M&Aニュース

エレコム、日本アンテナを株式交換により買収、DXアンテナと経営統合を行うことを目的とした基本合意書を締結へ

更新日:

エレコム株式会社(6750)は、 2024年4月25日開催の取締役会において、株式交換の方法により日本アンテナ株式会社(東京都荒川区) を完全子会社化(以下「本株式交換 」) 後、エレコムグループとの機能統合及びエレコムの完全子会社であるDXアンテナ株式会社(兵庫県神戸市)との経営統合を行うことを目的とした基本合意書を締結することを決議した。

エレコムは、パソコン及びデジタル機器関連製品の開発、製造、販売を行う。

日本アンテナは、通信用、放送用アンテナ等の開発、製造、販売を行う。

DXアンテナは、各種アンテナ及びテレビ受信関連機器・CATV関連機器・情報伝送システム関連機器・セキュリティシステム関連機器全般の製造販売、並びに付帯する調査・設計・施工管理を行う。

本経営統合の目的

エレコムグループの経営資源投入により放送アンテナ関連事業基盤の一層の強化、通信アンテナ事業の特に官需向けの公共性の高い事業の継続及び拡大のため。

本経営統合の背景・経緯

両社の置かれている市場環境は非常に厳しく、放送機器においては地上デジタル放送の導入時をピークに、減少している。併せて、 資材コストの高騰や円安 、半導体不足など、取り巻く事業環境は 一段と厳しさが増している。

こうした環境下において、日本アンテナは三期連続での営業赤字を見込んでおり、主幹事証券会社を介して、DXアンテナにおいて安定した利益を計上しているエレコムグループとの本経営統合に関する協議が開始した。

日本アンテナと協業することにより放送アンテナ関連事業基盤の一層の強化、通信アンテナ事業の拡大 、官需向けの公共性の高い事業の継続を実現できると判断し、 両社での協議・検討を重ねた結果、本基本合意書締結に至った。

本経営統合の方式

エレコムを株式交換完全親会社、日本アンテナを株式交換完全子会社とする株式交換を行うことを予定している。

本株式交換の効力発生後は 、DXアンテナと日本アンテナの経営統合に向けて、速やかに実務上の検討を進めていく。

本株式交換による割当ての内容

エレコムは日本アンテナの株主に対してエレコムの普通株式を交付する予定。

今後のスケジュール

本基本合意書締結の取締役会決議(両社):2024年4月25日
本基本合意書締結(両社間):2024年4月25日
本株式交換契約及び本経営統合契約の締結・公表:2024年7月~ 8 月(予定)
本株式交換契約承認のための日本アンテナにおける臨時株主総会:2024年9月~10月(予定)
本株式交換の効力発生(競争法クリアランス・許認可等の取得後の想定):2024年10月~11月(予定)

電子部品・電気機械器具製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

電子部品・機械器具製造業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、電子部品・機械器具製造業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

エレコムに関連するM&Aニュース

エレコム、自己株式の取得及び自己株式の公開買付けへ

エレコム株式会社(6750)は、2024年5月23日付の取締役会決議により、会社法に基づき、自己株式の取得及びその具体的な取得方法として自己株式の公開買付け(TOB)を行うことを決議した。エレコムは、パソコン及びデジタル機器関連製品の開発、製造、販売を行う。買付け等の目的経営環境の変化に対応した機動的な資本政策を遂行するため。買付け等の概要対象者の名称エレコム株式会社買付け等をする株券等の種類普通

エレコム、子会社フォースメディアを吸収合併

エレコム株式会社(6750)は、2024年4月22日開催の取締役会において、同社の完全子会社である株式会社フォースメディア(東京都千代田区、以下「FM」)を合併することを決定した。エレコムを吸収合併存続会社とする簡易吸収合併方式。FMは効力発生日をもって解散する。エレコムは、パソコン及びデジタル機器関連製品の開発、製造、販売を行う。FMは、海外グローバルブランド・エレクトロニクス製品の輸入・販売を

エレコム、ティーエスシーを子会社化へ

エレコム株式会社(6750)は、株式会社ティーエスシー(東京都品川区)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。取得価格は、アドバイザリー費用等も含め約9,920百万円。エレコムは、パソコンおよびデジタル機器関連製品の開発・製造・販売を行っている。ティーエスシーは、理美容家電製品・調理家電製品・健康器具を企画・開発する、テスコム電機グループの持株会社。エレコムは本件M&Aテスコム電機グループ親

エレコム、岩崎通信機よりgroxiの全株式取得へ

エレコム株式会社(6750)は、groxi株式会社(東京都中央区)の全株式を岩崎通信機株式会社(6704)より取得し、子会社化することを決定した。取得価格は、1,400百万円。エレコムは、パソコンおよびデジタル機器関連製品の開発・製造・販売を行っている。groxiは、ITインフラ・コミュニケーションインフラ領域全般に関するシステムインテグレーション、ITマネジメントサービス等を行っている。エレコム

エレコム、ネットワーク対応製品などのコンピュータ周辺機器販売事業を展開するフォースメディアの全株式取得、子会社化へ

エレコム株式会社(6750)は、株式会社フォースメディア(東京都品川区)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。エレコムは、パソコンおよびデジタル機器関連製品の開発、製造、販売を行っている。フォースメディアは、海外グローバルブランド・エレクトロニクス製品の輸入・販売、自社オリジナルブランド「J-Force」による製造・販売を行っている。本件M&Aにより、エレコムは、BtoB向けチャネルにおい

この記事に関連するタグ

「株式交換・買収・基本合意・経営統合」に関連するコラム

株式交付とは?株式交換との違いやM&Aで活用するメリット・注意点を詳しく解説

M&A全般
株式交付とは?株式交換との違いやM&Aで活用するメリット・注意点を詳しく解説

株式交付制度は、令和3年3月1日に施行された「会社法の一部を改正する法律案」で、企業買収の手続きを合理化することを目的として新たに創設されました。本記事では、株式交付の仕組みや基本的内容を整理し、既存の株式交換との違いや、M&Aで活用する場合のメリット、注意すべき点について詳しくご紹介します。株式交付とは?株式交付は、M&Aなどにおいて買い手(譲受け企業)が他社を子会社化するために支払う対価として

買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

M&A全般
買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要、メリット、進める流れについてご紹介してまいります。買収とは「買収」とは、他の企業の株式取得を通じて、経営権を獲得することを指します。新たに自社で事業を立ち上げる場合に比べて、既にその事業分野で実績のある企業を取得するため、スピーディーに展開できる点が特徴です。買収をご検討の方は、希望条件(地

TOB(株式公開買付け)とは?目的や流れ、企業事例を解説!

M&A全般
TOB(株式公開買付け)とは?目的や流れ、企業事例を解説!

東京証券取引所の市場再編やPBR(株価純資産倍率)改善要請を背景に、成長を意識した買収、上場企業へのTOB(株式公開買い付け)の動きが活発化しています。本記事ではTOBの概要や主な流れ、メリット、企業事例をご紹介します。日本M&Aセンターでは、M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらTOB(株式

コングロマリットとは?メリットや企業事例を紹介

M&A全般
コングロマリットとは?メリットや企業事例を紹介

不透明な時代を生き抜くための戦略として、コングロマリット型経営は注目されており、国内ではその動きが活発化しています。本記事では、コングロマリットの特徴やメリットなどについて解説していきます。日本M&Aセンターでは、M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらコングロマリットとはコングロマリット(co

新NISAがM&Aのきっかけ?ドコモのマネックス証券子会社化を解説

M&A全般
新NISAがM&Aのきっかけ?ドコモのマネックス証券子会社化を解説

業界経験豊富なM&Aのスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動きについて、プレスリリースを紐解き解説する「M&Aニュースサテライト」。今回はNTTドコモとマネックスグループ・マネックス証券のニュースを解説します。※本記事はYouTube動画の内容を抜粋・編集してご紹介します。日本M&Aセンターは上場企業、中堅・中小企業のM&A・企業戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。ご相談は無料、秘密厳

敵対的買収とは?仕組みやメリット、防衛策、企業事例を解説

M&A全般
敵対的買収とは?仕組みやメリット、防衛策、企業事例を解説

買収は「敵対的買収」と「友好的買収」の2つに大別できます。日本における企業買収の大半は友好的買収によって行われますが、稀に敵対的買収が行われることもあります。本記事では、敵対的買収の概要、敵対的買収を仕掛けられた側の防衛策、企業事例などをご紹介します。日本M&Aセンターでは、友好的M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せ

「株式交換・買収・基本合意・経営統合」に関連する学ぶコンテンツ

基本合意書(MOU)とは?M&Aで締結する目的・留意点を解説

基本合意書(MOU)とは?M&Aで締結する目的・留意点を解説

M&Aにおいて基本合意書は、主に交渉内容やスケジュールなどの認識を明確にし、スムーズに交渉を進めることを目的として締結されます。本記事では、基本合意書の概要や作成するにあたり注意すべき点などについてご紹介します。なお、本文では中小企業M&Aにおいて全体の8割程度を占める、100%株式譲渡スキームを想定した基本合意書の解説とさせていただきます。日本M&AセンターではM&Aに精通した弁護士・司法書士・

M&Aスキームとは?種類別に公認会計士が解説!

M&Aスキームとは?種類別に公認会計士が解説!

M&Aを行うスキーム(手法)は様々に存在し、最適な選択が成功の鍵を握ります。本記事では中堅・中小企業のM&Aで用いられる代表的なスキームの特徴、メリット・デメリットなどをご紹介します。日本M&AセンターではM&Aに精通した公認会計士・税理士・弁護士など専門家を含めた盤石の体制で安全・安心のM&Aをサポート致します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらM&Aにおけるスキームと

譲渡企業(買収先)の探し方。ロングリスト、ショートリストとは

譲渡企業(買収先)の探し方。ロングリスト、ショートリストとは

M&A仲介会社などパートナーを選定したら、次は買収先、つまり譲渡企業(売り手)を探すステップに移ります。お相手探しは主に2つの方法で行われます。それぞれについて詳しく見てまいりましょう。買収をご検討の方は、希望条件(地域、業種など)を登録することで、条件に合致した譲渡案件のご提案や新着案件情報を受け取ることができます。まずは登録から始めてみませんか?買収希望条件の登録(無料)はこちら譲渡企業の探し

譲受け企業(買い手)がM&Aで押さえておきたいポイントとは?

譲受け企業(買い手)がM&Aで押さえておきたいポイントとは?

一言でM&Aといっても、買収戦略を実行していく譲受企業(買い手)側には様々な目的があります。M&Aの成功に向けて、押さえておきたいポイントを確認していきましょう。【登録無料】買収をご検討の方は、希望条件(地域、業種など)を登録することで、条件に合致した譲渡案件のご提案や新着案件情報を受け取ることができます。まずは登録から始めてみませんか?買収希望条件の登録はこちらM&A実行の目的・メリット一般的に

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード