M&Aニュース

綜合警備保障(2331)、三菱商事(8058)との間で、ファシリティマネジメント事業に関する資本業務提携

綜合警備保障株式会社(2331、ALSOK)は、三菱商事株式会社(8058)との間で、ファシリティマネジメント(FM)事業に関する資本業務提携に合意した。
国内では、三菱商事がALSOKの連結子会社でFM事業・警備を担うALSOK双栄株式会社の株式の33.4%を取得し、海外ではシンガポールに2社合弁で三菱商事は70%、ALSOKは30%の所有割合でFM事業会社を設立し、同合弁会社を通じてタイ市場を皮切りに東南アジア市場への進出を図る。

ALSOKは、日本全国2,400か所の拠点をベースに、24時間365日、現場に駆けつける業界トップクラスのネットワークを有し、機械警備、常駐警備、警備輸送、設備・防災監視等の幅広い警備サービスを展開している。

三菱商事は、天然ガス、総合素材、石油・科学、金属資源、産業インフラ、自動車・モビリティ、食品産業、コンシューマー産業、電力ソリューション、複合都市開発の10グループ体制で幅広い産業を事業領域として多角的なビジネスを展開している。

本提携により、ALSOKは、三菱商事の総合力や海外ネットワークと、ALSOKの最新技術を活用したFMのオペレーション力や警備ノウハウを融合させ、国内や東南アジアにおいて、省エネや省人化等、ビル・施設のスマート化に加え、セキュリティ・BCPを含む安全安心を提供するサービスを総合的に展開していく。

●今後のスケジュール
事業開始日 2020年4月1日

警備業界のM&A・事業承継の動向はこちら

綜合警備保障・三菱商事に関連するM&Aニュース

綜合警備保障、かんでんジョイライフ及びかんでんライフサポートの株式取得、子会社化へ

綜合警備保障株式会社(2331、ALSOK)は、株式会社かんでんジョイライフ(大阪市北区)およびかんでんライフサポート株式会社(大阪府枚方市)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。綜合警備保障は、セキュリティサービス会社。国や地方公共団体、各種金融機関、一般事業者また個人に、多種多様な警備サービスを提供している。また、介護事業にも参入し高齢者生活支援サービスなども行っている。かんでんジョイ

三菱商事、連結子会社の三菱商事・ユービーエス・リアルティの全株式をKKRグループに譲渡へ

三菱商事株式会社(8058)は、連結子会社である三菱商事・ユービーエス・リアルティ株式会社(東京都千代田区、MC-UBSR)の全株式を、KKR&CO.INC.(KKR)の間接子会社である76株式会社(東京都千代田区、76社)に譲渡することを決定した。なお、76社はUBSAssetManagementAGが所有するMC-UBSRの全株式(発行済株式数の49%)の譲受も決定しており、一連の株式譲渡によ

三菱商事、豪州で原生林再生プロジェクトを行っているAustralian Integrated Carbon社の株式取得

三菱商事株式会社(8058)は、AustralianIntegratedCarbon社(オーストラリア、エーアイカーボン社)の株式40%を取得した。三菱商事は、天然ガスグループ、総合素材グループ、石油・化学グループ、金属資源グループ、産業インフラグループ、自動車・モビリティグループ、食品産業グループ、コンシューマー産業グループ、電力ソリューショングループ、複合都市開発グループなどを行っている。エー

三菱商事、ビルや施設の中央監視システムの開発及び販売等を展開するネットワーク・コーポレーションと資本業務提携

三菱商事株式会社(8058)は、株式会社ネットワーク・コーポレーション(神奈川県横浜市、NWC)の第三者割当増資を引き受けNWC株式を取得し、資本業務提携に合意した。取得割合は、19%。三菱商事は、天然ガスグループ、総合素材グループ、石油・化学グループ、金属資源グループ、産業インフラグループ、自動車・モビリティグループ、食品産業グループ、コンシューマー産業グループ、電力ソリューショングループ、複合

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・資本業務提携」に関連するコラム

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

2025年問題とは?迫りくる諸問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

事業承継
2025年問題とは?迫りくる諸問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

日本M&AセンターでM&Aを実行されたお客様の多くは「M&Aっていいものだね!」とおっしゃられます。その思いや実例をより広くお届けするために今春からYouTubeチャンネルではじまった「いいM&Aチャンネル」。本記事では動画の概要をご紹介します。※動画本編はこちらから2021年のM&A件数は過去最多に岡本:早速ですけど、M&Aは年間どのくらい行われているかご存じですか?縄田:いやいや、この業界長い

日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

M&A全般
日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は前回に引き続き日立製作所による日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)日立製作所と日立物流が正式発表へ西川:前回(日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは)につづき日立物流パート2

西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

M&A全般
西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は西武ホールディングスによる西武建設の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)※撮影は2022年1月下旬に行われました。西武ホールディングス、西武建設売却へ西川:今年に入って1月はコロナ禍にも関わら

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

「株式譲渡・資本業務提携」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2020年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード