M&Aニュース

あいHD(3076)、電子ブレーカー、デマンドコントローラーのレンタル事業の笑子と資本業務提携

あいホールディングス株式会社(3076)は、 株式会社笑子(山形県尾花沢市)と資本業務提携契約を締結した。
議決権所有割合は、29.5%となる。本提携により、笑子はあいホールディングスの持分法適用関連会社となる。

電子部品・電気機械器具製造業界のM&A

あいHDグループは、これまで子会社である株式会社ドッドウエル ビー・エム・エスのセキュリティカメラ事業を中心に、多くのマンション管理組合や、事業所・店舗・工場 等を多数有する法人顧客への販路を開拓している。

笑子は、過電流の遮断をデジタル制御することで電力コストを削減するシステム・ブレーカーと、空調機のデマンド監視・制御をAIが自動で行い、省エネ・電力コストの削減を実現 するデマンドコントローラー「エア・ロボ」の2つの事業を展開している。

本提携により、あいHDは、同HDの法人販路を活用した笑子製品の拡販と生産協力による生産面の強化を図り、シナジー効果創出を目指す。

この記事に関連するタグ

「持分法適用関連会社化・資本業務提携」に関連するM&Aニュース

あいホールディングス(3076)、台湾のペイメントゲートウェイ開発・販売企業Cherri社と資本業務提携

あいホールディングス(3076)は、喬睿科技股份有限公司(台湾・台北市、Cherri社)との間で資本業務提携契約を締結した。議決権所有割合は19.9%となる。あいHDグループは、従来のカード発行機事業に加えて、フィンテック事業を推進している。その一環として現在、台湾で金融機関向けモバイル決済システムの導入に取り組んでいる。Cherri社は、インターネットショッピング等のオンライン決済において、金融

あいHD(3076)、愛知の金属異物検査装置の開発 アドバンスフードテックを子会社化

あいホールディングス(3076)は、連結子会社のグラフテック株式会社の業務提携先であるアドバンスフードテック株式会社(愛知県豊橋市)の株式を取得し、子会社とした。あいHDはアドバンスフードテックの株式86.6%を取得する。アドバンスフードテックは、金属異物が放つ磁力源を高感度磁気センサーで検出する金属異物検査装置の開発・販売を行っていて、蓄電池のフィルムやインスタント食品、冷凍食品のパック商品など

あいHD(3076)、米国のデータストレージソフトウェア会社ProphetStor社と資本業務提携

あいホールディングス(3076)は、米国のソフトウェア会社ProphetStorDataServices,Inc.(カリフォルニア州、ProphetStor社)との間で業務提携契約を締結することを決定した。なお、あいHDは本件にあたって、ProphetStor社の持株会社であるCDSHoldingsLimited(CDS社)へ出資を行うことを決定している。ProphetStor社は、データセンター

「持分法適用関連会社化・資本業務提携」に関連するコラム

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2020年4月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード