M&Aニュース

綜合警備保障(2331)、らいふホールディングスの全株式取得

綜合警備保障株式会社(2331)は、株式会社らいふ及び株式会社エムビックらいふの持ち株会社である株式会社らいふホールディングスの全株式を取得する契約を締結した。

警備業界のM&A

綜合警備保障は、国や地方公共団体、各種金融機関、一般事業者向けに、多種多様な警備サービスを提供するほか、個人の顧客にもホームセキュリティをはじめ、安全安心と便利を提供する取組みを推進している。事業領域拡大として、個人、特に高齢者に対する安全安心を提供するため、介護及びその関連事業の強化を図っている。

らいふHDは、子会社の管理業務を行っており、らいふ社、エムビックらいふ社を子会社とする持ち株会社。
らいふ社は、平成7年より高齢者支援事業を開始し、介護事業の運営、主に高齢者施設・住宅事業を展開。「ホームステーションらいふ」をブランド名に、首都圏47施設を運営している。
エムビックらいふ社は、食品衛生法などに基づく腸内細菌検査や食品安全検査、食中毒菌の汚染検査などの食品検査事業を行っている。

本件M&Aにより、綜合警備保障は、らいふ社の施設と合わせ6,500室規模の介護施設を有することとなり、介護サービスの質量両面での強化を実現し、介護サービス事業の拡大を図る。また、エムビックらいふ社の各種検査事業のサービスの提供を綜合警備保障の顧客に広げることによって当該事業の成長を促進させ、顧客への満足向上ならびに顧客基盤拡大を図るとともに、グループの企業価値向上を目指す。

・今後のスケジュール
株式譲渡実行日 令和2年4月30日

この記事に関連するタグ

「子会社・株式譲渡」に関連するM&Aニュース

綜合警備保障、福祉用具のレンタル事業を行う日本ケアサプライの株式を三菱商事より取得

綜合警備保障株式会社(2331)は、三菱商事株式会社(8058)との間で、介護・高齢者生活支援事業に関する資本業務提携に合意した。綜合警備保障は、三菱商事の子会社である株式会社日本ケアサプライ(2393、東京都港区)の株式を三菱商事から取得する。取得割合は、議決権比率32.1%。綜合警備保障は、ホームセキュリティ、パーソナルセキュリティ、ライフサポートとして盗聴器探索サービスや介護事業などの事業を

綜合警備保障(2331)、三菱商事(8058)との間で、ファシリティマネジメント事業に関する資本業務提携

綜合警備保障株式会社(2331、ALSOK)は、三菱商事株式会社(8058)との間で、ファシリティマネジメント(FM)事業に関する資本業務提携に合意した。国内では、三菱商事がALSOKの連結子会社でFM事業・警備を担うALSOK双栄株式会社の株式の33.4%を取得し、海外ではシンガポールに2社合弁で三菱商事は70%、ALSOKは30%の所有割合でFM事業会社を設立し、同合弁会社を通じてタイ市場を皮

綜合警備保障(2331)、東武鉄道(9001)グループより警備輸送事業を譲受け

綜合警備保障(2331)は、東武鉄道(9001)の100%子会社である東武デリバリー株式会社(東京都足立区)から、吸収分割により東武デリバリーの警備輸送事業を承継するデリバリーサービス株式会社(東京都足立区)の全株式を譲受けることを決定し、東武デリバリーとの間で株式譲渡に関する契約を締結した。東武デリバリーの警備輸送業務は、山梨県を除く首都圏を営業エリアとし、現金・貴重品、商品券の集配サービス等を

綜合警備保障(2331)、日立製作所(6501)100%子会社の日立セキュリティサービスを子会社化

綜合警備保障(2331)は、日立製作所(6501)との間で同社の100%子会社である株式会社日立セキュリティサービス(東京都千代田区)の株式90%を取得することを決定し、契約を締結した。本件後、日立セキュリティサービスは社名を変更する予定。綜合警備保障は、機械警備・常駐警備・警備輸送等の警備サービスを日本全国各地にて24時間365日体制で提供している。日立セキュリティサービスは、主に日立グループ内

綜合警備保障(2331)、テルウェル東日本の警備事業を会社分割により新設会社へ承継

綜合警備保障(2331)は、NTTグループのテルウェル東日本株式会社(東京都渋谷区)との間で、綜合警備保障が新設する会社ALSOK-TW東日本株式会社(東京都)(予定)にテルウェル東日本の警備事業を会社分割により承継する契約を締結した。新設会社に対する出資比率は、綜合警備保障80%、テルウェル東日本20%となる。綜合警備保障は、本分割の対価として現金および新設会社株式500株をテルウェル東日本に対

綜合警備保障(2331)、インドネシアの警備会社の株式取得

綜合警備保障(2331)は、インドネシアの提携警備会社PT.BarunguAnekaSistemSekuriti(ジャカルタ、BASS社)の株式49%を取得する契約を締結した。本件後、BASS社は「PT.ALSOKBASSIndonesiaSecurityServices(ALSOKBASSインドネシア)」に社名を変更する予定。BASS社は、インドネシアで常駐警備を提供している大手現地警備会社。綜

綜合警備保障(2331)、さいたまの介護事業ウイズネットを子会社化

綜合警備保障株式会社(2331)は、株式会社ウイズネット(さいたま市)を子会社化することを決定した。議決権行使可能株式の69.54%を取得する。綜合警備保障は、多種多様な警備サービスを提供している。現在は高齢者向けサービスに注力しており、買収により介護サービス事業を拡大している。ウイズネットは埼玉県を中心とした首都圏において、グループホームや介護付優良老人ホームをはじめとした施設系介護、デイサービ

綜合警備保障(2331)と総合防災企業、日本ドライケミカル(1909)と資本業務提携

綜合警備保障株式会社(2331)と日本ドライケミカル株式会社(1909)(NDC)とは、資本業務提携契約を締結した。本件の一環として、綜合警備保障は、第三者割当増資の引き受けとNDC株主からの株式取得により、NDC株式を15.32%取得する。また、NDCも綜合警備保障の発行済株式の0.03%を取得する予定。綜合警備保障は、警備業を基点に建物・施設の綜合管理・防災業務等のビルメンテナンス業務、介護事

「子会社・株式譲渡」に関連するコラム

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

プロの活用でM&Aを成功させる!~M&A仲介会社の選び方~

M&A全般
プロの活用でM&Aを成功させる!~M&A仲介会社の選び方~

近年、事業承継の解決や成長戦略の実現のためのM&A活用が増加してきたのはご存じのとおりです。当社は2006年にM&A仲介会社として初めて上場しましたが、上場しているM&A仲介会社は現在では当社含めて3社となっています(2017年3月現在)。各社とも業績を伸ばしており、M&Aの活発さがうかがえます。なぜ専門の仲介会社が必要なのかM&Aは、戦略面に加え、税務、会計、法務、労務、その他のあらゆる視点・角

株式譲渡(M&A)所得vs給与所得

M&A実務
株式譲渡(M&A)所得vs給与所得

株式譲渡であれば所得税の税率は固定!中小企業の社長の皆さまとM&Aのお話をしていると「私はオーナーとして会社から毎年3千万円の役員給与を得ている。もしも会社が2億円で売れたとしても、7年足らずで同じくらいの給与が得られるので会社を売ることにあまりメリットを感じない」とおっしゃる方がかなりいらっしゃいます。掛け算で考えればその通りのようにも思えますが、実際はそれぞれの税金インパクトを考慮する必要があ

「子会社・株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2020年4月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード