M&Aニュース

日本物流未来投資、EMCの全株式を譲受

SBSホールディングス株式会社(2384)と株式会社日本政策投資銀行(東京都千代田区)が共同運営する日本物流未来投資事業有限責任組合(東京都新宿区)は、株式会社EMC(東京都千代田区)との間で株式譲渡契約を締結し、全株式を譲受けた。

日本物流未来投資は、事業継承や人手不足問題に不安を抱えた全国の中堅・中小物流事業者を支援する投資組合。

EMCは、物流設計、システム開発、倉庫手配、人員手配、マテハン導入など物流に関するサービスを展開している。SPL(Service Parts Logistics)と呼ばれる保守用部品に関する倉庫内作業等を請負い、緊急配送に関わるノウハウと物流ネットワークを持つ。

本件M&Aにより、日本物流未来投資は、EMCの更なる事業拡大・競争力の強化を図る。

トラック物流業界のM&A・事業承継の動向はこちら

この記事に関連するタグ

この企業に関連するM&Aニュース

SBSホールディングス、古河電気工業の子会社 古河物流の株式取得、連結子会社化へ

SBSホールディングス株式会社(2384)は、古河電気工業株式会社(5801)の子会社である古河物流株式会社(東京都千代田区)の普通株式の一部を取得し、連結子会社化することを決定した。取得割合は、66.6%となる。SBSホールディングスは、持株会社としてグループ全体の経営戦略の策定・推進、グループ経営の監査、その他経営管理などを行っている。古河電気工業は、インフラ、電装エレクトロニクス、機能製品の

SBSホールディングス、通関業・物流事業を展開するSMC子会社東洋運輸倉庫の全株式取得、連結子会社化へ

SBSホールディングス株式会社(2384)は、SMC株式会社(東京都千代田区)から子会社である東洋運輸倉庫株式会社(東京都港区)の普通株式を取得し、東洋運輸倉庫を連結子会社化することを決定した。取得価額は、7,200百万円。SBSホールディングスは、持株会社としてグループ全体の経営戦略の策定・推進、グループ経営の監査、その他経営管理などを行っている。SMCは、自動制御機器製品の製造加工および販売、

SBSホールディングス(2384)、東芝の子会社東芝ロジスティクスの株式取得、連結子会社化へ

SBSホールディングス株式会社(2384)は、株式会社東芝(6502)から、子会社である東芝ロジスティクス株式会社(神奈川県川崎市)の普通株式の一部を取得し、東芝ロジスティクスを連結子会社化することを決定した。取得価額は、19,980百万円。議決権所有割合は、66.6%となる。SBSホールディングスおよびグループは、物流サービスを展開している。東芝は、エネルギーシステムソリューション、インフラシス

SBSホールディングス(2384)、京葉自動車教習所と姉崎自動車教習所の全株式取得へ

SBSホールディングス(2384)は、株式会社京葉自動車教習所(千葉県市原市)と株式会社姉崎自動車教習所(千葉県市原市)の全株式を取得することを決定した。持株会社であるSBSグループは、1987年の創業以来、物流ならびに物流に付帯するサービスを充実させ、ワンストップの物流サービスを提供している。SBSグループ内には、食品から超重量物までさまざまな商品を扱う企業群、路線、区域、即日配送まで多様な配送

SBSホールディングス(2384)、リコー(7752)の物流子会社リコーロジスティクの株式取得

SBSホールディングス(2384)は、リコー(7752)から、同社子会社であるリコーロジスティクス株式会社(東京都大田区)の普通株式の一部を取得し、連結子会社化することを決定した。取得価額は18,000百万円。議決権所有割合は66.6%となる。あわせて、リコーは共同持株会社(JV)を設立し、保有するリコーロジスティクスの残りの全株式を譲渡する。その後、リコーは、保有するJVの普通株式の33.4%を

SBSホールディングス(2384)、航空フォワーディング事業を営むインド子会社株式を譲渡

SBSホールディングス株式会社(2384)は、100%連結子会社であるSBSTranspoleLogisticsPvt.Ltd.(インド、STPL)に関して、保有する全株式を譲渡することを決定した。STPLは、インドに本社を置き、インド、中国、香港、韓国、シンガポールなどに拠点を展開する航空・海上フォワーダー。SBSホールディングスは対象会社のフォワーディング事業の取り込み及び同社の強力な営業力に

「株式譲渡・子会社・買収」に関連するコラム

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

ENEOS(エネオス)の買収事例にみる石油業界の今後【M&AニュースサテライトVol.1】

M&A全般
ENEOS(エネオス)の買収事例にみる石油業界の今後【M&AニュースサテライトVol.1】

「世の中のM&A事例をわかりやすく解説してほしい」そんな声にお応えする解説動画が、YouTubeの公式チャンネルでスタートしました。解説を行うのは、日本M&Aセンターの中でも長年業界に携わってきた、M&Aマスターの二人です。本記事では動画の内容をご紹介します。動画はこちらから西川:皆様こんにちは!日本M&Aセンター企業戦略部の西川です。どうぞよろしくお願いいたします。臼井:日本M&AセンターTOK

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

株式取得とは何か?M&Aにおけるメリットやデメリット、手続きを解説

M&A全般
株式取得とは何か?M&Aにおけるメリットやデメリット、手続きを解説

株式取得はM&Aにおける買収手法の一つです。代表的な株式取得の手段としては株主からの直接譲受、株式市場における買付やTOB(株式公開買付け)、第三者割当による株式発行などが挙げられます。本記事では株式取得の種類やメリット・デメリット、手続きの流れなどについて解説します。株式取得とは?株式取得とは、M&Aにおける買収手法の一つであり、株式の取得により相手企業の経営権を獲得することを指します。株式取得

プロアスリートの第二のキャリア。元日本代表プロバスケットボール選手の挑戦

広報室だより
プロアスリートの第二のキャリア。元日本代表プロバスケットボール選手の挑戦

神奈川県横浜市内にあるフィットネスクラブ「ブルーゲートヨコハマ」。賃貸管理会社の株式会社ベルニが2020年に事業を譲受けました。今回、異業種の事業に参入した背景には、社長の伊藤俊亮氏の異色の経歴が関係しています。伊藤氏は2020年に父親の経営するベルニに後継者として入社しましたが、それまではプロバスケットボール選手として活躍していたのです。今回、事業承継と同時にM&Aを実行、新たな事業に挑戦する伊

「株式譲渡・子会社・買収」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード