コラム

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより

⽬次

[表示]

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。

高集積化セミナーサムネイル

東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケティング1部部長の竹賀勇人が講師として登壇。冒頭、フィルム事業から多角化を進めて高収益を上げている富士フィルムを事例に、カラーフィルムからデジタルカメラ、ヘルスケア分野など主力事業を変えながら成長を続ける企業モデルを示し、「潜在ニーズを徹底的に調べ、自社技術の棚卸を行って事業領域の延長線上に新規事業を拡大してきた」と分析。変革を続ける製造業の好事例として説明しました。

大企業は新しい時代をつくり、中小企業は時代のニーズに応える

竹賀は大企業と中小企業の違いを「大企業は新しい時代のニーズをつくり、時代のニーズに応えることが中小企業」と話します。中小企業は時代のニーズに応えることで付加価値が生み出せると指摘します。セミナーではインタビュー映像として、ものづくり研究の第一人者として知られる早稲田大学ビジネススクールの藤本隆宏教授も登場しました。藤本教授はEV化で揺れる自動車産業について「EV普及で自動車産業崩壊という話に根拠はない」と語り、経営者に「時代の変化を正しく捉え、時代のニーズに適応していかなければいけない」と呼び掛けました。

竹賀が3つのキーワード説明

3つのキーワードは脱依存、一貫生産、人への投資

稼げる中小企業の製造業のキーワードとして、「脱・依存」「一貫生産」「人への投資」を竹賀は挙げます。大手メーカー1社の依存度が過度に高いと安定的に仕事を受注できる一方で、時代のニーズよりも顧客のニーズを優先する立場に置かれ、新しい技術が生まれにくくなると指摘します。単独の大手メーカーに過度に頼ることがない「脱・依存」をキーワードの最初で説明します。また「一貫生産」を進めることで自社が製造できる守備範囲を広げることにつながり、価格交渉や販路拡大にも貢献できると力説します。守備範囲が広がることで価格交渉のプラス材料にも寄与し、受注先が広がる効果も期待できます。3点目は製造業で進む省人化や自動化の動きがあるからこそ、人が生み出す付加価値が求められているとし、人への投資と利益を還元する仕組みが必要と話します。日本の構造的な課題として挙げられる労働生産性の低さは「人への投資」の少なさだと指摘する専門家の意見もあります。給料をコスト意識ではなく、「人への投資」と考えることが今求められています。

説明図

借入からエクイティ(株式)活用の時代へ

では中小企業の経営者はどこから取り組めばいいのでしょうか。竹賀はそこでM&Aの選択肢を提案します。自社のみオーガニック成長だけではなく、外部資源を活用するレバレッジ成長の一つとしてM&Aを挙げます。M&Aを選択することで外部のヒト、モノ、カネ、情報のリソースが活用でき、高収益化に向けた3つのキーワードを実現しやすくなります。竹賀は「デット(借入)からエクイティ(株式)の時代になっている」と説明します。後継者問題の解消と成長戦略を実現できるM&Aを実行した譲渡企業、譲受企業の事例を紹介して株式譲渡を基本とするM&Aの可能性について伝えました。

日本M&Aセンター開催のセミナー情報

著者

M&A マガジン編集部

M&A マガジン編集部

日本M&Aセンター

M&Aマガジンは「M&A・事業承継に関する情報を、正しく・わかりやすく発信するメディア」です。中堅・中小企業経営者の課題に寄り添い、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・資本業務提携・業務提携」に関連するコラム

「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

経営・ビジネス
「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

現在、ビジネスでは当たり前のように使われる「アライアンス」という言葉ですが、詳しく説明できる方は少ないのではないでしょうか。本記事ではアライアンスに焦点を当てて、詳しくご説明します。アライアンスの意味と概要アライアンス(alliance)は日本語にすると、「同盟・連合・提携・縁組」と訳されます。ビジネスの場面では、一般的に「業務提携」「戦略的同盟」といった意味で用いられます。より具体的にいうと、業

迫りくる2025年問題とは?M&A増加の背景をわかりやすく解説!

事業承継
迫りくる2025年問題とは?M&A増加の背景をわかりやすく解説!

日本M&AセンターでM&Aを実行されたお客様の多くは「M&Aっていいものだね!」とおっしゃられます。その思いや実例をより広くお届けするために今春からYouTubeチャンネルではじまった「いいM&Aチャンネル」。本記事では動画の概要をご紹介します。※動画本編はこちらから2021年のM&A件数は過去最多に岡本:早速ですけど、M&Aは年間どのくらい行われているかご存じですか?縄田:いやいや、この業界長い

日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

M&A全般
日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は前回に引き続き日立製作所による日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)日立製作所と日立物流が正式発表へ西川:前回(日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは)につづき日立物流パート2

西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

M&A全般
西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は西武ホールディングスによる西武建設の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)※撮影は2022年1月下旬に行われました。西武ホールディングス、西武建設売却へ西川:今年に入って1月はコロナ禍にも関わら

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

「株式譲渡・資本業務提携・業務提携」に関連する学ぶコンテンツ

「株式譲渡・資本業務提携・業務提携」に関連するM&Aニュース

SBIホールディングス、リミックスポイントと資本業務提携契約を締結

SBIホールディングス株式会社(8473)は、株式会社リミックスポイント(東京都港区)と資本業務提携契約を締結した。【資本提携の内容】1.SBIホールディングスが、リミックスポイントの発行済株式総数の5.0%相当の普通株式を市場内取引で取得する2.SBIホールディングスの連結子会社であるSBIファイナンシャルサービシーズ株式会社が、リミックスポイント連結子会社である株式会社ビットポイントHDから、

東京センチュリー、ふくおかフィナンシャルグループと資本業務提携締結

東京センチュリー株式会社(8439)は、株式会社ふくおかフィナンシャルグループ(8354、FFG)と、資本業務提携を締結した。東京センチュリーは、FFG傘下の十八総合リース株式会社(長崎県長崎市)の株式の一部取得(持分法適用関連会社化)、および十八総合リースと業務提携を行う。取得割合は、25%。十八総合リースは、FFGの戦略子会社としてさらなるリース事業拡大に向けて、商号をFFGリース株式会社とし

J-CEP、JAGフィールドと資本業務提携

株式会社アーキ・ジャパン(東京都新宿区)ならびに株式会社アクト・ジャパン(東京都新宿区)を傘下に置くJ-CEP株式会社は、JAGフィールド株式会社(愛知県名古屋市)の株式を取得した。アーキ・ジャパンは、建設エンジニアアウトソーシング事業、転職支援事業、建設事業を行っている。アクト・ジャパンは、建設教育研修事業、採用コンサルティング事業を行っている。建設業界に特化した研修機関を運営している。JAGフ

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース