M&Aニュース

あいHD、伊Matica Fintecと資本業務提携締結および連結子会社の株式売却

あいホールディングス株式会社(3076)は、Matica Fintec S.p.A.(イタリア)と資本業務提携を締結することを決定した。
本資本業務提携により、あいHDはMatica Fintec 社の株式 5%を取得する。
併せて、あいHDの連結子会社NBS Technologies Inc.傘下で米国孫会社の Card Technology Corporation及び英国孫会社のNBS Technologies Limitedの株式をMatica Fintec グループが取得する。

【業務提携の内容】
①NBSおよびMatica Fintecの製品開発の共同化、顧客ネットワークの相互活用により、金融機関向けカード発行機事業の拡大を進める
②NBSが保有するモバイル決済ソフトウェアを含むソフトウェア技術において連携し、Matica Fintecのプロダクトラインナップ拡充を図る
③あいHD連結子会社である株式会社ドッドウエル ビー・エム・エスを始めとするグループ会社にて、Matica Fintec製品の日本国内への販売を行う

あいHDは、セキュリティ機器・カード機器およびその他事務用機器・情報機器・計測機器の開発・販売、設計事業、脱炭素システム事業、IoT推進事業を行っている。

Matica Fintecは、金融機関・政府機関向けカード発行機等の技術ソリューションの設計、開発、販売を行っている。

本件により、あいHDは、多様化するカード発行および電子決済市場の課題やニーズへの対応力および製品競争力の強化を図る。

・今後の予定
株式取得日2022年6月
事業開始日2022年6月

電子部品・電気機械器具製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

あい ホールディングスに関連するM&Aニュース

あいHD、ペイメントゲートウェイサービス「Tap Pay」のCherri社の株式を売却へ

あいホールディングス株式会社(3076)は、喬睿科技股份有限公司(台湾臺北市、英文商号:CherriTech,Inc.、以下:Cherri社)の株式を、廿一世紀數位科技股份有限公司(台湾臺北市、英文商号:21stFinancialsTechnologyCo.,Ltd、以下:21stFinancials社)に売却することを決定した。Cherri社は、21stFinancials社の傘下に入り、完全子

あいHD、ナカヨより株式取得、買い集め行為に該当

あいホールディングス株式会社(3076)は、株式会社ナカヨ(6715)の株式を取得することを決定した。議決権総数割合は、8.488%。本買付けは、株式会社ミライト(東京都江東区)および株式会社ミライト・テクノロジーズ(大阪府大阪市)が保有するナカヨの株式を、立会外取引にてあいHDが買い取る方式で行われる。

あいホールディングス、データサイエンス企業のマギーと資本業務提携へ

あいホールディングス株式会社(3076、あいHD)は、マギー株式会社(沖縄県豊見城市、マギー社)と資本業務提携契約を締結することを決定した。あいHDは、マギー社の新規発行株式350,000株(増資後の発行済総数に対する割合4.7%)を取得し、マギー社の株式550,000株(増資後の発行済総数に対する割合7.5%)を保有する。取得価額は、280,000,000円。あいHDおよびグループは、主力である

あいHD(3076)、電子ブレーカー、デマンドコントローラーのレンタル事業の笑子と資本業務提携

あいホールディングス株式会社(3076)は、株式会社笑子(山形県尾花沢市)と資本業務提携契約を締結した。議決権所有割合は、29.5%となる。本提携により、笑子はあいホールディングスの持分法適用関連会社となる。あいHDグループは、これまで子会社である株式会社ドッドウエルビー・エム・エスのセキュリティカメラ事業を中心に、多くのマンション管理組合や、事業所・店舗・工場等を多数有する法人顧客への販路を開拓

あいホールディングス(3076)、台湾のペイメントゲートウェイ開発・販売企業Cherri社と資本業務提携

あいホールディングス(3076)は、喬睿科技股份有限公司(台湾・台北市、Cherri社)との間で資本業務提携契約を締結した。議決権所有割合は19.9%となる。あいHDグループは、従来のカード発行機事業に加えて、フィンテック事業を推進している。その一環として現在、台湾で金融機関向けモバイル決済システムの導入に取り組んでいる。Cherri社は、インターネットショッピング等のオンライン決済において、金融

この記事に関連するタグ

「資本業務提携・株式譲渡・資本提携」に関連するコラム

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

経営・ビジネス
「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

現在、ビジネスでは当たり前のように使われる「アライアンス」という言葉ですが、詳しく説明できる方は少ないのではないでしょうか。本記事ではアライアンスに焦点を当てて、詳しくご説明します。アライアンスの意味と概要アライアンス(alliance)は日本語にすると、「同盟・連合・提携・縁組」と訳されます。ビジネスの場面では、一般的に「業務提携」「戦略的同盟」といった意味で用いられます。より具体的にいうと、業

2025年問題とは?待ったなしの事業承継問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

事業承継
2025年問題とは?待ったなしの事業承継問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

日本M&AセンターでM&Aを実行されたお客様の多くは「M&Aっていいものだね!」とおっしゃられます。その思いや実例をより広くお届けするために今春からYouTubeチャンネルではじまった「いいM&Aチャンネル」。本記事では動画の概要をご紹介します。※動画本編はこちらから2021年のM&A件数は過去最多に岡本:早速ですけど、M&Aは年間どのくらい行われているかご存じですか?縄田:いやいや、この業界長い

日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

M&A全般
日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は前回に引き続き日立製作所による日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)日立製作所と日立物流が正式発表へ西川:前回(日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは)につづき日立物流パート2

西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

M&A全般
西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は西武ホールディングスによる西武建設の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)※撮影は2022年1月下旬に行われました。西武ホールディングス、西武建設売却へ西川:今年に入って1月はコロナ禍にも関わら

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

「資本業務提携・株式譲渡・資本提携」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード