コラム

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A

⽬次

[表示]


日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。

中小企業経営のバイブル

中小企業白書は閣議決定後の2022年4月26日に公表されました。中小企業の動向を報告する今年の白書は「事業者の自己変革」がテーマになりました。新型コロナや原材料価格の高騰などに揺れる中小企業の経営環境を調査、分析した内容となっています。中小企業の経営者や関係団体にとって必読書で、今夏には出版も予定されています。

2022年版中小企業白書はこちら(中小企業庁)

M&A交渉をフルリモート

白書第2部「新たな時代へ向けた自己変革力」における第2章「企業の成長を促す経営力と組織力」の事例として掲載された海外案件は、大阪府八尾市の非鉄金属製造業「STG」が2021年にマレーシア・ジョホールバルの同じく非鉄金属製造業「STX」社の株式を取得したM&Aです。コロナ禍の渡航制限下で約半年間という異例のスピードで完結した海外M&A交渉は、日本とマレーシアを行き来することなく、ウェブ会議を活用しました。中国やタイなど海外展開を積極的に推し進めてきた佐藤輝明社長の決断力や同社の情報収集力、M&A支援機関などのバックアップ態勢などが成功の大きな要因になりました。ウェブ面談や交渉は数十回を数えました。

マグネシウムダイカスト製品
STG社のマグネシウムダイカスト製品

中小企業がクロスボーダーM&Aに取り組む時代に

M&Aをサポートした日本M&Aセンターマレーシア現地法人の尾島悠介マネージングダイレクターは「現状、海外M&Aの買い手は上場企業や中堅企業が多い中で本件は日本の中小企業がM&Aで海外進出する成功事例となりました。これからも本件のように日本の中小企業がM&Aで海外進出と事業拡大ができるように貢献していきます」と話しました。

日本M&Aセンター 海外M&A支援サイトはこちらから

この記事に関連するタグ

「買収・株式譲渡・M&A・インアウト・FA・プライベートエクイティ・成長戦略」に関連するコラム

「本当にM&Aでこんなことできるのか」 わずか1年足らずで経営者の悩みを克服した住宅メーカー「サンオリエント」

広報室だより
「本当にM&Aでこんなことできるのか」  わずか1年足らずで経営者の悩みを克服した住宅メーカー「サンオリエント」

多くの中小企業の経営者は会社の発展と従業員の雇用の安定を常に考えながら、一人で重責を背負い込み、先行き不安のなかで事業の舵取りを担っています。岡山市の住宅メーカー「サンオリエント」の創業者である磯﨑慎一取締役社長は2022年2月、日本有数の高級住宅街として知られる兵庫県芦屋市で成長する住宅メーカー「髙翔」のグループ入りを選びました。磯﨑社長は50代前半ながらM&Aを決断した背景にも、事業の発展と雇

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

「子供には好きなことをやってほしい」M&A成約式で家族の想いも引き継いだ人気洋菓子店プラチノ

広報室だより
「子供には好きなことをやってほしい」M&A成約式で家族の想いも引き継いだ人気洋菓子店プラチノ

中小企業の経営者の多くは、会社の行く末、従業員の雇用や働き方など、重たい責任を一人で背負い孤独に戦っています。その孤独な闘いを支えるのが家族です。東京都世田谷区で地域に密着した洋菓子店2店舗を経営する有限会社プラチノの代表取締役田勢克也氏は、25歳でプラチノを設立し32年間先頭に立って会社経営を行ってきました。そして、設立32年目を迎える2022年4月11日、製菓メーカー株式会社ホワイエに譲渡しま

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

「成功事例として社会に語られるM&Aにしたい」 夢と未来をつなぐM&A成約式

広報室だより
「成功事例として社会に語られるM&Aにしたい」 夢と未来をつなぐM&A成約式

テック企業の未来とベンチャー企業の夢が結ばれました。特許技術を誇るWEBプッシュ通知サービス「COINs」を手掛ける株式会社シグニティ(東京都台東区)とIT支援や営業代行など多角化経営で成長する株式会社Road(東京都江東区)がM&Aを締結しました。「令和を代表する企業を創る」との目標を掲げるRoadはベストベンチャー100にも選ばれており、経営者は平成生まれで若さと勢いがある企業です。テレビ局や

アジア最大級の食品・飲料総合展示会「FOODEX JAPAN2022」に日本M&Aセンターが初出展

広報室だより
アジア最大級の食品・飲料総合展示会「FOODEX JAPAN2022」に日本M&Aセンターが初出展

日本とアジア、世界をつなぐ国際食品・飲料総合展示会「FOODEXJAPAN2022(第47回国際食品・飲料展)」が2022年3月8日に千葉市の幕張メッセで開幕しました。アジア最大級の食品・飲料総合展示会に今回、日本M&Aセンター食品業界支援室が初出展しました。展示会では“食”に関わる最新情報や新サービスがお披露目され、4日間のイベントには国内外の1,500社以上の約1,600ブースが一堂に会しまし

「買収・株式譲渡・M&A・インアウト・FA・プライベートエクイティ・成長戦略」に関連する学ぶコンテンツ

「買収・株式譲渡・M&A・インアウト・FA・プライベートエクイティ・成長戦略」に関連するM&Aニュース

住友林業、豪州でランドスケープ事業を展開するRegal Innovationsの株式取得、子会社化

住友林業株式会社(1911)は、RegalInnovationsPtyLtd(オーストラリア、Regal)の株式51%を取得し子会社化した。住友林業は、資源環境、木材建材、海外住宅/不動産、住宅/建築業、生活サービス事業を行っている。豪州主要都市では、2009年から住宅事業を展開している。Regalは、ニューサウスウェールズ州を中心に商業・公共施設の外構や緑地帯・公園の設計・施工等を行うランドスケ

カラーコンタクトブランド「DollColor」の3GEM、ARCOCOのカラーコンタクト事業を譲受

株式会社3GEM(東京都中央区)は、株式会社ARCOCO(大阪市都島区)よりカラーコンタクト事業を譲り受けた。買収金額は非公開。3GEMは、カラーコントタクトの販売・製造・企画などを行っている。カラーコンタクトブランド「DollColor・ドールカラー」を展開している。ARCOCOは、コンタクトレンズ販売、飲料製品販売などを行っている。カラーコンタクトブランド「ARCOCO」を展開している。本件M

日本物流未来投資、EMCの全株式を譲受

SBSホールディングス株式会社(2384)と株式会社日本政策投資銀行(東京都千代田区)が共同運営する日本物流未来投資事業有限責任組合(東京都新宿区)は、株式会社EMC(東京都千代田区)との間で株式譲渡契約を締結し、全株式を譲受けた。日本物流未来投資は、事業継承や人手不足問題に不安を抱えた全国の中堅・中小物流事業者を支援する投資組合。EMCは、物流設計、システム開発、倉庫手配、人員手配、マテハン導入

Chorus Call Asia、IRイベント支援を行うイー・アソシエイツを完全子会社化

ChorusCallAsia株式会社(東京都中央区、CCA)は、イー・アソシエイツ株式会社(東京都千代⽥区)の発⾏済み全株式を取得し、完全子会社化した。CCAは、ビデオ会議・ウェブ会議・配信サービスなど各種コミュニケーション、クラウドサービスの提供を行っている。イー・アソシエイツは、IRイベント(電話・Web)支援、株主総会支援、IR専門翻訳サービスの提供を行っている。本件M&Aにより、CCAは、

アルコニックス、リチウムイオン電池向け金属部品を扱うソーデナガノの株式取得、連結子会社化へ

アルコニックス株式会社(3036)は、株式会社ソーデナガノ(長野県岡谷市)の株式を取得し、連結子会社化することを決定した。取得価格は、デューデリジェンス費用等も含め約8,837百万円。アルコニックスは、非鉄金属およびレアメタル、レアアース等の製品並びに原材料等の輸出、輸入および国内販売を行っている。ソーデナガノは、リチウムイオン電池向け金属プレス部品製造、金型設計製作、機械装置製造を行っている。本

ダイヤモンドエレクトリックHD、金型設計・製造を行うクラフトの全株式取得、完全子会社化へ

ダイヤモンドエレクトリックホールディングス株式会社(6699)は、株式会社クラフト(東京都西多摩郡瑞穂町)の全株式を取得し、完全子会社化することを決定した。取得価額は、237.64百万円。ダイヤモンドエレクトリックHDは、自動車機器事業、電子制御機器事業、附帯関連する一切の事業を行う子会社等の経営管理およびそれに附帯又は関連する業務を行っている。クラフトは、金型設計・製造、プラスチック成型部品試作

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース