コラム

【連載】「伸びる企業の買収戦略」買収交渉で失敗しないための3つのポイント

M&A全般
更新日:

⽬次

[表示]

買収交渉で失敗しないための3つのポイント

日本M&Aセンターの新刊書籍『伸びる企業の買収戦略―実録 中堅・中小M&A成功事例の徹底解剖!』が発売されました(2023年9月13日ダイヤモンド社より発行)。
中堅・中小企業向けに買収戦略の考え方や成功パターン、デューデリジェンスやPMIなどのポイント、複数社買収の効果や海外M&Aなどについて、豊富な実例を交えて解説した「譲受企業(買い手)」向けの実践的な入門書です。

M&Aマガジンでは、全4回にわたって本書の内容の一部をご紹介していきます。前回は「M&Aの6類型」を取り上げました。第2回は買収交渉でのポイントについて見ていきます。

『伸びる企業の買収戦略―実録 中堅・中小M&A成功事例の徹底解剖!』を試し読み
今なら「お試し版」で第1章をまるごと試し読みしていただけます。
内容をとりあえず見てみたい方、M&Aに興味がある方、ぜひご利用ください。

そもそも「案件化」されているかの確認を

本書では、「譲受企業(買い手)」企業向けにM&Aの本格的な交渉の流れや注意点について解説しています。なかでも重要な初期段階のポイントの一つが「案件化」です。

「案件化」とは、譲渡意思や条件等を明確にする重要なプロセスです。日本M&Aセンターでは、案件化にあたって、譲渡企業(売り手)企業から着手金をいただき、綿密な企業調査・企業評価などを行っています。この「案件化」の仕組みが確立したことで、それ以前に比べてM&Aの成約率は大幅にアップしました。

譲渡側(売り手)の意思や企業情報などが“ふわふわした”不確実な案件を避けるため、「案件化」がきちんと行われているのかは大事なポイントになります。

日本M&Aセンターでは、約1500件の「M&A案件」の情報をWeb上に掲載しています。企業評価や詳細なインタビューをし、社内の専門家のレビューを経て「案件化」しているので、安心してご検討いただけます。ぜひご参照ください。

トップ面談は「お見合い」。失敗しないために気を付けること

案件を見極め、交渉に進んでいくことになったら、譲渡側(売り手)企業の社長との「トップ面談」が待っています。トップ面談は、譲渡側(売り手)と譲受側(買い手)のトップ同士と、仲介者のM&Aコンサルタントの三者のみで秘密裏に行われます。

M&Aは「結婚」に、トップ面談は「お見合い」の初回の顔合わせにたとえられます。譲受側(買い手)側に資金や統合プランが十分あっても、当日の態度や会話の印象から、話が流れてしまうこともあるので、気を付けたいものです。

本書では、事前に調べておくべきこと、当日のトップ面談の場で気を付けるポイント、代表的な失敗事由などを分かりやすくまとめています。以下の図はその一部です。気になる方は、ぜひ本書を実際に手に取って、第3章を読んでみてください。

トップ面談のポイント
(出典:『伸びる企業の買収戦略―実録 中堅・中小M&A成功事例の徹底解剖』125頁)

譲渡側(売り手)の気持ちは冷めやすい。DD(デューデリジェンス)はスピーディに。

交渉段階の3つ目のポイントが、DD(デューデリジェンス)です。DDは、財務面や法務面、不動産価値やビジネスの実態や事業環境などについて精査する、M&Aに必須のプロセスです。

このとき注意すべきなのが、譲渡側(売り手)と譲受側(買い手)の心境変化の違いです。

譲受側(買い手)は、DDを経て譲渡企業についてより詳しく精査していくなかで買収の意思がより固まっていく、気持ちが高まっていくのに対し、譲渡側(売り手)は反対に「マリッジ・ブルー」のような心境に陥ってしまう場合があります。

DDは必要な監査とはいえ、調査される側である譲渡オーナーにとっては必ずしも心地がよい作業ではありません。DDが始まるころからしだいにモチベーションが低下していったり、「本当にこのまま譲渡してしまっていいのだろうか」と気持ちに迷いが生じてくるといったことがよく見られます。

買収とその後の統合を考えても、センシティブな譲渡側(売り手)の心境の変化にも心を配りつつ、スピーディに、要領よくDDを進めるのがとても大切です。

本書では、譲受側(買い手)のDD担当者の選び方や心得などをコンパクトにまとめています。

『伸びる企業の買収戦略―実録 中堅・中小M&A成功事例の徹底解剖!』を無料で試し読みできます

書籍イメージ

このコラムでご紹介した日本M&Aセンターの新刊、 『伸びる企業の買収戦略―実録 中堅・中小M&A成功事例の徹底解剖!』 を、今なら 第1章まるごと無料で試し読み していただけます。

どんな内容か少し気になる、M&A・買収に興味がある、あるいはM&A・買収に関わっている、そんな方々はぜひご利用ください。
「お試し版」はこちらの専用ページよりダウンロードいただけます。

プロフィール

M&A マガジン編集部

M&A マガジン編集部

日本M&Aセンター

M&Aマガジンは「M&A・事業承継に関する情報を、正しく・わかりやすく発信するメディア」です。中堅・中小企業経営者の課題に寄り添い、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

この記事に関連するタグ

「買収・デューデリジェンス・伸びる企業の買収戦略」に関連するコラム

【連載】「伸びる企業の買収戦略」買収成功のロードマップ 『100日プラン』

【連載】「伸びる企業の買収戦略」買収成功のロードマップ 『100日プラン』

日本M&Aセンターの新刊書籍『伸びる企業の買収戦略―実録中堅・中小M&A成功事例の徹底解剖!』が発売されました(2023年9月13日ダイヤモンド社より発行)。中堅・中小企業向けに買収戦略の考え方や成功パターン、デューデリジェンスやPMIなどのポイント、複数社買収の効果や海外M&Aなどについて、豊富な実例を交えて解説した「譲受企業(買い手)」向けの実践的な入門書です。M&Aマガジンでは、全4回にわた

【連載】「伸びる企業の買収戦略」失敗するPMIの4つの落とし穴

【連載】「伸びる企業の買収戦略」失敗するPMIの4つの落とし穴

日本M&Aセンターの新刊書籍『伸びる企業の買収戦略―実録中堅・中小M&A成功事例の徹底解剖!』が発売されました(2023年9月13日ダイヤモンド社より発行)。中堅・中小企業向けに買収戦略の考え方や成功パターン、デューデリジェンスやPMIなどのポイント、複数社買収の効果や海外M&Aなどについて、豊富な実例を交えて解説した「譲受企業(買い手)」向けの実践的な入門書です。M&Aマガジンでは、全4回にわた

【連載】「伸びる企業の買収戦略」中堅・中小企業の買収戦略、6つの「型」とは?

M&A全般
【連載】「伸びる企業の買収戦略」中堅・中小企業の買収戦略、6つの「型」とは?

日本M&Aセンターの新刊書籍『伸びる企業の買収戦略―実録中堅・中小M&A成功事例の徹底解剖!』が発売されました(2023年9月13日ダイヤモンド社より発行)。中堅・中小企業向けに買収戦略の考え方や成功パターン、デューデリジェンスやPMIなどのポイント、複数社買収の効果や海外M&Aなどについて、豊富な実例を交えて解説した「譲受企業(買い手)」向けの実践的な入門書です。M&Aマガジンでは、全4回にわた

人気セミナー買収の参観日 デューデリジェンス編

広報室だより
人気セミナー買収の参観日 デューデリジェンス編

M&Aの買い手企業として知っておきたい考え方やテクニックを紹介する日本M&Aセンターの人気オンラインセミナー「買収の参観日~はじめてのM&Aを考えてみよう」が2021年9月10日に開催されました。4回目の今回はM&Aを成功させるために欠かせないデューデリジェンス(DD、企業精査)を中心に、当社の営業部にて部長を務める川畑勇人が解説しました。売り手企業の実態を知るためのデューデリジェンスM&Aのステ

TOB(株式公開買付け)とは?目的や流れ、企業事例を解説!

M&A全般
TOB(株式公開買付け)とは?目的や流れ、企業事例を解説!

東京証券取引所の市場再編やPBR(株価純資産倍率)改善要請を背景に、成長を意識した買収、上場企業へのTOB(株式公開買い付け)の動きが活発化しています。本記事ではTOBの概要や主な流れ、メリット、企業事例をご紹介します。日本M&Aセンターでは、M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらTOB(株式

コングロマリットとは?メリットや企業事例を紹介

M&A全般
コングロマリットとは?メリットや企業事例を紹介

不透明な時代を生き抜くための戦略として、コングロマリット型経営は注目されており、国内ではその動きが活発化しています。本記事では、コングロマリットの特徴やメリットなどについて解説していきます。日本M&Aセンターでは、M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらコングロマリットとはコングロマリット(co

「買収・デューデリジェンス・伸びる企業の買収戦略」に関連する学ぶコンテンツ

デューデリジェンス(DD)とは?目的や種類をわかりやすく解説

デューデリジェンス(DD)とは?目的や種類をわかりやすく解説

M&A成功の鍵は、取引前に行うデューデリジェンス(DueDiligence)、つまり、事前調査にあります。本記事ではデューデリジェンスの目的、種類、進め方についてわかりやすく解説します。日本M&AセンターではM&Aに精通した公認会計士・税理士・弁護士など専門家を含めた盤石の体制で安全・安心のM&Aをサポート致します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらデューデリジェンスとは

M&Aと会計。種類やスキーム、それぞれの特徴について分かりやすく解説

M&Aと会計。種類やスキーム、それぞれの特徴について分かりやすく解説

M&Aにおいて会計は非常に大きな役割を果たします。具体的には企業価値評価や財務分析といった場面であり、会計の知識がベースとなります。またM&Aによる会計上のインパクトを理解することも有用です。B/SやP/Lに与えるインパクトを考慮した結果、当初検討していたスキームを変更するといったことも十分にあり得ます。そのため会計を理解できれば、M&Aをより深く、広く理解することができるようになるといえます。本

譲渡企業(買収先)の探し方。ロングリスト、ショートリストとは

譲渡企業(買収先)の探し方。ロングリスト、ショートリストとは

M&A仲介会社などパートナーを選定したら、次は買収先、つまり譲渡企業(売り手)を探すステップに移ります。お相手探しは主に2つの方法で行われます。それぞれについて詳しく見てまいりましょう。買収をご検討の方は、希望条件(地域、業種など)を登録することで、条件に合致した譲渡案件のご提案や新着案件情報を受け取ることができます。まずは登録から始めてみませんか?買収希望条件の登録(無料)はこちら譲渡企業の探し

譲受け企業(買い手)がM&Aで押さえておきたいポイントとは?

譲受け企業(買い手)がM&Aで押さえておきたいポイントとは?

一言でM&Aといっても、買収戦略を実行していく譲受企業(買い手)側には様々な目的があります。M&Aの成功に向けて、押さえておきたいポイントを確認していきましょう。【登録無料】買収をご検討の方は、希望条件(地域、業種など)を登録することで、条件に合致した譲渡案件のご提案や新着案件情報を受け取ることができます。まずは登録から始めてみませんか?買収希望条件の登録はこちらM&A実行の目的・メリット一般的に

「買収・デューデリジェンス・伸びる企業の買収戦略」に関連するM&Aニュース

Japan Eyewear Holdings、眼鏡枠製造のタイホウを買収

JapanEyewearHoldings株式会社(5889)は、2024年4月24日開催の取締役会において、以下のとおり、株式会社タイホウ(福井県鯖江市)の株式を取得して子会社化することを決議し、2024年4月24日付で株式譲渡契約を締結した。JapanEyewearHoldingsは、眼鏡フレームの企画・デザイン・製造、中・高価格帯の眼鏡を中心に販売を行う。タイホウは、メタルフレーム、プラスチッ

No.1の子会社、アレクソンがSES事業のアイ・ティ・エンジニアリングを買収

株式会社No.1(3562)の子会社である株式会社アレクソン(大阪府大阪市)は、株式会社アイ・ティ・エンジニアリング(東京都大田区、以下「ITE社」)の発行済株式全てを取得することを決定した。アレクソンは、主に情報セキュリティ機器の開発・製造を手掛けている。ITE社は、SES事業(ITを中心にエンジニアが不足している企業に対し、エンジニア派遣等のサービスを提供する事業)を中心に、ITエンジニアリン

No.1、システム・ソフトウェア開発のOZ MODEを株式交換により子会社化

株式会社No.1(3562)は、No.1を株式交換完全親会社、OZMODE株式会社(東京都渋谷区)を株式交換完全子会社とする株式交換を実施することを決定し、両社間で株式交換契約を締結した。No.1は、セキュリティ商品の製造・販売、OA関連商品販売、情報通信端末販売などを手掛けている。OZMODEは、ITコンサルティング、システム・ソフトウェア開発、WEBコンサルティングを行っている。長期にわたり大

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース