コラム

「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

経営・ビジネス

⽬次

[表示]

アライアンスイメージ
現在、ビジネスでは当たり前のように使われる「アライアンス」という言葉ですが、詳しく説明できる方は少ないのではないでしょうか。本記事ではアライアンスに焦点を当てて、詳しくご説明します。

アライアンスの意味と概要

アライアンス(alliance)は日本語にすると、「同盟・連合・提携・縁組」と訳されます。ビジネスの場面では、一般的に「業務提携」「戦略的同盟」といった意味で用いられます。より具体的にいうと、業務提携をする経営スタイルのことを指します。
業務提携とは、企業が共同で事業を行うことです。業務提携をした企業同士が資金や技術、人材などの経営資源を提供しあってシナジー効果を得ることにより、競争力を確保できます。業務提携を行う目的はさまざまですが、新規事業への進出や販売力・技術力の強化などが主な目的です。

業務提携や協力という意味で、以下のような用いられます。

  • 「海外企業とのアライアンスに積極的な企業が増えた」
  • 「技術を向上させるためA社とアライアンスを組む」
  • 「アライアンス企業を募る」
  • 「事前に企業文化を共有していなかったためアライアンスがうまくいかなかった」

アライアンスは以下の言葉と言い換えることもあります。
「同盟」「提携」「連合」「協力」「協定」「協業」「縁組」

アライアンスの種類

前述の通り、ビジネス用語として「業務提携」という意味で使われることが多いアライアンスですが、そのほかにも種類がありますので、ぜひ参考にしてください。

業務提携

業務提携とは、複数の企業が技術・人材などの経営資源を出しあって、協力体制を築くことです。業務提携をすることで複数の企業が技術やノウハウを共有し、さらに高めることによって競争力が向上します。業務提携は、お互いの発展のために行う施策です。

資本提携

資本提携とは、複数の会社が業務面や資金面で協力する体制を作るための提携です。具体的には、それぞれの企業がお互いの株式を持ち合う、あるいは一方の会社が提携先の株式を取得することで提携関係を構築します。
株式を取得することによって技術面だけでなく資金面でも協力するので、より密接な提携になります。ただし資本提携はM&Aではありません。経営への影響を最小限にするために、株式持分の比率を1/3未満にするのが一般的です。

技術提携

技術提携は業務提携の一種であり、技術分野に特化した提携のことです。 具体的には、特許やノウハウのライセンス契約、新技術・新製品の共同研究開発契約などがあります。

産学連携

産学連携とは、新事業や研究開発を共同して行うことを目的として、大学などの教育機関や研究機関と民間企業が連携することです。産学連携の代表的な成果としては、青色発光ダイオードなどが有名です。

オープンイノベーション

オープンイノベーションとは、自社以外の他社の研究機関などから技術のノウハウを取り入れる、経営戦略の一つです。自社だけでなく他社から新しい意見や知恵を活用していくことで、イノベーションの創出につなげられる可能性があります。
最近ではトヨタ自動車やソフトバンクグループなど、日本を代表する企業もオープンイノベーションに力を入れており、今後もさらなる広がりが期待できるでしょう。

アライアンスとM&Aの違い

まず、それぞれの言葉が指す意味を見てみましょう。

  • アライアンス:業務提携・資本提携・技術提携など
  • M&A:買収・分割・合併など

アライアンスを「業務提携」という面で見ていくと前述の通り、企業同士が、新規事業への進出や販売力・技術力強化など互いの目的の達成のために、資金や技術、人材などの経営資源を提供し合い協力することです。
一方、M&Aは、代表的な手法である株式譲渡により譲渡企業(売り手)が保有している株式を譲受企業(買い手)譲渡し会社の経営権を譲受側に譲り渡します。

アライアンスとM&Aの決定的な違いは経営権の移転の有無、つまり企業の独立性を保てるかどうかという点に違いがあります。解消という点ではM&Aに比べてアライアンスは比較的しやすいと言えますが、ノウハウや技術が流出する可能性がある点は注意が必要です。

アライアンスを用いたビジネス用語

「アライアンス」を用いたビジネス用語についてよく用いられる3つをご紹介します。

使用例①:アライアンス契約

アライアンス契約とは、複数の異なる企業が技術や人材、資本などの経営資源を出しあい、事業のさらなる成長や競争力を確保するために交わす契約のことです。アライアンス契約を結ぶことによって、技術やノウハウの共有ができ、さらなる発展を目指せます。その結果、競争力を上げることにも役に立つでしょう。また、新規事業の立ち上げを協力して行えるようになり、アライアンス契約を結んだ企業はともに成長できます。

アライアンス契約は自由度が高く、比較的簡単に解消することが可能です。ただし、せっかくアライアンス契約を結ぶのであれば、うまく機能することに越したことはありません。アライアンス契約を結ぶ際は、事前に契約内容について細かく定めてから行うようにしましょう。

使用例②:アライアンス事業

アライアンス事業とは、アライアンス契約を結んだほかの会社と共同で行う事業のことです。アライアンス事業は、既存の事業をさらに発展させる目的があります。また、ほかの会社とともに新規事業に取り組む場合もあります。

使用例③:アライアンスパートナー

アライアンスパートナーとは、アライアンス契約を結んだ企業のことです。アライアンスパートナーと組み、技術の共有や人材の交流を行うことにより、さらなる自社の成長が期待できます。
アライアンスパートナーから新しい技術の習得も期待できるうえに、人材の交流によって新たな刺激を受け、社員のモチベーションを上げられるしょう。自社の発展には最適なアライアンスパートナーの選定が肝要となります。

終わりに

今回は、アライアンスについて詳しくご説明しました。ご紹介の通り、ビジネスの場面では主に業務提携や戦略的同盟という意味で用いられます。よく似た意味として捉えられるM&Aですが、企業の独立性という面では大きく異なります。混同されやすいので、違いについてしっかり理解しておきましょう。今やアライアンスはビジネスだけでなく、日常生活でも普通に使われる場面があるので、用語の理解を深めるために、ぜひ本記事を参考になさってください。

この記事に関連するタグ

「M&A」に関連するコラム

M&A仲介に表明保証保険を自動付帯する日本初の取り組み 東京海上日動火災保険と業務提携

広報室だより
M&A仲介に表明保証保険を自動付帯する日本初の取り組み 東京海上日動火災保険と業務提携

「審査・保険料負担なし」の日本初の自動付帯型M&A仲介保険が誕生しました。日本M&Aセンターは損保最大手の東京海上日動火災保険(以下、東京海上日動)と2021年10月29日に業務提携を結び、中堅・中小企業の経営者が安心してM&Aをご検討いただける保険サービスの提供を始めます。日本M&Aセンターが仲介する全てのM&A案件に適用され、当社負担で東京海上日動に保険料を支払うため、譲渡・譲受企業は審査不要

ガバナンスとは?目的・メリットや注意点、強化する方法を解説

経営・ビジネス
ガバナンスとは?目的・メリットや注意点、強化する方法を解説

近年、ガバナンスについて議論されることが多くなっています。とくに、企業統治という意味のコーポレートガバナンスには、非常に大きな注目が集まっています。しかし、コーポレートガバナンスという言葉を聞くことは多いものの、しっかりと理解している方は意外と少ないのではないでしょうか。本記事ではガバナンスの中でも特に「コーポレートガバナンス」について詳しくご紹介していきます。ガバナンスとはガバナンスは「統治」、

買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

M&A全般
買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&A用語としての「買収」に限定すると、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買

M&A仲介サービスの品質向上のためにM&A仲介協会が設立

広報室だより
M&A仲介サービスの品質向上のためにM&A仲介協会が設立

M&A業界の健全な発展と日本経済に貢献するため、一般社団法人「M&A仲介協会」が2021年10月1日に設立されました。日本M&Aセンター、ストライク、M&Aキャピタルパートナーズ、オンデック、名南M&Aの5社代表者の理事で構成。中小M&Aガイドラインをはじめとした法令・制度の啓発と遵守を呼び掛け、人材育成のための教育と研修機会を提供するほか、事業承継とM&Aに関する相談窓口の運営も担います。公正で

世界一のM&A総合企業を目指してHD化

広報室だより
世界一のM&A総合企業を目指してHD化

日本M&Aセンターは2021年10月1日に純粋持株会社体制に移行し、日本M&Aセンターホールディングスに商号変更いたしました。1991年の創業からM&A仲介事業を中心に、企業評価・財産承継・PMI・オンライン事業承継マッチングサービス・PEファンドなどそれぞれの領域に特化した関連会社を設立して、グループ企業として事業領域を拡大してまいりました。この度、創業30周年を迎えた2021年度を第2創業元年

解説コラム「事業承継・引継ぎ補助金」

広報室だより
解説コラム「事業承継・引継ぎ補助金」

令和3年度当初予算「事業承継・引継ぎ補助金」の公募が9月30日から開始となりました。本補助金は、事業承継やM&Aを契機とした経営革新等への挑戦や、M&Aによる経営資源の引継ぎを行おうとする中小企業者等を支援するものです。事業承継とは本補助金の制度運用を担う中小企業庁財務課の高橋正樹課長補佐に解説していただきました。※本記事は6月30日に公開した内容に最新情報を加筆しております。事業承継の動向我が国

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース