M&Aニュース

「経営統合」に関連するM&Aニュース一覧

コナカ、サマンサタバサジャパンと経営統合で基本合意

株式会社コナカ(7494)と株式会社サマンサタバサジャパンリミテッド(7829)は、2024年2月20日開催したそれぞれの取締役会において、株式交換による経営統合に向けての具体的な協議・検討を行うことについて基本合意することを決議し、両社の間で基本合意書を締結した。コナカは、ビジネスウェアおよびその関連洋品ならびにバッグおよびアパレルの企画・製造・販売等を行う。サマンサタバサジャパンリミテッドは、

エーアイ、フュートレックと経営統合へ

株式会社エーアイ(4388)と株式会社フュートレック(2468)は両社の取締役会において、両社の間で経営統合に関する基本合意書を締結することを決議し、2024年1月16日付で本基本合意書を締結した。エーアイは、音声合成エンジン及び音声合成に関連するソリューションの提供を行う。フュートレックは、音声認識技術を利用したサービスの企画・提案、及びそれを実現するためのシステム設計デジタルマーケティングソリ

ヒロセホールディングス、グループのヒロセと太洋ヒロセを合併へ

ヒロセホールディングス株式会社は、グループ会社であるヒロセ株式会社(大阪府大阪市)と太洋ヒロセ株式会社(大阪府大阪市)を経営統合することを決定した。ヒロセを存続会社とした吸収合併方式。ヒロセ、及び太洋ヒロセは共に重仮設資材・仮設橋梁の計画、賃貸、販売、加工及び工事を行う。重仮設事業を取り巻く環境は、建設工事の担い手の不足や就業時間の制約による運送・物流確保の問題、また継続的な原材料・鋼材価格の高騰

新日本建物とタスキ、共同株式移転による経営統合へ

株式会社新日本建物(8893)と株式会社タスキ(2987)は、共同株式移転により両社の完全親会社となる「株式会社タスキホールディングス」の設立を決定した。新日本建物とタスキを株式移転完全子会社、新規に設立する共同持株会社を株式移転完全親会社とする共同株式移転方式。新日本建物の普通株式1株に対して共同持株会社の普通株式1株を、タスキの普通株式1株に対して共同持株会社の普通株式2.24株を割当交付する

スペースシャワーネットワークとSKIYAKIが経営統合へ

株式会社スペースシャワーネットワーク(4838、以下スペースシャワー)と株式会社SKIYAKI(3995)は、持株会社体制への移行を伴う経営統合を行うと発表した。経営統合後の商号は、スペースシャワーSKIYAKIホールディングス株式会社。分割準備会社を設立後、両社で株式交換を行い、吸収分割を経て純粋持株会社体制へ移行する。・旧スペースシャワーを完全親会社、SKIYAKIを完全子会社とする株式交換を

福井銀行と福邦銀行が経営統合へ

株式会社福井銀行(8362)と株式会社福邦銀行(福井県福井市)は、福井銀行を完全親会社、福邦銀行を完全子会社とする株式交換、ならびに両行の合併により経営統合を段階的に行うことを決定した。福井銀行および福邦銀行は、福井県を主たる経営基盤とする地方銀行。福井銀行と福邦銀行は、2020年3月13日に包括提携を行い、北陸新幹線延伸の地域活性化機会を活用する目的で、福井県の経済発展を支援することを目指してい

メディパルホールディングス、連結子会社間で吸収合併へ

株式会社メディパルホールディングス(7459)は、連結対象の完全子会社であるMP五協フード&ケミカル株式会社(大阪府大阪市)と、メディパルフーズ株式会社(北海道札幌市)の統合に関する基本合意書の締結を決定した。MP五協フード&ケミカルを存続会社、メディパルフーズを消滅会社とする吸収合併方式。メディパルホールディングスは、化粧品・日用品、一般用医薬品を扱う卸売企業グループの持株会社。MP五協フード&

エンデバー・ユナイテッド、新設持株会社を通じダイヤメットと柳河精機を経営統合へ

エンデバー・ユナイテッド株式会社(東京都千代田区)が管理・運営するファンド、エンデバー・ユナイテッド2号投資事業有限責任組合(以下、EUF-2)は、2023年11月1日に持株会社として株式会社メプロホールディングス(以下「メプロホールディングス」)を新設した。併せて、メプロホールディングスを通じ、EUF-2が持つ株式会社ダイヤメット(新潟県新潟市)と柳河精機株式会社(埼玉県狭山市)を経営統合した。

菱洋エレクトロとリョーサン、共同株式移転による経営統合の最終契約書締結へ

菱洋エレクトロ株式会社(8068)と株式会社リョーサン(8140)は、共同株式移転の方法により、両社の完全親会社となる「リョーサン菱洋ホールディングス株式会社(東京都中央区)」の設立、および経営統合の条件等について合意し、経営統合契約書の締結とともに株式移転計画書を共同で作成した。本経営統合は、両社を株式移転完全子会社、新規に設立する共同持株会社を株式移転完全親会社とする共同株式移転方式となる。株

アララ、クラウドポイントを株式交換により完全子会社化へ

アララ株式会社(4015)と株式会社クラウドポイント(東京都渋谷区)は、株式交換による経営統合を行うことを決定し、両社の間で株式交換契約書および経営統合に関する合意書を締結した。また、アララは、持株会社体制への移行を目的として、アララを分割会社、アララ完全子会社を承継会社とする簡易吸収分割の方法による吸収分割契約の締結を決定した。【本経営統合の方法】アララを株式交換完全親会社とし、クラウドポイント

イオン、TOBによりいなげやを連結子会社化へ

イオン株式会社(8267)は、株式会社いなげや(8182)の普通株式を公開買付け(TOB)を開始すると発表した。買付け等の価格は、普通株式1株につき、1,610円。イオンは、いなげやの議決権の51%相当を上限として、買付予定数15,687,400株を取得する。買付代金は25,256,714,000円を予定している。イオンは、国内スーパーにて小売、ディベロッパー、金融、サービス事業等を行うグループの

ニッケ、連結子会社間で経営統合へ

日本毛織株式会社(3201、以下ニッケ)は、連結子会社であるアンビック株式会社(兵庫県姫路市)と株式会社フジコー(兵庫県伊丹市)が2023年12月1日をもって経営統合すると発表した。フジコーから不織布・フェルト事業を分割し、アンビックが承継することで両社の不織布・フェルト事業を統合する。ニッケは、ウール由来の先端素材やハイブリッド素材・製品の開発・提供等を行っている。アンビックおよびフジコーは、両

クシム、カイカエクスチェンジホールディングスの株式を取得し、経営統合へ

株式会社クシム(2345)は、株式会社CAICADIGITAL(2315)の連結子会社である株式会社カイカエクスチェンジホールディングス(東京都港区)の株式を取得し、経営統合を行うことを決定した。異動後の議決権所有割合は、84.39%。なお、本経営統合が実施された場合には、カイカエクスチェンジホールディングスが子会社として擁する暗号資産交換所「Zaif」を運営する株式会社カイカエクスチェンジ(大阪

三菱食品とキユーソー流通システム、物流事業の一部統合へ

三菱食品株式会社(7451)は、株式会社キユーソー流通システム(9369)と両社の物流事業の一部を統合し、両社を出資者とする合弁会社へ会社分割により承継させることに関し、統合契約および合弁契約を締結し業務提携を行うことを決定した。三菱食品の完全子会社として設立した準備会社を吸収分割承継会社とし、三菱食品およびキユーソーをそれぞれ吸収分割会社とする簡易吸収分割方式。分割する事業は、主に食品を対象とし

三菱電機ビルソリューションズ、昇降機保守子会社3社を経営統合へ

三菱電機ビルソリューションズ株式会社(東京都千代田区)は、首都圏地区における昇降機保守子会社3社を経営統合し、新会社「東日本ビルテクノサービス株式会社(東京都中央区、以下新会社)」として2023年10月1日に業務を開始する、と発表した。【統合する3社】東日本メルテック株式会社(東京都新宿区)東京メルテック株式会社(東京都中央区)東関東メルテック株式会社(千葉県千葉市)三菱電機ビルソリューションズは

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年2月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829

月別M&Aニュース

注目ニュースワード