ・ホールディングス、マルエツ、ヤオコー、バローなどを本サイトではこの業界に分類しています。

日本M&Aセンターは食品小売・コンビニ業界のM&A支援実績が豊富です。

関連する業界 食品卸業界のM&A動向

食品小売・コンビニ業界におけるM&A活用のメリット

[譲渡側のM&Aのメリット]

  • 大手と有力グループを形成することにより規模の経済を働かせることが出来る
  • 大手のノウハウを吸収することができる

[譲受側のM&Aのメリット]

  • 共同仕入れ等により規模の経済を働かせることが出来る
  • 未出店地域への進出が可能になる

食品小売・コンビニ業界においてM&Aを実行する際のポイント

  • 不動産等の各種契約の確認。仕入についてバイイングパワーを働かせることができるか
  • 商品コードのルール確認、仕入先の選定、システムの統一可否等

食品小売・コンビニ業界の注目案件情報

譲渡食品小売・コンビニ業界の譲渡希望案件

現在Web上で公開可能な譲渡希望案件はございません。
詳しくはお問合せください。
食品小売・コンビニ業界を含む食品卸・小売業界の譲渡希望案件一覧 お問合せ

譲受け食品小売・コンビニ業界の譲受けニーズ情報

  • No
  • 業種/備考
  • 直近売上高
  • 所在地エリア
  •  
  • 食肉小売や惣菜小売を行う企業を希望
  •  
  • 神奈川、東京のスーパーを希望
  •  
  • 300坪以上の店舗を希望
  • 1885
  • その他の食料・飲料卸売業
  • 100億円以下
  • 東海
  • 案件問合せ
  •  
  • 東海地方で、小回りの利く食品デリバリー業を検討

その他食品小売・コンビニ業界を含む食品卸・小売業界のM&A譲受けニーズ情報がございます。

食品小売・コンビニ業界における日本M&AセンターのM&A仲介実績

日本M&Aセンターは食品小売・コンビニ業界のM&Aで豊富な実績がございます。

  • 譲渡会社
  • 譲受け会社
  • スキーム
食品小売
甲信越
食品小売
甲信越
株式譲渡
2016年8月
食品卸
九州・沖縄
食品小売
九州・沖縄
株式譲渡
2016年7月
食料品小売
東海・北陸
酒小売
東海・北陸
株式譲渡
2016年6月
食品小売
九州・沖縄
飲食店
九州・沖縄
会社分割
2016年4月
食品小売
関東
食品小売
関東
株式譲渡
2016年4月

上記以外にも多数の食品小売・コンビニ業界を含む食品卸・小売業界のM&A仲介実績がございます。

食品小売・コンビニ業界のM&Aニュース

スーパーマーケット業界におけるM&A成功事例(日本M&Aセンター仲介案件)

譲渡会社:A社

スーパーマーケット

東日本

先行き不安

譲受け会社:B社

スーパーマーケット

東日本

先行き不安

大手との競争、先行きの市場環境を考え、経営理念を同じくするA社とB社は今までの競争から一点共生を決意。A社とB社を傘下におさめるホールディングカンパニーを設立し、地域連合となった。その結果仕入・運営等でのコスト削減やノウハウ共有により、それぞれの企業の基盤強化につながった。

M&A・事業承継に関する無料相談受付中(秘密厳守)

日本M&Aセンターの業界別専門コンサルタントが、あなたのM&Aを支援します。
M&Aについて、ぜひ日本M&Aセンターにご相談下さい。秘密は厳守いたします。
また譲受け希望の方は登録もできます。

無料相談申込み

0120-03-4150