M&Aニュース

東京海上HD、サウジアラビアの生損保会社の株式売却へ

更新日:

東京海上ホールディングス株式会社(8766)は、子会社である東京海上日動火災保険株式会社(東京都千代田区)が保有するサウジアラビアの生損保会社Arabian Shield Cooperative Insurance Company(以下「AS社」)の全株式を同国のアルインマ銀行に売却することで合意した。

東京海上ホールディングスは2012年にアルインマ銀行と共同出資でAlinma Tokio Marine Company(以下「ATMC社」)を設立、東京海上日動火災保険株式会社がATMC社の28.75%の株式を保有し、サウジアラビアにおいて生損保事業を展開してきた。

その後、ATMC社の事業展開についてアルインマ銀行と協議を重ねた結果、2023年11月に同社とサウジアラビアの生損保会社であるAS社との合併を行った。
現在、東京海上日動火災保険株式会社がAS社株式の5.75%を所有し、同社を通じた生損保事業を行っている。

今般、資本効率の向上を目的とした事業ポートフォリオ最適化の一環として、東京海上日動火災保険株式会社が保有するAS社の全株式をアルインマ銀行に売却することで合意した。

・今後の予定
サウジアラビア規制当局の承認を前提とし、2023年度中に完了する予定。

保険・保険代理店、保証サービス業界のM&A・事業承継の動向はこちら

保険・保険代理店、保証サービス業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、保険・保険代理店、保証サービス業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

東京海上ホールディングスに関連するM&Aニュース

東京海上ホールディングス、ギャップ医療保険を扱う米国の保険総代理店を買収へ

東京海上ホールディングス株式会社(8766)は、グループであるHCCInsuranceHoldings,Inc.(米国テキサス州、以下TMHCC社)を通じて、保険総代理店GulfGuarantyEmployeeBenefitServices,Inc.(米国ミシシッピ州、以下GGEBS社)を買収することについて売買契約を締結した。東京海上ホールディングスは、損害保険事業、生命保険事業、海外保険事業な

アニコムホールディングスと東京海上日動火災保険が資本業務提携へ

アニコムホールディングス株式会社(8715)および東京海上日動火災保険株式会社(東京都千代田区、以下東京海上日動)は、資本業務提携契約を締結した。アニコムホールディングスは、グループにてペットの損害保険事業等を行っている。東京海上日動は、損害保険、業務・事務の代行、確定拠出年金の運営管理、自動車損害賠償保障事業管理を行っている。両社は、ペット防災領域において提携しサービス開発を進めていたが、さらに

東京海上HD、デジタル完結型の保険を提供するbolttechと資本業務提携締結

東京海上ホールディングス株式会社(8766)は、bolttechHoldingsLimited(シンガポール)と資本業務提携契約を締結した。東京海上ホールディングスは、東京海上グループの保険持株会社。損害保険・生命保険・証券専門の会社、保険業を営む外国の会社、そのほか子会社の経営管理などを行っている。bolttechHoldingsLimitedは、保険提供プラットフォームを通じ、デジタル完結型の

東京海上ホールディングス、連結子会社を通じ台湾の保険会社の株式追加取得、孫会社化へ

東京海上ホールディングス株式会社(8766)は、連結子会社である東京海上日動火災保険株式会社(東京都千代田区)を通じ、新安東京海上產物保險股份有限公司(台北市、新安東京海上)の株式を追加取得することで、孫会社化することを決定した。東京海上日動の議決権所有割合は、48.94%から50.18%となる。取得価額は、7,375百万台湾元(33,897百万円)。東京海上HDは、保険持株会社として損害保険会社

東京海上HD、「バリューカフェテリア®システム」を開発したバリューHRと資本業務提携

東京海上ホールディングス株式会社(8766)は、株式会社バリューHR(6078)と、ヘルスケア分野における新しい商品・サービス開発に向けて資本業務提携を行うことを決定した。東京海上HDは、保険持株会社。バリューHRは、各種健康管理サービス(ICT面談など)、「バリューカフェテリア®システム」の提供、健康保険組合の設立支援・人材派遣事業を展開している。本提携により、東京海上HDは、独自開発した健康管

この記事に関連するタグ

「事業ポートフォリオ・選択と集中・カーブアウト・株式譲渡・クロスボーダーM&A」に関連するコラム

カーブアウトとは?メリットや課題、進め方、企業事例を紹介

M&A全般
カーブアウトとは?メリットや課題、進め方、企業事例を紹介

~ある上場企業の経営企画部長の悩み~社長から「事業ポートフォリオ見直しに着手せよ」という指示を受けました。選択と集中は不可欠で、子会社や事業の切離し(カーブアウト)も視野に入れたいと社長は力説します。しかし、当社は買収実績があっても売却はほとんどしたことがない。さて、どうしたものか・・・。近年、事業ポートフォリオの見直しに伴う、グループ会社や事業の切り離し、つまりカーブアウトの動きが加速しています

事業ポートフォリオとは?作成するメリットや手順や最適化のコツを紹介

経営・ビジネス
事業ポートフォリオとは?作成するメリットや手順や最適化のコツを紹介

事業ポートフォリオとは、企業が運営しているすべての事業を組み合わせて可視化したものです。事業ポートフォリオを作成すれば、それぞれの事業の収益性や成長性などを確認しやすくなります。本記事では事業ポートフォリオを作成するメリット、作成手順、事業ポートフォリオを最適化するためのポイントなどについて解説します。@sitelink事業ポートフォリオとは事業ポートフォリオとは、企業の事業を一覧化したものを指し

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

事業売却とは?会社売却との違い、メリット・デメリットを解説

M&A全般
事業売却とは?会社売却との違い、メリット・デメリットを解説

複数の事業を展開する中で、不採算部門を整理し、主力事業へ経営資源を集中するなど、事業戦略の見直しを迫られる場合があります。このような場面で活用されるのが、事業売却です。事業売却は組織再編において有効な方法ですが、その特徴を十分に理解しておかなければ、かえってマイナスの効果を生みかねません。本記事では、事業売却の概要、メリット・デメリットなどをご紹介します。日本M&Aセンターでは、事業売却をはじめ、

今さら聞けない「PBR1倍割れ」とは?日本企業がとるべき対策は?

経営・ビジネス
今さら聞けない「PBR1倍割れ」とは?日本企業がとるべき対策は?

2023年3月、東京証券取引所(東証)から「資本コストや株価を意識した経営の実現に向けた対応等に関するお願いについて」が発表され、上場企業の多くで「PBR1倍割れ」が起きていること、資本収益性や成長性の観点で課題があることなどが指摘されました。東証が上場企業に対してこのような積極的な要請を行うのは異例として、大きな話題となりました。そして、東証が指摘したさまざまな課題のなかでも、特に注目を集めてい

事業ポートフォリオ変革をバックアップ!M&A仲介最大手による上場企業向け新サービスとは

M&A全般
事業ポートフォリオ変革をバックアップ!M&A仲介最大手による上場企業向け新サービスとは

日本M&Aセンターが上場企業の事業ポートフォリオ変革を多数お手伝いしていること、ご存じでしょうか。このたびサービスラインナップの拡充とともに、事業ポートフォリオの総合分析と個別事業に関するカーブアウト分析の簡易版について、無料でご提供を開始しました。専門チームを率いる西川大介成長戦略開発センター長に、どのようなサービスなのかを聞きました。日本M&Aセンター成長戦略開発センターのコンサルタントたち@

「事業ポートフォリオ・選択と集中・カーブアウト・株式譲渡・クロスボーダーM&A」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年1月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード