コラム

人気セミナー買収の参観日 デューデリジェンス編

広報室だより

⽬次

[表示]

M&Aの買い手企業として知っておきたい考え方やテクニックを紹介する日本M&Aセンターの人気オンラインセミナー「買収の参観日~はじめてのM&Aを考えてみよう」が2021年9月10日に開催されました。4回目の今回はM&Aを成功させるために欠かせないデューデリジェンス(DD、企業精査)を中心に、当社の営業部にて部長を務める川畑勇人が解説しました。

売り手企業の実態を知るためのデューデリジェンス

M&Aのステップで、買い手企業と売り手企業の双方が合意の意思を確認する基本合意契約締結後に行うのがデューデリジェンスです。買い手が売り手の実態を知るために財務や税務、労務など企業全般の数字や経営環境などを把握するステップとなります。買収リスクを減らす重要なプロセスですが、「税務調査をイメージするのはNG」と川畑は話します。企業の粗探しが目的ではなく、あくまでも企業を知ることを主眼に置く必要があります。時間的にも物理的にも全てを調べることは難しく調査内容の選別が必要だと指摘します。「基本的にはM&Aの専門知識を持った士業に依頼することが大事」と助言します。調査範囲を事前に決めておくことがスムーズな手続きにつながります。公認会計士としてデューデリジェンス経験もある戦略推進統括部の小田切弓子は「デューデリジェンスで不備が見つかることはリスクではなく、放置することがリスク。きちんと対応することで解決できる」と語ります。リスクに対して買収価格の調整や最終契約に改善事項を盛り込むなどの対応方法を知っておくことでクリアできます。

売り手と買い手のテンションは反比例

川畑はデューデリジェンスが与える売り手の心理的・精神的な負担についても説明します。売り手が最も負担を感じるM&Aのステップがデューデリジェンスだと明言します。売り手は買い手企業に決算書などの資料提出から士業による聞き取りにも対応し、心身ともに大きなストレスが掛かります。川畑は「作業的にも精神的にもストレスが重なる」と話します。そのほかにも金額・条件交渉や従業員への報告など売り手はM&Aの後半になればなるほど、負担が蓄積します。そのため買い手には売り手の負担への理解と配慮が求められます。M&Aは総じて買い手と売り手のテンションは反比例となります。ある意味では高揚感と喪失感が混じり合うことになります。買い手として主導権を持つ意識で取り組み、売り手の負担にも目を配る対応が必要です。

M&Aを成功に導くデューデリジェンスの重要性

M&Aはよく企業と企業の結婚に例えられます。自分に相応しい相手を選ぶ上でもデューデリジェンスは欠かすことのできない大事なステップです。買い手にとって相手を知る機会で、M&A後に相乗効果を発揮するための下準備ともいえます。デューデリジェンスの専門家選びはM&Aの成否を分けるポイントです。しっかりと専門知識のある会計士や弁護士に依頼することでリスクを減らすことができます。買い手と売り手が協力し合う関係構築がM&A後の効果にも表れます。川畑は「M&Aは結婚と同じで常にリスペクトが求められます」と総括しました。10月11日開催の次回の「買収の参観日」はM&A後の統合プロセスに当たるPMIについてご紹介します。

オンラインセミナー「買収の参観日」の視聴はこちら

著者

M&A マガジン編集部

M&A マガジン編集部

日本M&Aセンター

M&Aマガジンは「M&A・事業承継に関する情報を、正しく・わかりやすく発信するメディア」です。中堅・中小企業経営者の課題に寄り添い、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

この記事に関連するタグ

「買収・買収監査・デューデリジェンス・譲受企業」に関連するコラム

ロングリストとは?M&Aにおける活用方法、ショートリストとの違いを解説

M&A実務
ロングリストとは?M&Aにおける活用方法、ショートリストとの違いを解説

M&Aの重要なプロセスの一つが、M&Aの対象候補となる企業の選定と絞り込みです。このプロセスにおいて、大切な役割を果たすのが今回紹介するロングリストです。本記事ではロングリストの概要や重要なポイントを解説します。ロングリストとは?ロングリストとは、M&Aの初期段階においてターゲット候補となる企業を一定の条件で絞り込みを行い、作成された候補企業リストです。M&Aの提案候補をなるべく広く検討するため、

トップ面談の極意とは?買収企業が押さえておきたいポイントを公開!(後篇)

M&A実務
トップ面談の極意とは?買収企業が押さえておきたいポイントを公開!(後篇)

前回の記事に引き続き、買収を検討している企業側の視点で、トップ面談に臨む際に押さえておきたいポイントを経験豊富なコンサルタント2人がお届けします。※本記事はYouTube動画をもとに編集しています。<前回の記事>買収企業が押さえておきたい、トップ面談の極意とは(前篇)トップ面談の冒頭に相手の心を掴むには壷井:小森さん、ちなみにトップ面談の時は手土産とか持参するように伝えますか?小森:壷井さんは手土

上場企業を子会社化?丸和運輸機関とファイズHD、資生堂の物流M&Aを解説

M&A全般
上場企業を子会社化?丸和運輸機関とファイズHD、資生堂の物流M&Aを解説

物流業3PL分野の有力企業同士のM&Aに注目西川:これまで日立物流の事例を取り上げてきましたが、今年に入って行われた物流M&A事例をもう1件紹介したいと思います。買い手は丸和運輸機関、株を売却したのがファイズホールディングス(ファイズHD)です。どちらも上場しているオーナー系の企業であり、今回TOBが用いられました。ただしTOBの後もファイズHDは上場を維持しています。【M&Aニュース】丸和運輸機

トップ面談の極意とは?買収企業が押さえておきたいポイントを公開!(前篇)

M&A実務
トップ面談の極意とは?買収企業が押さえておきたいポイントを公開!(前篇)

日本M&Aセンターでは、毎月買い手企業の方に向けて「どのように買収を進めていけばいいのか」「買収後どのように統合作業を行っていくのか」といったテーマで「買収の参観日」というセミナーを行っています。本記事では、そのセミナーのスピンオフであるYouTube動画の内容をお届けします。トップ面談は準備が8割壷井:今回は当社の中でもM&A業界での経験が豊富な小森さんと、「トップ面談」をテーマにお送りします。

2024年問題が影響?物流業界のM&A増加の背景をわかりやすく解説

M&A全般
2024年問題が影響?物流業界のM&A増加の背景をわかりやすく解説

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は物流業界のM&Aが近年増加している背景について詳しく解説します。本記事の動画はこちらからご覧いただけます。物流業界に差し迫る「2024年問題」西川:前回、前々回と日立物流の事例を取り上げてきましたが、今回はその流れで物流業界に関するM&

個人M&Aを成功させるポイントとは?メリット・注意点を解説

M&A全般
個人M&Aを成功させるポイントとは?メリット・注意点を解説

M&Aは大企業や中小企業など企業ではく、個人が行うケースも増えています。本記事では、個人M&Aの現状や実行する場合のメリット、注意点・利用目的・利用方法などについて詳しくご紹介します。個人によるM&AとはM&Aにおいて、売買案件が小規模のものをスモールM&Aと呼びます。具体的には、会社の売買金額が1億円以下、あるいは譲渡側と譲受側の年間売上高が1億円以下に該当するM&Aが、スモールM&Aに該当しま

「買収・買収監査・デューデリジェンス・譲受企業」に関連する学ぶコンテンツ

デューデリジェンスとは?種類や行う流れ、注意点までくわしく解説

デューデリジェンスとは?種類や行う流れ、注意点までくわしく解説

M&Aを進める中で行われるデューデリジェンスとは、どのような行為を指すのでしょうか。この記事ではデューデリジェンスの概要や種類、流れなどを解説します。そのほか注意する点にも触れており、デューデリジェンスに欠かせない情報が得られるでしょう。デューデリジェンスとは?M&Aでよく使われるデューデリジェンスとは、譲渡対象企業に対する事前調査のことです。英語であらわされるDueDiligenceは、日本語で

M&Aと会計。種類やスキーム、それぞれの特徴について分かりやすく解説

M&Aと会計。種類やスキーム、それぞれの特徴について分かりやすく解説

M&Aにおいて会計は非常に大きな役割を果たします。具体的には企業価値評価や財務分析といった場面であり、会計の知識がベースとなります。またM&Aによる会計上のインパクトを理解することも有用です。B/SやP/Lに与えるインパクトを考慮した結果、当初検討していたスキームを変更するといったことも十分にあり得ます。そのため会計を理解できれば、M&Aをより深く、広く理解することができるようになるといえます。本

譲渡企業(買収先)の探し方。ロングリスト、ショートリストとは

譲渡企業(買収先)の探し方。ロングリスト、ショートリストとは

M&A仲介会社などパートナーを選定したら、次は買収先、つまり譲渡企業(売り手)を探すステップに移ります。お相手探しは主に2つの方法で行われます。それぞれについて詳しく見てまいりましょう。譲渡企業の探し方①譲渡案件型1つ目は、M&A仲介会社が既に保有している譲渡企業(売り手)の情報を閲覧し、検討する方法です。最初は譲渡企業の社名が伏せられた「ノンネームシート」を見て、より詳細情報を「企業概要書」で把

譲受企業(買い手)にとってのM&A。その目的や押さえておきたいポイント

譲受企業(買い手)にとってのM&A。その目的や押さえておきたいポイント

一言でM&Aといっても、買収戦略を実行していく譲受企業(買い手)側には様々な目的があります。M&Aの成功に向けて、押さえておきたいポイントを確認していきましょう。M&A実行の目的・メリットM&Aを実行する目的として、一般的には以下の項目が挙げられます。売上規模の拡大、シェア向上バリューチェーンの補完による関連事業領域拡大事業の多角化、新規事業参入人材の獲得、技術力向上シナジー効果の創出一つひとつ見

譲渡企業(買収先)の本格検討へ。詳細情報の確認・分析

譲渡企業(買収先)の本格検討へ。詳細情報の確認・分析

本記事では、M&Aをいよいよ本格的に検討する段階で押さえておきたいポイントについてご紹介してまいります。譲渡企業(買収先)の本格検討に向けてまず、買収をなかなかスムーズに実現できない多くの企業が陥りがちな落とし穴として、2点注意していただきたいことがあります。M&Aをすること」を目的にしないもともと「M&Aをしたい」ということで検討を始める企業は存在しません。例えば「売上100億円まで到達したい」

M&A検討の第一歩。譲受企業(買い手)の事前準備

M&A検討の第一歩。譲受企業(買い手)の事前準備

昨今、M&Aは企業を成長させる手法の一つとして注目を集めています。M&Aで買収を行う譲受企業(買い手)の目的は「売上企業の拡大・シェア向上」「事業の多角化・新規事業参入」「人材の獲得・技術力向上」など多岐にわたります。本記事では、譲受企業(買い手)の目線で、M&Aを検討し始めた際、事前に準備すべきことは何か、どういった相談先があるのか、大切なファーストステップについてご紹介します。譲受企業(買い手

「買収・買収監査・デューデリジェンス・譲受企業」に関連するM&Aニュース

Amazon、家庭用清掃ロボット製品を販売するiRobotを買収

Amazon.com,Inc.(アメリカ・ワシントン州シアトル)は、iRobotCorporation(アイロボット、アメリカ・マサチューセッツ州)を買収することを決定した。買収価格は約17億ドル(約2300億円)。Amazonは、総合オンラインストア、クラウドコンピューティングを展開している。iRobotは、掃除機ロボット「ルンバ」などの家庭用清掃ロボット製品の販売を行っている。米国マサチューセ

日立産機システム、レーザーマーカーを製造販売する米Telesis Technologiesを買収

株式会社日立産機システム(東京都千代田区)は、TelesisTechnologiesInc.(アメリカ・オハイオ州、テレシス)を買収した。日立産機システムは、産業電機の製造、販売、保守・サービス、システムソリューションなどを行っている。食品、飲料、化粧品、薬品などの製品やその包装の上に、日付やロット番号などを印字するマーキングシステムを提供。本年4月にもドイツのフォトンエナジーを買収している。テレ

富士通及びFujitsu Australia、独立系コンサルティング会社Enable Professional Servicesを買収へ

富士通株式会社(6702)およびFujitsuAustraliaLimited(オーストラリア・シドニー)は、EnableProfessionalServices(オーストラリア・メルボルン)の買収計画を発表した。本件に伴い、EnableProfessionalServicesの社名は「Enable,aFujitsucompany」に変更される。富士通は、ICT分野における各種サービス、電子デバイ

「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース