東証一部上場 証券コード 2127
No.2127

中堅・中小企業のM&A仲介実績No.1

医療法人・介護施設のM&Aとは

後継者がいない(子供が継がない)、連帯保証人から開放されたい、労務管理は苦手だ、頻繁な制度改革で先行き不安、建替え・設備投資の資金負担が重い等、医療・介護の経営者の悩みを解決する手段として友好的M&A戦略を是非お奨めします。

  • 地域医療・福祉のさらなる発展のため
  • 地域医療・福祉を支えてきた中小病院・介護施設の後継者問題を解決し、施設を存続させるため

医療・介護にも友好的M&Aによる経営戦略が有効です。

病院医療・介護M&Aサイト

友好的M&Aとは、経営者のご了解のもとに行うM&Aです

譲渡側のメリット

  • 連帯保証からの解放、ハッピーリタイアの実現
  • 地域医療・福祉を担う中小病院・介護施設の存続と発展
  • 従業員の雇用を確保、地域の雇用が守られる
  • 子供の希望を尊重できる

譲受側のメリット

  • 経営効率化の早い実現がM&Aにより可能(時間を買う、参入障壁を乗り越える)
  • 経営ノウハウの共有化、管理部門・システム統合、共同人材育成
  • 共同仕入れ、資金の効率化
  • 医療の質の向上と地域医療の存続と発展

医療法人・介護施設のM&A事例

集中と選択型

後継者問題・先行き不安型

再生型

医療の質の向上と地域医療の存続と発展

医療・介護業界向けM&Aセミナーのご案内

地域、そして患者に選ばれるこれからの医療機関の役割とは

日本M&Aセンターの医療・介護M&Aに対する取り組み

『医療・介護M&A』に特化した専任チーム『医療介護支援部』がサポートします。