コラム

「本当にM&Aでこんなことできるのか」 わずか1年足らずで経営者の悩みを克服した住宅メーカー「サンオリエント」

広報室だより
更新日:

⽬次

[表示]

多くの中小企業の経営者は会社の発展と従業員の雇用の安定を常に考えながら、一人で重責を背負い込み、先行き不安のなかで事業の舵取りを担っています。岡山市の住宅メーカー「サンオリエント」の創業者である磯﨑慎一取締役社長は2022年2月、日本有数の高級住宅街として知られる兵庫県芦屋市で成長する住宅メーカー「髙翔」のグループ入りを選びました。磯﨑社長は50代前半ながらM&Aを決断した背景にも、事業の発展と雇用の安定をどう実現していくかという中小企業のオーナー社長が抱える悩みがありました。

経営者として悩みながら、ひらめいたM&A

「経営者としてなかなか良い解決策が見つからない時にM&Aがキーワードになった。自分がトップから一歩下がることで可能性が広がるのではないか」と考えたそうです。M&Aの検討からわずか1年足らずでお互いの強みを発揮できる“経営パートナー”を得て、新しいスタートを踏み出しました。サンオリエントは一級建築士の磯﨑社長が2003年に創業。耐久性と空間デザインの自由度が高い、いわゆる「打ちっぱなし」と総称される鉄筋コンクリート造のRC住宅の設計と施工に強みを持っていました。従業員3人ながら売上は約4億円と少数精鋭の技術者集団として確かな技術を誇り、「まちの成長を支える卓越した技術と人間性の追求」を経営理念にしてきました。一方で「やっぱり技術畑の人間として営業面が弱かった。ここ数年の売上は横ばいで頭打ちを感じていた」と振り返り、自社の課題と向き合い続けてきました。

技術力と営業力を掛け合わせたマッチング

事業の発展と従業員の生活を守るためM&Aの相手候補選びを日本M&Aセンターに依頼しました。M&Aを考え始めてからちょうど一年後の2022年2月15日。岡山市内のホテルで、磯﨑社長は今後の経営パートナーとなる髙翔の中間秀一代表取締役社長らと向き合い、M&A成約式に臨みました。

髙翔は芦屋エリアを中心に、注文住宅や建売販売を手掛け、不動産売買など住居に関わる事業を多角的に展開し、自慢の営業力と情報発信力で成長を続けている会社です。成約式で髙翔の中間社長は「サンオリエントは一言で言えば技術力の結晶。日本中探してもRC住宅を造るノウハウと技術はなかなかない」と企業価値を説明し、「髙翔の営業力を足すことで両社に化学反応が起こり、どこまでも可能性を広げていける」と確かな将来性を語りました。

阪神・淡路大震災の経験から芦屋エリアでは耐震性と耐久性に優れ、設計の自由度も高いRC住宅への高い需要が見込まれます。高翔にとっても大手住宅メーカーとの競争で差別化を図る一手となり、木造や軽量鉄骨造が第一候補となる顧客に対して新たな選択肢の提供につながります。M&Aによってサンオリエントの技術力と髙翔の営業力が掛け合わせることで、岡山と芦屋エリアでの両社の事業拡大も期待できます。

わずか1年で経営者の悩みを克服したM&A

M&A成約式で磯﨑社長は「思い付いてから約一年で、こんな形でM&Aができて意外だった。本当にこんなことできるんだなと。先行き不安を抱えている中小企業の経営者にM&Aの手法が広がり、新しい可能性を伝えられるように一緒に事業を発展させていきたい」と語りました。代表権は持たないものの創業者として引き続きサンオリエントの事業を担い、髙翔との新しい組織体制で事業に専念されます。

成長への期待から高揚感に包まれた成約式には地元メディアも取材に訪れ、両社にとっても忘れられない記念日となりました。曇天だった空模様も式後には光が差し込み、今後の両社の歩みを照らしているようでした。

日本M&AセンターのM&A成功事例インタビューはこちら

著者

M&A マガジン編集部

M&A マガジン編集部

日本M&Aセンター

M&Aマガジンは「M&A・事業承継に関する情報を、正しく・わかりやすく発信するメディア」です。中堅・中小企業経営者の課題に寄り添い、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・M&A・成長戦略・PMI」に関連するコラム

【M&A成約式】 上場企業とのM&Aで生産力向上、メイドインジャパンの製品力で成長促進へ

広報室だより
【M&A成約式】 上場企業とのM&Aで生産力向上、メイドインジャパンの製品力で成長促進へ

「メイドインジャパンの製品を世界に発信したい」という思いが合致したM&Aとなりました。野菜調理器製造事業を行う株式会社ベンリナー(以下、ベンリナー、山口県岩国市)は、印刷品製造業を営む三光産業株式会社(以下、三光産業、東京都)と資本提携を結びました。両社は、2022年12月22日、広島県内のホテルにてM&A成約式を執り行いました。握手を交わす三光産業株式会社代表取締役社長執行役員石井正和氏(左)と

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

25社譲受して成長するハシダ技研工業の「M&Aは人助け」の凄み

広報室だより
25社譲受して成長するハシダ技研工業の「M&Aは人助け」の凄み

「M&Aは人助け」を信条に2008年から2022年までの間、買い手企業として計25社を譲受した大阪市のハシダ技研工業株式会社。火力発電所に使用されるガスタービン部品は高い技術力から、ゼネラル・エレクトリック(GE)社や三菱重工業など名だたる企業を取引先に持ち、自動ドアの自社ブランドも好調な製造業のグループ企業です。後継者のいない製造業を譲り受けながら成長を果たしています。事業はグループ売上高200

買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

M&A全般
買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要、メリット、進める流れについてご紹介してまいります。買収とは「買収」とは、他の企業の株式取得を通じて、経営権を獲得することを指します。新たに自社で事業を立ち上げる場合に比べて、既にその事業分野で実績のある企業を取得するため、スピーディーに展開できる点が特徴です。買収をご検討の方は、希望条件(地

会社売却とは?メリットや注意点、売却までの流れを解説

M&A全般
会社売却とは?メリットや注意点、売却までの流れを解説

会社売却を行うにあたって押さえておきたいポイントは複数存在します。本記事では会社売却のメリットや注意点、売却額の算出方法、会社売却を進める流れについてご紹介します。会社売却とは?会社売却とは、会社の事業や資産を第三者に売却して対価を受け取るプロセスを指します。会社売却が検討されるケースとしては、経営を引き継ぐ人材がいない「後継者不在」、業界の再編などで事業の先行きに対する不安、あるいは大手傘下に入

【開催レポート】宮古島で日本M&A協会「成約事務所カンファレンス」

広報室だより
【開催レポート】宮古島で日本M&A協会「成約事務所カンファレンス」

日本M&Aセンターと全国の会計事務所で構成される日本M&A協会は2023年10月27日から29日に、「宮古島オータムツアー2023」を沖縄県の宮古島で開催しました。2022年に日本M&Aセンターにおいて顧問先をM&A成約に導いた全国の58事務所から計79人が参加。オータムツアーは成約事務所カンファレンスや懇親会、大自然を満喫する観光ツアーやゴルフコンペなど充実したプログラムが準備され、参加者はリゾ

「株式譲渡・M&A・成長戦略・PMI」に関連する学ぶコンテンツ

「株式譲渡・M&A・成長戦略・PMI」に関連するM&Aニュース

日本エコシステム、テッククリエイトの全株式取得へ

日本エコシステム株式会社(9249)は、株式会社テッククリエイト(石川県金沢市)の全株式を取得し、グループ化することに関し、株主との間で株式譲渡契約を締結することを決定した。日本エコシステムは、環境、公共サービス、交通インフラに関する事業を行う。テッククリエイトは、北陸三県の鉄道線路・施設の保守点検、石川県内の工場・商業施設・公共施設などの給排水衛生設備、空調設備工事等を行う。テッククリエイトのグ

日本創発グループ、キョーコロの全株式をアールエフへ譲渡

株式会社日本創発グループ(7814)は、持分法適用の非連結子会社である株式会社キョーコロ(東京都葛飾区)の全株式を、株式会社アールエフ(東京都葛飾区)へ譲渡することを決定し、株式譲渡契約を締結した。なお、本株式譲渡によりキョーコロは、日本創発グループの持分法適用の範囲より除外され、特定子会社ではなくなる。日本創発グループは、DTP大手の印刷会社。印刷事業をはじめITメディアを組み合わせたセールスプ

電材グループのDENZAI、中島運輸機工を完全子会社化

DENZAI株式会社(東京都港区)は、中島運輸機工株式会社(島根県出雲市)の発行済全株式を取得し、完全子会社化した。DENZAIは、クレーン・特殊車両リース大手の株式会社電材重機(北海道室蘭市)を基に構成された電材グループの中間管理会社。グループの戦略策定ならびに経営管理、および技術研究開発業務を行っている。中島運輸機工は、クレーンリース、運送、機工の3事業を展開する山陰地方で最大級のクレーンリー