コラム

日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

M&A全般

⽬次

[表示]

日立製作所が日立物流を売却したM&Aプレスリリースを解説
日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は前回に引き続き日立製作所による日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)

日立製作所と日立物流が正式発表へ

西川: 前回(日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは)につづき日立物流パート2ということでお届けしたいと思います。
前回発信のタイミングでは報道機関からの憶測ということでのお話でしたが、その後4月28日両当事者である日立製作所と日立物流から正式なプレスリリースがありました。今回は、特に手続き関連に着目して深堀り解説をしていきたいと思います。

臼井: はい。プレスリリースはだいたい50ページぐらいあるんですが、

読み物として非常に面白い。時間が限られているので今回は概要を説明しますが、どなたでもウェブからアクセスできますので、もし機会があればプレスリリースを読んでいただけるといいんじゃないかなと思います。

西川: プレスリリースにはところどころ専門的な用語があるので、今回はM&A業界のレジェンド臼井さんに私から質問していきたいと思います。

臼井: 緊張しますね(笑)

気になる用語「TOB」とは

西川: まず概略について少しおさらいをしていきたいと思うんですけれども。今回KKRは日立物流の1株につき8,913円でTOBをかけて約4,500億円を投じて市場から株式を取得し、あわせて日立製作所が保有する株式については日立物流による自己株式取得を通じて、ここでは総額約2,200億円を投じて取得するということなんですね。

ここで日立製作所が保有する株式と自己株式を除くすべての株式の取得をするために、最終的には株式併合を用いたスクイーズアウト手続きを行い、最終的に日立物流さんは上場廃止となる見込みと書かれています。
その後さらに日立製作所が10%の再出資をします、ということで関係をこれまで同様に続けていく中で、物流デジタルソリューション分野などでは連携を強化、継続していくということでした。
こうした手続きを経て最終的にKKRグループは総額約6,600億円程度の買収代金になるということですが、さっそく臼井さんに質問したいんですけれども 「TOB」って何ですか?

TOBとは

臼井: TOBはよく日経新聞等々に出てるんですけれども、言葉で言うとTake Over Bid 、日本語に訳すと「公開買付け」という手続きですね。通常上場株を買う時には取引所を通じて売買するんですけれども、M&Aの場合にはかなり大きな比率、例えば50%以上とか40%以上とか相手の会社の持分を取得しますと。その時になかなか市場を通じて取引をすることができないという点。そしてもう一点はある特定の人から株を買い占める場合。例えば今回日立製作所が持っている40%の株を相対で買い取ってしまう。そういうふうになると他の6割くらいの株主の人が「そんな値段だったら自分も売りたかった」「売る機会を逃された」と言われないように、すべての株主に公平な売却の機会を与えます。
買い手からみるとすべての株主に対して買付のオファーをします。これが公開買付け、 オープンに株式を買う機会、株主にとっては売る機会を提供する 、こういう手続きです。

<関連コラム>
TOB(株式公開買付)とは?目的やMBOとの違い、メリット・デメリットを解説!

気になる用語「プレミアム」とは

西川: さて、今回のTOBは私も先ほどお話したように1株につき8,913円、ということで実は昨年2021年6月16日の報道機関による憶測報道が実は過去に行われています。その時、直前の過去6ヶ月間の終値単純平均が3,408円だったとプレスリリースに書いてありますが、これに対して今回の8,913円は約161%のプレミアムを加えた価格になっているんですね。
一方で今回公表された4月28日のリリースにありましたけれども、前営業日過去6か月間の終値単純平均は5,681円、これに対しては約56%のプレミアムを加えた価格です、ということで株主の皆さんに向けて適正な価格で評価いただけているのではないか、という記載があるんですけれども。臼井さん、そもそも 「プレミアム」って何ですか?

臼井: プレミアムっていったらねぇ、大体あのビールのイメージが出てくるんですけれども(笑)

西川: そうそう、あのビールですね(笑)

プレミアムとは

臼井: 今回の場合だとKKRが日立物流さんを買収したいと、少し高い値段を出してでも買い取りたいと。一方、日立製作所の方は40%という大きなかたまりを売りますので市場株価、市場株価というのは100株最低単元売買するときの価格なんですけれども、市場株価ではなく大きなかたまりとしての評価を出してください、と。すなわち少し高めに買ってくださいねということです。 市場株価に対してどれだけ高いか というのをプレミアムと言います。

先ほど話に出た公開買付け、TOBの性質上ですね、多くの株主を一度に取得するため、大体プレミアムをつけるケースがかなり多いです。
価格水準が妥当かどうかっていうのは、たとえば先ほど西川さんが説明したように昨年6月終値に対して161%のプレミアム、時価に対して約2.6倍ということですから倍以上の値段で買いますと。発表時4月28日に対しても56%、まぁ1.5倍の値段というようなことなんです

けれども、これが妥当かどうか判断できるものではありません。プレミアムがあって買収金額を決めるのではなくて、あくまで当事者間で売買する金額を定めて、それに対して後から時価が付け足される形ですから、他の事例からみると、相対的に高いか安いかはみれるのですが、本件に関して高いか安いか、一元的には言えませんね。

プレスリリースにみる価格交渉の経過

臼井:時間も限られているので細かな説明は省略しますが、今回のプレスリリースの中ではですね、 過去に例がないくらい価格交渉の経過が書かれている

西川:
細かく書かれてますね。

臼井: これがめちゃめちゃ面白い!裏には結構こういう交渉があったんだろうなーというのが透けて見えて非常に面白いですので、ぜひ読んでいただけるといいなと思います。

西川: 今回日立物流さんのプレスリリースをみてると、そもそもタイトルが、「当社株式に対する公開買付けの開始予定に係る賛同の意見表明及び応募推奨に関するお知らせ」となってるんですね。この 「賛同意見表明」 とか 「応募推奨」 って

何を言ってらっしゃるんでしょうか。

臼井: これも(初めての人には)わかんないですよねぇ(笑)いったい何を言ってるんだという。
公開買付けは株式発行会社以外の第三者が大株主になろうとしてかけてくるものが公開買付け。そのなかで新しく会社を買収しようとする人が本当に友好的な人なのか、そうでないのか、話し合いの末に決定したTOBなのか、勝手に一方的に主張してきているのか、こういうのをみないと他の株主というのは、売っていいのか、買っていいのかわからないわけですよね。

西川: 蚊帳の外にいるわけですよね。

臼井: はい、情報も入って来ないですから。ですのでTOBをかけられた会社、今回の場合は日立物流ですね、日立物流として公開買付けをかけてきた相手、KKRに対して自分たちは賛同しているのか、反対しているのか、意見表明をしなければならないというルールがあるんですね。もう一つ「応募推奨」という事がありましたけれども、応募推奨というのもまた難しい言葉でですね、「賛成します」っていうのと「応募を推奨します」っていう2段階の判断なんですね。今回の場合にはKKRのTOBに対して「日立物流は賛同します。かつ他の株主も応募をしてください。なぜならKKRと話し合いがなされた上で、双方合意のもと行う取引なので、他の株主のみなさんも安心して応募してください。」ということです。

西川: 応援してください、ということですね。

臼井: そういうことです。ですから場合によっては、公開買付けに関しては「賛同」するが、価格に関しては何とも言えないので「応募は自己責任でご判断ください」という、こんなケースもあります。

西川: 応募推奨について特にふれないケースもあるんですね

臼井: そうですね。まぁ株価に対する意見表明ですからね、これは取締役会としては非常に高度な判断が行われますので、そこまできっちりやってるのが今回のディールということですね。

西川: 時間の都合上、この動画で解説できる内容は限られてますので、ぜひ両当事者のプレスリリースをご自身で読んでいただきたいと思います。生々しく書かれてますのでね。

臼井: 本当にそうですね。

西川: 今回取り上げている事例は日立製作所の例えば経営効率の向上、投資効率の向上を背景とするいわゆるカーブアウト型の事例を紹介させていただいたのですが、もう一方の側面としては物流業界を取り巻く経営環境が大きく影響している案件かなと思います。
実際、近年物流業界が関連するM&Aが非常に増えていますね。今年もさっそくその傾向が続いているのですけれども、次回は 物流業界の近年の経営環境とM&Aの活用 にフォーカスして、M&A事例を取り上げたいと思います。

臼井: 次回もどうぞお楽しみに!

本記事の動画はこちらからご覧いただけます。

上場企業向け企業戦略サービス

日本M&Aセンターでは上場企業の成長を実現するM&Aをサポートします。戦略実現のためのプロアクティブサーチや企業組織再編など、高度なスキーム提案を上場企業専門チームが行います。

プロフィール

臼井 智

臼井うすい さとし

日本M&AセンターTOKYO PRO Market事業部 上場推進部長

1991年に山一證券株式会社に入社、M&A部門に配属。同社自主廃業後、大手証券会社M&A部門を経て2009年に日本M&Aセンター入社。27年間にわたり一貫して国内外のM&A仲介アドバイザリー業務の第一線に従事。上場企業同士の経営統合から中小企業の事業承継案件まで、規模の大小を問わず幅広い業界にて200件超のM&A成約実績がある。

西川 大介

西川にしかわ 大介だいすけ

日本M&Aセンター 企業戦略部 企業戦略部統括

大手プラントエンジニアリング会社(海外プラント建設)、Big4系コンサルティングファーム(PMI等)、大手証券会社(M&Aアドバイザリー)を経て、2010年に当社に入社。通算20年近いM&A実務経験に強み。現在、上場会社グループに特化してM&Aサービスを提供する部門を率いる。事業ポートフォリオ再構築プランやM&A戦略の立案サポートから、クライアント毎のオーダーに基づく案件オリジネーション、交渉・実行サポートを行う。弊社において、大型案件、複雑案件、及びノンコア切離し案件をリードする。

日立製作所に関連するコラム

日立製作所に関連するM&Aニュース

日立製作所のグループ会社 日立レール社、Thales S.A.の鉄道信号関連事業の買収へ

株式会社日立製作所(6501)の鉄道システム事業におけるグループ会社である日立レール社は、ThalesS.A.(タレス社)の鉄道信号関連事業を買収することを決定した。日立レール社とタレス社は、対象事業の事業価値について、約2,150億円で合意した。日立製作所は、IT、エネルギー、インダストリー、モビリティ、ライフ、オートモティブシステム事業で製品・サービスを展開している。タレス社は、鉄道信号関連事

日立製作所、アメリカでデジタルエンジニアリングサービスを展開するGlobalLogic Inc.を買収へ

株式会社日立製作所(6501)は、GlobalLogicInc.(米国カリフォルニア州、GlobalLogic社)を買収することを決定した。取得価額は、96億米ドル(約10,368億円)を見込んでいる。日立製作所は、モビリティ、ライフ、インダストリー、エネルギー、ITの5分野を成長分野とし事業を展開している。GlobalLogic社は、Chip-to-Cloud(チップからクラウドまで)に対応する

日立製作所グループの日立レール、イギリス鉄道デジタルセンサー技術のパイオニア パーペチューム社を買収

株式会社日立製作所(6501)のグループ会社である日立レール社は、PerpetuumLtd.(イギリス・ハンプシャー州、パーペチューム社)を買収することを決定し、パーペチューム社との間で買収に関する契約を締結した。日立製作所は、IT事業、エネルギー事業、インダストリー事業、モビリティ事業、ライフ事業を行っている。グループ会社である日立レール社は、鉄道システム事業を展開している。パーペチューム社は、

この記事に関連するタグ

「カーブアウト・買収・TOB・株式譲渡・M&A」に関連するコラム

西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

M&A全般
西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は西武ホールディングスによる西武建設の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)※撮影は2022年1月下旬に行われました。西武ホールディングス、西武建設売却へ西川:今年に入って1月はコロナ禍にも関わら

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

「本当にM&Aでこんなことできるのか」 わずか1年足らずで経営者の悩みを克服した住宅メーカー「サンオリエント」

広報室だより
「本当にM&Aでこんなことできるのか」  わずか1年足らずで経営者の悩みを克服した住宅メーカー「サンオリエント」

多くの中小企業の経営者は会社の発展と従業員の雇用の安定を常に考えながら、一人で重責を背負い込み、先行き不安のなかで事業の舵取りを担っています。岡山市の住宅メーカー「サンオリエント」の創業者である磯﨑慎一取締役社長は2022年2月、日本有数の高級住宅街として知られる兵庫県芦屋市で成長する住宅メーカー「髙翔」のグループ入りを選びました。磯﨑社長は50代前半ながらM&Aを決断した背景にも、事業の発展と雇

ソフトバンク・グループも活用!日本市場に迫るSPAC解禁の動き

海外M&A
ソフトバンク・グループも活用!日本市場に迫るSPAC解禁の動き

国内外のM&Aの専門家であるDr.(ドクター)Mが、身近なM&A事例を用いて、独自の視点でポイントをわかりやすく解説する「Dr.MのM&Aワンポイント解説」。第2回となる今回はSPACをテーマに、ソフトバンク・グループの事例を交えてご紹介していきます。国内でも注目のSPAC、その光と影—ドクター、今回のテーマはズバリ何ですか。Dr.M:「SPAC」です。“SpecialPurposeAcquisi

「カーブアウト・買収・TOB・株式譲渡・M&A」に関連する学ぶコンテンツ

「カーブアウト・買収・TOB・株式譲渡・M&A」に関連するM&Aニュース

NEC、5G Open RANシステム構築事業を行うAspire Technologyの株式取得、子会社化へ

日本電気株式会社(6701、NEC)は、AspireTechnologyUnlimitedCompany(アイルランド・ダブリン)の全株式を取得する株式売買契約を締結した。NECは、住友グループの電機メーカー。社会公共・社会基盤・エンタープライズ・ネットワークサービス・グローバル事業を展開している。AspireTechnologyは、通信事業者向けに5GOpenRAN※システムの構築事業を行ってい

浜松ホトニクスのベルギー子会社、レーザ装置を製造・販売するNKT Photonicsを買収へ

浜松ホトニクス株式会社(6965)は、連結子会社であり欧州における域内統括会社であるPhotonicsManagementEuropeS.R.L(ベルギー・ブリュッセル、PME)が、NKTPhotonicsA/S(デンマーク・コペンハーゲン)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。取得価額は、約205百万ユーロ(約29,499百万円)。浜松ホトニクスは、電気機器メーカー。光電子増倍管、イメー

米投資会社コーンウォール、ユニデンHDの株式を公開買付けにより取得、非公開化へ

投資会社のコーンウォール・キャピタル・マネジメント・エルピー(アメリカ・ニューヨーク州、CornwallCapitalManagementLP)傘下のValencia株式会社は、ユニデンホールディングス株式会社(6815)の普通株式を公開買付け(TOB)により取得することを決定した。ユニデンHDの全株式を取得し、非公開化することを企図しており、株式は上場廃止となる予定。買付け等の価格は、普通株式1

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース