コラム

クロスボーダーM&Aのバリュエーション実務必須の基礎知識

北川 雅朗

プロフィール

北川雅朗

コーポレートアドバイザー2部 シニアチーフ

海外M&A
更新日:

⽬次

[表示]

近年、特にクロスボーダーM&Aの際の、バリュエーションの知見に関するニーズが高まってきているように感じます。

本コラムでは、DCF法※1を用いて新興国の海外企業の株価評価することを前提にWACC※2を作成する際、必須の知識となる、
①国際株主資本コスト
②国際負債コスト
③WACCの変換(米国通貨建→対象国通貨建)
に関する実務ナレッジを解説します。

※1 DCFは、英語のDiscounted Cash Flowの略で、日本語では「割引現在価値法」と訳される。
※2 WACCは英語のWeighted Average Cost of Capitalの略で、日本語では「加重平均資本コスト」と訳される。

①国際株主資本コスト ~基準国(米国)通貨建 ~

新興国には株式市場の長期にわたる時系列データがなく、マーケット・リスクプレミアムが算定できないため、In-In(国内企業同士のM&A)の際に用いられているように、ローカル市場のデータに基づいて株主資本コストを算定することができません。
したがって、新興国企業の株主資本コストは、資本市場がグローバルで統合されていると仮定して算出した株主資本コストに一定の修正を加えるアプローチを取ることが一般的です。

資本市場がグローバルで統合されていると仮定して算出した株主資本コストは、現実にデータが存在しないため、米国のローカルのデータに基づき算定した株主資本コストを、市場がグローバルで統合されていると仮定した株主資本コストである、と見做すことが一般的です。
したがって、新興国の株主資本コストを求める場合は、基準となる国(米国)の株主資本コストに、カントリーリスクプレミアム(CRP)を加えて求める形になります。

(新興国の株主資本コスト)=(米国の株主資本コスト)+(カントリーリスクプレミアム)

株主資本コストに、カントリーリスクプレミアム(CRP)を加える方法には、複数のモデルが存在しますが、本記事では、「Damodaranモデル」を紹介します。

Damodaranモデル

Damodaranモデルは、基準国(米国)と対象国自体の信用力の違いから生じるデフォルト・スプレッド(国債利回りの差)から、債券市場のボラティリティと株式市場のボラティリティの比率を用いて、米国と対象国の株主資本コストの差を求める方法です。

(新興国の株主資本コスト)=(米国の株主資本コスト)+(新興国のデフォルト・スプレッド)×(新興国の株式市場のボラティリティ)÷(新興国の社債市場のボラティリティ)

カントリーリスクを反映させるモデルには、上記以外にも「相対リスク比率モデル」や「カントリーリスクレーティングモデル」などの様々な方法があり、企業特性やマーケットの状況などを踏まえ、適切な方法で評価を行っていくことが重要です。

②国際負債資本コスト ~基準国(米国)通貨建~

負債コストに関しても基準国(米国)の負債コストに調整を加える形が一般的です。対象国と基準国(米国)で同格付けの長期負債コストの差額が計算できれば望ましいですが、新興国においては、債券市場に一定の制約がある等の事情により、同格付け負債コストに関する情報の入手が困難な場合が想定されます。
そのため、実務上は、簡便的な方法としてBBB格付けの負債コストに、基準国(米国)と対象国の国債スプレッドを加え、対象国の税率を適用し、税引後負債コストを計算することがあります。

③WACCの通貨変換(米国通貨建→対象国通貨建)

WACCは、基準国(米国)通貨建となるため、外国通貨建てのキャッシュフローを割引く場合には、対象国通貨建てのWACCへ変換する必要があります。
変換に際しては、金利平価理論(金利差は、為替の先物レートと直物レートの差に等しくなる)、為替レートの期待理論(先物レートと現時点の直物レートの差は、予想される直物レートの期待変化率に等しくなる)、購買力平価説(期待インフレ率の差は、予測される為替レートの期待変化率に等しくなる)、に基づき、以下の関係性が成り立つことを前提に、両国のインフレ率またはリスクフリー・レートを用いて調整を行います。

WACCの通貨変換
※1 金利平価理論・為替レートの期待理論=予想される直物レートの変化率は、両国の金利差に等しくなる
※2 購買力平価理論=期待インフレ率の差は、為替レートの期待変化率に等しくなる
domestic:自国または自国通貨建 foreign:外国または外国通貨建
i:インフレ率 Rf:リスクフリー・レート

日本M&Aセンターの海外・クロスボーダーM&A支援

日本M&Aセンターでは、中立な立場で、譲渡企業と譲受企業双方のメリットを考慮にいれたM&Aの仲介を行っております。また、日本企業による海外企業の買収(In-Out)、海外企業による日本企業の買収(Out-In)、海外企業同士の買収(Out-Out)も数多く手掛けてまいりました。
海外進出や事業継承に関するお悩みはいつでもお問い合わせください。

「海外・クロスボーダーM&A」って、ハードルが高いと感じていませんか?  日本M&Aセンターは、海外進出・撤退・移転などをご検討の企業さまを、海外クロスボーダーM&Aでご支援しています。ご相談は無料です。

『海外・クロスボーダーM&A DATA BOOK 2023-2024』を無料でご覧いただけます

データブック表紙

中堅企業の存在感が高まるASEAN地域とのクロスボーダーM&Aの動向、主要国別のポイントなどを、事例を交えて分かりやすく解説しています。
日本M&Aセンターが独自に行ったアンケート調査から、海外展開に取り組む企業の課題に迫るほか、実際の成約データを元にしたクロスボーダーM&A活用のメリットや留意点もまとめています。

【本記事は、2023年4月に公開したものを再構成しています。】

プロフィール

北川 雅朗

北川きたがわ 雅朗まさお

コーポレートアドバイザー2部 シニアチーフ

大手監査法人にて監査業務に4年間従事後、大手人材サービス企業にて、経理業務を中心とした本社機能関連業務に5年間従事。専門家としての業務経験に加え、実務家として幅広い経験(単体決算、連結決算、グループの上場準備、IFRS導入、新規M&A対応、CFOへの決算報告等)を有する。2018年に日本M&Aセンターに入以降、海外案件、上場子会社切り離し案件、大型案件を中心とした、M&Aのエグゼキューションの支援業務に従事。公認会計士。

この記事に関連するタグ

「海外M&A・M&A実務・企業評価・クロスボーダーM&A」に関連するコラム

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

本記事では、クロスボーダーM&Aのスキームとして一般的な株式譲渡の場合に締結される株式譲渡契約書(英語ではSPA、SharePurchaseAgreementやStockPurchaseAgreementと表記されます。)について解説します。株式譲渡契約書(SPA)の一般的な内容一般的な株式譲渡契約書は概ね以下のような項目で構成されていることが多いです。売買の基本事項クロージング及びクロージング条

クロスボーダーM&Aにおける「意向表明書」の基本~法務向け~

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける「意向表明書」の基本~法務向け~

本記事では、クロスボーダーM&Aで取り交わされる「意向表明書」について法務の視点から詳しく解説します。クロスボーダーM&Aにおける意向表明書の位置づけある会社が、M&Aの対象として検討している会社(ここでは非上場外国法人の株式譲渡スキームを想定しています。以下「対象会社」)の株主(以下「Seller」)と初期的なミーティングを終え、Sellerから開示された対象会社の基礎的な情報を検討し、M&Aの

クロスボーダーM&Aにおける法務デューデリジェンスの基本

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける法務デューデリジェンスの基本

今回は、クロスボーダーM&Aで海外企業を買収する再に必要となる法務デューデリジェンスの基本的な概要について解説します。【本記事は2022年3月に公開したものを再構成しています。】そもそもデューデリジェンスって何?デューデリジェンス(DueDiligence)とは、買収監査といわれることも多いですが、株式譲渡などM&Aの実施にあたり、M&Aを検討している当事者がその意思決定に影響を及ぼすような問題点

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

この記事では、クロスボーダーM&Aの手法として用いられることの多い株式譲渡について、基本的な事項をご紹介させていただきます。クロスボーダーM&Aとは日本企業が外国企業を譲り受けるIn-OutM&Aと外国企業が日本企業を譲り受けるOut-InM&Aを、国境をこえて行われるM&Aということで、クロスボーダーM&Aと呼びます。海外M&Aという呼ばれ方をする場合もあります。@sitelink株式譲渡とは株

海外M&Aの3つの難関!? 地政学リスク、カントリーリスク、外資規制に留意しましょう!

海外M&A
海外M&Aの3つの難関!? 地政学リスク、カントリーリスク、外資規制に留意しましょう!

国際社会そして世界経済が揺れている昨今、海外・クロスボーダーM&A案件を進める際にも、地政学リスクやカントリーリスクというものを意識する必要があります。また、外資規制についてもしっかり確認しながら進めていかないと、場合によってはディールブレイカー(破談の原因)となり得る場合があります。このコラムでは、私が過去に担当した、タイの日系製造業の案件での体験をもとに、クロスボーダーM&Aにおける「カントリ

ベトナムM&A成約事例:日本の「ホワイトナイト」とベトナム企業

海外M&A
ベトナムM&A成約事例:日本の「ホワイトナイト」とベトナム企業

今回ご紹介するプロジェクトTの調印式の様子(左から、ダイナパック株式会社代表取締役社長齊藤光次氏、VIETNAMTKTPLASTICPACKAGINGJOINTSTOCKCOMPANYCEOTranMinhVu氏)私はベトナムの優良企業が日本の戦略的パートナーとのM&Aを通じて持続的に発展することを支援するために2022年にNihonM&ACenterVietnamへ入社しました。当社へ入社する前

「海外M&A・M&A実務・企業評価・クロスボーダーM&A」に関連する学ぶコンテンツ

地域別にみる中小企業のM&A動向

地域別にみる中小企業のM&A動向

国内の421万企業のうち99.7%を占める中小企業。地域資源の活用、歴史的背景、立地特性など地域ごとにその特徴も様々です。本記事では、地域別に中小企業のM&A動向について迫ります。全国でM&A件数の圧倒的No.1は?中小企業M&Aの件数は経済活動の規模に比例します。下記の図1は当社におけるM&Aの実績と、「県別の経済活動の規模」を比較したものです。東京を例にとると、グラフ左端が東京の企業が譲渡もし

M&Aの企業価値評価(バリュエーション)とは?種類・メリット・デメリットを分かりやすく解説

M&Aの企業価値評価(バリュエーション)とは?種類・メリット・デメリットを分かりやすく解説

M&Aの企業価値評価(バリュエーション)とは?M&Aにおける『企業価値評価』とは、文字通り企業全体の価値を評価することを意味します。企業全体の価値とは、企業が保有する資産の価値のみならず、企業が今後創出するであろう収益力及びその源泉となる無形資産をも含めた価値となります。これを言い換えると、『事業価値』(企業の事業から創出される経済的価値)に非事業用資産(事業を営むうえで必要不可欠でない余剰資産な

M&Aにおける登場人物とその役割

M&Aにおける登場人物とその役割

M&Aの実行には高度な論点が複雑に絡み合い、高い専門性や知識が必要とされるため当事者以外に多くの関係者が登場します。本記事ではM&Aの関係者・専門家について解説していきます。分類登場人物概要・主な役割M&Aの当事者M&Aの取引対象M&Aで取引されるもの(会社・事業など)譲渡希望企業(M&Aの売り手)「M&Aの取引対象」の保有者(株主・会社)譲受け希望企業(M

M&Aの相談先。頼れる専門家について

M&Aの相談先。頼れる専門家について

自社の今後を見据え、M&Aという選択肢が浮かんだ時、あなたらどうするでしょうか。まず誰か詳しい人に話を聞いてみよう、相談しようと考える人が多いのではないでしょうか。M&Aの実行には高度な論点が複雑に絡み合い、高い専門性や知識が必要とされるため、当事者以外に専門家をはじめ様々な関係者が関係してきます。本記事では具体的に誰に、M&Aの相談をするのがふさわしいのか解説していきます。M&A分野の専門家まず

「海外M&A・M&A実務・企業評価・クロスボーダーM&A」に関連するM&Aニュース

ルノー、電気自動車(EV)のバッテリーの設計と製造において2社と提携

RenaultGroup(フランス、ルノー)は、電気自動車のバッテリーの設計と製造において、フランスのVerkor(フランス、ヴェルコール)とEnvisionAESC(神奈川県座間市、エンビジョンAESCグループ)の2社と提携を行うことを発表した。ルノーは、125の国々で、乗用、商用モデルや様々な仕様の自動車モデルを展開している。ヴェルコールは、上昇するEVと定置型電力貯蔵の需要に対応するため、南

マーチャント・バンカーズ、大手暗号資産交換所運営会社IDCM社と資本業務提携へ

マーチャント・バンカーズ株式会社(3121)は、IDCMGlobalLimited(セーシェル共和国・マエー島、IDCM)と資本提携、および全世界での暗号資産関連業務での業務提携に関するMOUを締結することを決定した。マーチャント・バンカーズは、国内および海外の企業・不動産への投資業務およびM&Aのアドバイス、不動産の売買・仲介・賃貸および管理業務、宿泊施設・飲食施設およびボウリング場等の運営・管

任天堂、「ホグワーツ・レガシー」など開発した米国Shiver Entertainment, Inc.を買収

任天堂株式会社(7974)は、ShiverEntertainment,Inc.(米国・フロリダ州、以下「Shiver」)の株式のすべてを取得し子会社化するため、EmbracerGroupAB(スウェーデン・カールスタード)との間で株式譲渡に関する契約を締結した。任天堂は、家庭用レジャー機器の製造・販売を行っている。据置型ゲーム機、携帯型ゲーム機、ゲームソフトウェアなどを国内外問わず展開している。S

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース