コラム

日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは

臼井 智

プロフィール

臼井智

日本M&AセンターTOKYO PRO Market事業部 上場推進部長

西川 大介

プロフィール

西川大介

日本M&Aセンター 企業戦略部 企業戦略部統括

M&A全般

⽬次

[表示]

日立製作所が日立物流を売却へ
日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。
今回は日立製作所の子会社、日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)※撮影は2022年4月下旬に行われました。

日立製作所が日立物流を売却へ、その背景とは?

西川:このところ大きなM&Aリリースはなかったのですが、 久しぶりに取り上げたい案件の報道がありました。日立製作所が約4割の株式を保有する持分法適用会社に「日立物流」という会社がありますけれども、この日立物流の株式の3割程度を売却し、残り1割程まで引き下げる。そしてこの相手方が米国の大手投資ファンドであるということが日経新聞をはじめ一部メディアから報じられました。

撮影を行ってる現時点では、日立製作所さんのホームページ上では「特に決定した事実はありません」と発表されているものの、検討自体は認められているようなので、案件として交渉が進んでいるとみられます(※)。今回は、本件を取り上げていきたいと思います。

※2022年4月28日、日立製作所より「日立物流株式の譲渡による個別決算における特別利益の計上に関するお知らせ」が発信されました

早速ですが臼井さん、この背景について教えてください。

臼井: はい。全体的な流れで見ると、大きな驚きがあるというわけではなく、「来たか!」という感じですね。

西川: 来た!と(笑)

臼井: ご存じの通り、日立製作所は日本を代表するような巨大企業グループです。グループの中で昔は子会社の自主独立、制作、それにともなう各社自前でビジネスを立ててどんどん上場していきなさい、という方針で一時期は約30社近く上場子会社を抱えていたといわれています。今回の日立物流で、上場子会社はほとんど無くなるという。(日立物流は)最後の砦に近いなと思っています。
かつてグループにあった上場子会社が現在どうなっているのかをまとめるだけで、このYouTube動画は5.6本作れるほど大きなテーマです。その中でも最後の大物、日立物流がようやく動いたというところですね。

西川: ようやく動いたと。

臼井: 今回の案件自体はいろいろな角度から一つのディールを考えることができます。たとえば日立グループのグループ戦略、あるいは親子上場をどうしていくのか。いわゆる「選択と集中」をたくさんやっている会社ですからね。
一方、今回「日立物流」ということで物流業界の話と捉えた時に、いま物流業界ではどのような再編が起こっているのか。もうひとつは、今回のディールの相手、現状はまだ買い手候補ですが KKR(コールバーグ・クラビス・ロバーツ)というPEファンド。実はKKRにとって日立グループの子会社は今回で3件目になると思います。そうしたことも含めてPEファンド目線から見た動きはどうなるのか。ざっと考えただけでこれくらいのテーマが出てくるので、1つひとつの事象にフォーカスしてお届けしたいと思います。

日立グループの「事業ポートフォリオ変革」の歴史

西川: テーマを複数に分けてシリーズものとしてお届けしていきたいと思います。現段階(※2022年4月27日)では正式な発表ではないので、周辺の状況について話をしていきたいなと思います。日立グループの直近の四半期報告書によると、連結子会社865社、持ち分適用会社290社、あわせると1,155社と非常にが規模が大きいグループです。日本を代表するグループ企業集団であり、日立製作所グループよりも企業数が多いグループでいうとソニーグループ、野村ホールディングス、NTTグループ、近いところで言うとオリックスなど超優良企業と同じくらいのグループ企業集団を形成しています。

直近の中期経営計画をみると「デジタルプラットフォームの構築」「社会のイノベーション事業への注力」「グローバルオペレーション基盤の強化」という大きく3つの重要なテーマを挙げています。
これらに合わせて、もうひとつ大きなテーマとして挙げられているのが「事業ポートフォリオの変革」。

中計の発表、決算説明会の度にこのキーワード「事業ポートフォリオの変革」が登場します。そういった意味において直近日立グループ内での売却についてどんな事例があったのでしょうか。

臼井: かつて、日立御三家と呼ばれる「日立化成」「日立金属」「日立電線」という3社がありました。この3社は現在グループの外にあります。
日立化成さんは昭和電工と経営統合してグループから離れていきました。
残りの日立金属、日立電線ですが2社が経営統合した後で、最終的には日立金属はPEファンドのベインキャピタルが引き受けました。
そのほかの「日立工機」や「日立建機」はKKRが引き受けましたし、それからご存じの通りこれは子会社ではないですけど、日立のメモリー事業もあります。
日本が半導体で世界一だった時代、日立もその中で有力な一角だったのですが、その中のメモリー事業はNECと一緒になって、最終的にはアメリカのマイクロンの子会社になっています。

このように驚くほどグループの姿が変わってきているといえます。インパクトが大きいものでいえば、日立化成の売却、日立金属の売却、日立建機の売却が挙げられ、それらに続くのが今回の日立物湯であるといえるのではないでしょうか。

西川: 4件連続でビックディールが続いているんですね。こうした背景として思い返すと2009年3月期の決算で日立グループさんは連結で大赤字を出されているんですよね。
8,000億円近い最終赤字を計上しているのですが、そこからずいぶんと徹底的に事業ポートフォリオを入れ替えてきたということですね。

臼井さんのほうから過去のグループ内における売却事例を取り上げてきましたけど、一方で「ポートフォリオの変革」という意味でより強化していく観点でのM&Aもあったと思うんですが、日立ハイテクノロジーズさんですかね、
2020年に日立製作所が完全子会社化しました。そういう取り組みもされて事業の転換を図ってきたことで、いまや産業を代表する企業に名実ともになり、過去の赤字を完全払拭できたわけですね。

臼井: 個人的な感想をいうと、昔、日立グループの会社さんのM&Aをーーー

(続きは動画をご覧ください)

上場企業向け企業戦略サービス

日本M&Aセンターでは上場企業の成長を実現するM&Aをサポートします。戦略実現のためのプロアクティブサーチや企業組織再編など、高度なスキーム提案を上場企業専門チームが行います。

プロフィール

臼井 智

臼井うすい さとし

日本M&AセンターTOKYO PRO Market事業部 上場推進部長

1991年に山一證券株式会社に入社、M&A部門に配属。同社自主廃業後、大手証券会社M&A部門を経て2009年に日本M&Aセンター入社。27年間にわたり一貫して国内外のM&A仲介アドバイザリー業務の第一線に従事。上場企業同士の経営統合から中小企業の事業承継案件まで、規模の大小を問わず幅広い業界にて200件超のM&A成約実績がある。

西川 大介

西川にしかわ 大介だいすけ

日本M&Aセンター 企業戦略部 企業戦略部統括

大手プラントエンジニアリング会社(海外プラント建設)、Big4系コンサルティングファーム(PMI等)、大手証券会社(M&Aアドバイザリー)を経て、2010年に当社に入社。通算20年近いM&A実務経験に強み。現在、上場会社グループに特化してM&Aサービスを提供する部門を率いる。事業ポートフォリオ再構築プランやM&A戦略の立案サポートから、クライアント毎のオーダーに基づく案件オリジネーション、交渉・実行サポートを行う。弊社において、大型案件、複雑案件、及びノンコア切離し案件をリードする。

日立製作所に関連するコラム

日立製作所に関連するM&Aニュース

日立製作所のグループ会社 日立レール社、Thales S.A.の鉄道信号関連事業の買収へ

株式会社日立製作所(6501)の鉄道システム事業におけるグループ会社である日立レール社は、ThalesS.A.(タレス社)の鉄道信号関連事業を買収することを決定した。日立レール社とタレス社は、対象事業の事業価値について、約2,150億円で合意した。日立製作所は、IT、エネルギー、インダストリー、モビリティ、ライフ、オートモティブシステム事業で製品・サービスを展開している。タレス社は、鉄道信号関連事

日立製作所、アメリカでデジタルエンジニアリングサービスを展開するGlobalLogic Inc.を買収へ

株式会社日立製作所(6501)は、GlobalLogicInc.(米国カリフォルニア州、GlobalLogic社)を買収することを決定した。取得価額は、96億米ドル(約10,368億円)を見込んでいる。日立製作所は、モビリティ、ライフ、インダストリー、エネルギー、ITの5分野を成長分野とし事業を展開している。GlobalLogic社は、Chip-to-Cloud(チップからクラウドまで)に対応する

日立製作所グループの日立レール、イギリス鉄道デジタルセンサー技術のパイオニア パーペチューム社を買収

株式会社日立製作所(6501)のグループ会社である日立レール社は、PerpetuumLtd.(イギリス・ハンプシャー州、パーペチューム社)を買収することを決定し、パーペチューム社との間で買収に関する契約を締結した。日立製作所は、IT事業、エネルギー事業、インダストリー事業、モビリティ事業、ライフ事業を行っている。グループ会社である日立レール社は、鉄道システム事業を展開している。パーペチューム社は、

この記事に関連するタグ

「カーブアウト・選択と集中・M&A戦略」に関連するコラム

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

With/Afterコロナ新時代!ライバルとの差を広げるレバレッジ戦略の提唱 ~危機に強い会社になるために、経営者に残された選択肢とは?!~

M&A全般
With/Afterコロナ新時代!ライバルとの差を広げるレバレッジ戦略の提唱 ~危機に強い会社になるために、経営者に残された選択肢とは?!~

【連載】With/Afterコロナにおいて上場会社グループがとるべきM&A戦略「With/Afterコロナにおいて上場会社グループがとるべきM&A戦略~リスク分散できる事業構造への抜本的改革とM&Aの活用~」と題し、全5回で連載したします。連載第2回の今回は、日本M&Aセンター企業戦略部部長西川大介より危機に強い会社になるための戦略について解説いたします。不況をライバルに差をつける機会と捉える新型

カーブアウトの税務

M&A実務
カーブアウトの税務

現在の日本は、いざなみ景気を超えて戦後最長の景気拡大となっているとされている。しかし、少子高齢化、人口減少、財政問題など日本の将来に対する漠然とした不安、あるいは産業構造の変化が著しいビジネス環境において、自社のビジネスポートフォリオをスピーディーに入れ替える必要性を感じている人は多い。このような背景からか、ここ数年、カーブアウトやスピンオフにより企業が選択と集中を実行することを税務面からも後押し

カーブアウトの法務

M&A法務
カーブアウトの法務

カーブアウトの法的スキーム企業グループの既存事業を見直し、選択と集中を行う場合、ノンコア事業部門を事業売却する手法は、カーブアウト(又はスピンアウト)と称され、数多くの活用事例がある。ノンコア事業が100%子会社の形態で存在する場合は株式譲渡の手法によるが、企業内の事業部門である場合、以下が主要な方法である。1.事業部門を事業譲渡する2.事業部門を会社分割の方法で分割したうえでその事業部門を承継し

西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

M&A全般
西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は西武ホールディングスによる西武建設の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)※撮影は2022年1月下旬に行われました。西武ホールディングス、西武建設売却へ西川:今年に入って1月はコロナ禍にも関わら

「カーブアウト・選択と集中・M&A戦略」に関連するM&Aニュース

マミヤ・オーピー、連結子会社キャスコの全株式をKSTに譲渡

マミヤ・オーピー株式会社(7991)の連結子会社であるキャスコ株式会社(香川県さぬき市)の全株式を株式会社KST(埼玉県児玉郡)に譲渡することを決定した。本件伴い、キャスコは連結対象から除外される。譲渡価額は、500百万円。マミヤ・オーピーは、電子機器事業、スポーツ事業、不動産事業を行っている。連結子会社キャスコは、ゴルフ用品の製造・販売を行っている。KSTは、ゴルフ場経営および管理請負業、ゴルフ

テレビ東京HD、子会社間で吸収合併

株式会社テレビ東京ホールディングス(9413)は、子会社である株式会社テレビ東京コマーシャル(東京都港区)が、同子会社の株式会社テレビ東京ヒューマン(東京都港区)を吸収合併し、新たに会社を設立することを発表した。本件は、テレビ東京コマーシャルを存続会社、テレビ東京ヒューマンを消滅会社とする吸収合併方式とする。株式の発行または金銭等の割り当てはない。テレビ東京HDは、株式等の保有を通じて企業グループ

ノジマ、完全子会社シグニの全株式を譲渡

株式会社ノジマ(7419)は、完全子会社であるシグニ株式会社(東京都江東区)の発行済全株式を、ベーシック・キャピタル・マネジメント株式会社(東京都中央区、BCM)が運営するBCM-V投資事業有限責任組合(東京都中央区、BCM-V)へ譲渡した。ノジマは、「デジタル家電専門店運営事業」「キャリアショップ運営事業」「インターネット事業」「海外事業」を軸とし事業を展開している。完全子会社のシグニは、医療機

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース