M&Aニュース

シダックス(4837)、米国子会社の持分の一部を譲渡

シダックス株式会社(4837)は、連結子会社であるRestaurant Hospitality, LLC(RH)の持分の一部を米国でレストラン及びケータリング事業を営むDNC Landmark Holdings, LLCに譲渡する。シダックスの議決権所有割合は、85.00%から20.00%となる。

食品製造業界のM&A

本件持分譲渡に伴い、Restaurant Hospitality, LLC及びその連結子会社Patina Restaurant Group,LLC 他LLC 事業子会社等17 社はシダックスの連結子会社より除外されることとなり、いずれも持分法適用関連会社となる。

シダックスグループは、持分法適用関連会社としてRHの一部持分の保有を継続し、国内におけるスペシャリティレストラン事業の強化を図るとともに、DNCグループとの友好的なビジネス関係を構築し、シダックスグループ及びDNCグループの更なる発展を目指す。

今後のスケジュール
持分譲渡実行日 平成26年3月下旬

飲食(配達・テイクアウト・給食等)業界のM&A・事業承継の動向はこちら

この記事に関連するタグ

この企業に関連するM&Aニュース

シダックス、連結子会社シダックス中伊豆ワイナリーヒルズの全株式を志太HDに譲渡へ

シダックス株式会社(4837)は、連結子会社であるシダックス中伊豆ワイナリーヒルズ株式会社(東京都調布市)の全株式を、志太ホールディングス株式会社(東京都千代田区)に譲渡することを決定した。中伊豆ワイナリーの事業に関連する固定資産も譲渡する。本件に伴い、中伊豆ワイナリーは連結子会社から除外される。シダックスは、フードサービスを中心に、売店、車両運行管理などの業務を一括受託するトータルアウトソーシン

シダックス、エステティック事業を行う連結子会社の全株式を新日本ライフデザインに譲渡へ

シダックス株式会社(4837)は、連結子会社であるシダックスビューティーケアマネジメント株式会社(東京都調布市、SBC)の全株式を新日本ライフデザイン株式会社(宮城県仙台市、新日本社)に譲渡することを決定した。なお本件に伴い、SBCは連結子会社から除外されることとなる。譲渡価額は、2百万円。シダックスは、子会社への経営指導および間接業務の受託(持株会社)、子会社を通じて以下の事業を展開、エスロジッ

シダックス(4837)、調剤薬局最大手グループアインホールディングス(9627)へ事業譲渡

シダックス株式会社(4837)は、株式会社アインホールディングス(9627)との間で営業開発等に関する業務提携を行うこと及び連結子会社であるシダックスアイ株式会社(東京都調布市、SI社)の全株式をアインHDに譲渡することを決定した。シダックスは、フードサービス事業、車両運行管理事業及び社会サービス事業を自社グループの基幹事業として選択と集中を行うことで、事業ポートフォリオを再構築している。SI社は

シダックス(4837)、レストランカラオケ事業において「カラオケ館」運営のB&Vと資本業務提携

シダックス(4837)は、レストランカラオケ事業において、株式会社B&V(東京都新宿区)と資本業務提携を締結することを決定した。シダックスは、レストランカラオケ事業展開の連結子会社であるシダックス・コミュニティー株式会社(東京都調布市)の持分81%および保有する同社への債権全額をB&Vへ譲渡する。シダックスは、大型エンターテイメント・レストラン・通信カラオケハウスの運営等を行っている。カラオケボッ

「クロスボーダーM&A・グループ内再編・株式譲渡」に関連するコラム

Withコロナ時代、加熱するベトナムクロスボーダーM&A

海外M&A
Withコロナ時代、加熱するベトナムクロスボーダーM&A

こんにちは、3カ月ぶりの出社(外出)できるようになりました日本M&Aセンター・ベトナムの渡邊です。コロナ防疫に成功を収めていた優等生のベトナムですが、2021年5月以降コロナ変異株が猛威を奮いはじめ、直近3カ月の7月~9月は、生活必需品の購入ですら外出が禁止されるという厳しいロックダウン規制が導入されました。9月上旬にはピークを迎え、1日あたりのコロナ新規感染者数が1万5,000人、同死亡

ASEANの大国インドネシア、成長戦略としてのM&A

海外M&A
ASEANの大国インドネシア、成長戦略としてのM&A

日本M&Aセンターインドネシア駐在員事務所は、シンガポールに次ぐ第2の拠点として、2019年10月に開設されました。今回は将来のGDP大国として、ASEANの中でも特に大きい成長・市場拡大が期待されるインドネシアへのM&Aについてご紹介します。(※本記事は2021年10月に執筆されました。)新型コロナの現状この原稿を執筆しているのは2021年10月末ですが、インドネシアでは2021年6月~8月にか

M&A対象国としての魅力が多いマレーシア

海外M&A
M&A対象国としての魅力が多いマレーシア

日本M&Aセンターのマレーシア拠点は、新型コロナウイルスの影響が大きく出始めた2020年3月に、4番目の海外拠点として開設されました。ロックダウンや渡航制限の影響を大きく受けながらも、2021年は既に成約件数が4件となり、当社の海外拠点では年間ベースで最大の成約件数となりました。マレーシアは、日本の中堅・中小企業が海外進出するために適した環境が広がっています。今回は、ASEANではシンガポールに次

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

東南アジアM&A最前線:シンガポールから

海外M&A
東南アジアM&A最前線:シンガポールから

日本M&Aセンターは2016年、シンガポールに初めての海外拠点を設けました。当初は、私が立上げ部隊として1人でスーツケース1つだけで現地に移住し、ゼロからの中堅・中小M&Aビジネスを開拓していきました。おかげさまで現地でも我々のサービスは受け入れられ、実績を積み上げ事業も拡大し、現在は10人ほどのメンバーで活動をしております。今回は、そんなシンガポールの中堅・中小M&A最新事情を現場の視点でお送り

過渡期にある中所得国の罠「タイ王国」

海外M&A
過渡期にある中所得国の罠「タイ王国」

まずタイ王国における2月初旬時点での新型コロナの感染状況は、感染者数は増加傾向(※)にありますが、タイ政府は新型コロナとの共存へ舵を切り始めました。※2022年2月執筆時の情報中所得国の罠とは中所得国の罠(Middle-IncomeTrap)は2007年に世界銀行のレポートである「東アジアのルネッサンス」(AnEastAsianRenaissance-IdeasforEconomicGrowth)

「クロスボーダーM&A・グループ内再編・株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2014年2月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728

月別M&Aニュース

注目ニュースワード