日本M&Aセンター

M&A

日本M&Aセンター

業務用・産業用機械製造業界のM&A

日本M&Aセンターは業務用・産業用機械製造業界のM&A支援実績が豊富です。

M&A活用のメリット

業務用・産業用機械製造業界におけるM&A活用のメリットをご紹介します。

譲渡側のメリット
  • 単独では海外進出が不可能な企業でも、他者との連携で海外進出も可能になる
  • 永年培った技術を継承できる
  • 家族の生活を支える従業員の雇用を守れる
  • スムーズに後継者問題を解決し、ハッピーリタイアができる
譲受け側のメリット
  • 扱い分野を増やし、既存顧客へのワンストップサービスを提供、利益を確保しやすくするほか、新しい顧客、新しい技術を習得できる
  • 自社開発より時間・コストを節約できる

M&Aを実行する際のポイント

業務用・産業用機械製造業界でM&Aを実行する際のポイントをご紹介します。

  • 取引先の一社偏重、主要取引先の工場の存続、コア部分の技術が社内にあるか(ユニットを買ってきているだけか?)、技術者の年齢構成 など

注目案件情報

業務用・産業用機械製造業界の案件情報を表示します。

譲渡希望案件

  • 9992 加工機の設計・製造・販売 3億円以上 関西

    従業員の勤続年数が長く、機械設計・金属加工について高い技術が蓄積されている。新人の採用にも成功している。海外への販路も確立している。

譲受け希望案件

  • 1698 産業用機械製造業 全国 10億円未満

    関東の企業であれば尚良い

  • 1964 医療機械器具製造業、卸売業 全国 規模は問わない

    医療器具卸売業もしくは製造業を希望。特に循環器、脳外科、整形外科に積極的。

  • 1990 金属加工機械製造業 東北、関東 規模は未定

    技術的優位性のある加工機もしくは加工機周辺機器メーカーを希望。精密板金加工が可能なメーカーはベスト。

  • 1991 産業機械機具製造業 関東 規模は未定

    東京、神奈川、千葉、埼玉のエリアの半導体装置、研究関連の事業を行う企業、もしくは産業機械関係のメーカー、卸を希望。

M&A仲介実績

業務用・産業用機械製造業界の案件情報を表示します。

時期 譲渡会社 譲受け会社
2018年3月 産業用機械製造
東海・北陸
機械器具製造
中国・四国
2018年3月 産業用機械製造
関東
機械器具製造
関東
2017年12月 金属加工機械製造
関東
機械器具製造
関東
2017年11月 機械器具製造装置製造
関西
金属加工
関西
2017年9月 生産用機械・部品製造
東海・北陸
ファンド
関東

M&A成功事例インタビュー

業務用・産業用機械製造業界の成功事例インタビューを表示します。

セミナー情報

業務用・産業用機械製造業界のセミナー情報を表示します。

M&Aニュース

業務用・産業用機械製造業界のM&Aニュースを表示します。

業務用・産業用機械製造業界について

業務用・産業用機械製造業界には、発電機、多関節産業用ロボット、溶接機械、切削工具、ポンプ、ボイラー、エンジンなどや、工場内で使用される機械、農業機械、エレベーター、貨幣処理機、業務厨房関連機器、動力工具など、主として法人向けの各種機械を製造する事業が含まれています。

大手企業は、三菱重工業、小松製作所、ダイキン工業、クボタ、二プロ、ディスコ、IHI、ファナックなどを本サイトではこの業界に分類しています。

M&A・事業承継に関する無料相談受付中(秘密厳守)

日本M&Aセンターの業界別専門コンサルタントが、あなたのM&Aを支援します。 M&Aについて、ぜひ日本M&Aセンターにご相談下さい。秘密は厳守いたします。また譲受け希望の方は登録もできます。

無料相談

0120-03-4150

サービス

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。