コラム

相場を知って、堅実なM&Aをしよう!

米澤 恭子

企業評価総合研究所 代表取締役社長 税理士

企業評価

⽬次

[表示]

株価の算定手法の一つに、評価対象会社の利益に類似会社の倍率を乗じるEV/EBITDA倍率法という手法があります。事業価値(EV)とEBITDAとの比率をもとに企業価値、理論的な時価総額を計算する方法で、M&Aの取引価格に大きく関わります。 下のグラフは、とあるX業界のEV/EBITDA倍率を ・業種細分類 ・年度別 ・地域別 にグラフ化したものです。

グラフ1

X業界 業種細目別EBITDA倍率

グラフ2

X業界 年度別EBITDA倍率

グラフ3

X業界 地域別EBITDA倍率

ご覧のとおり、同じX業界でも、業種・年度・地域ごとにEBITDA倍率は異なりますね。 倍率の差だけですと小さく感じるかも知れませんが、これがあなたの会社の利益に乗じられるので、株価としてはとても大きな差になります。 EBITDA倍率が1違ったとしても、 利益(営業利益+減価償却費)が5,000万円の会社の場合(余剰資産、有利子負債なしと仮定します)、

  • EBITDA倍率5のとき : 5,000万円×5=2億5,000万円
  • EBITDA倍率6のとき : 5,000万円×6=3億円

その差はなんと、5,000万円も違います。 あなたの会社と似た会社が今、何倍の倍率でM&Aをしているのかを知ることはとても大事なことだとお分かりになりますでしょうか。それが中堅・中小企業のM&Aマーケットにおける「相場」です。

累計7,000件超の成約実績データがあるからこそ可能な「取引事例に基づく株価算定」

日本M&Aセンターグループでは、株価相場のデータベースを構築し、あなたの会社の株価を相場で算定する、「取引事例に基づく株価算定」を行っています。 昨今、データ革命やビッグデータなどニュースで取り沙汰されていますが、どんなに優れたAIやシステムを導入しても、そもそも分析するデータがなければ何も起こりません。 累積7,000件超の成約実績データがある日本M&Aセンターグループだからこそ、データベースを構築し、「取引事例に基づく株価算定」ができるのです。 もちろん相場とは別に希望価格があっても良いのですが、その希望価格があまりにも相場とかけ離れていると、M&Aは成立せず時間だけが過ぎ、売り時を逃してしまう可能性があります。 相場を知った上で、少しでも希望価格に近づくような交渉をすることが賢明です。

貴社の魅力を買い手に最大限伝える「企業概要書」

少しでも希望価格に近づくような交渉をするにはどうしたら良いか? あなたの会社の魅力を余すところなく、譲受け企業候補に伝えることです。 このために、M&Aを行う際は譲渡企業の企業概要書(いわゆるファクトブックのようなもの)を作成することとなります。 あなたの会社の魅力を理解し、ともに成長したい、そう思わせる概要書を作れるM&A仲介会社はそう多くはありません。 企業評価総合研究所は、株価算定と企業概要書作成の専門会社です。 せっかく長年堅実に経営してきた会社を、いくらで譲渡できるかわからないようなギャンブルに賭けるのは得策ではありません。 あなたの人生で、「最初で最後のM&Aを安全に安心して行っていただく」ことが企業評価総合研究所の理念なのです。

無料でお試し!取引事例による株価シミュレーション

まずは日本初「取引事例による株価シミュレーション」を行ってみませんか。 ここでは、あなたの会社の業種に応じ、当社のデータベースの中から、業種ごとの大まかなEV/EBITDA倍率を抽出し、過去の日本M&Aセンター事例からトレンドを加味した株価シミュレーションができるようになっています。 まずは株価の感覚をつかんでいただくことが先決です。価格の表示だけなら、個人情報の入力も必要ありませんし、当然こちらからお電話することもございません。 ただ、ここでできるのは、非常に大まかな分類です。 最初にお話ししたように、業種の細目や地域によっても倍率は違います。 直接決算書をご提出いただければ、あなたの会社の業種や地域、財務情報に応じた相場株価の算定を無料で行うサービスもありますので、ぜひお問合せください。

株価算定シミュレーション

企業評価について 企業評価総合研究所について

著者

米澤 恭子

米澤よねざわ 恭子きょうこ

企業評価総合研究所 代表取締役社長 税理士

株式会社企業評価総合研究所 代表取締役社長。中堅・中小企業のM&Aにおける取引事例法企業価値評価を研究。 2020年世界初の取引事例法評価システムVCOMPASSをリリース。 公正なM&A取引価格の算定・提示によって中堅・中小企業のM&Aマーケットの健全な成長を目指す。 同年株式会社スピアとのM&Aを実施。同社代表取締役社長を兼任。税理士。

この記事に関連するタグ

「企業評価・企業概要書・専門家」に関連するコラム

M&Aの「着手金」の役割とは?着手金をいただき続けていることへのこだわり

M&A全般
M&Aの「着手金」の役割とは?着手金をいただき続けていることへのこだわり

日本M&Aセンターの「着手金」M&Aの仲介会社を選ぶシーンで、その仲介会社の料金体系が「着手金あり」か「着手金なし」かというのは、M&Aを検討する企業にとってとても気になるところだと思います。日本M&Aセンターは「着手金あり」の料金体系です。今回は我々の「着手金の使い道」についてお話しさせていただきます。日本M&Aセンターの着手金は「企業評価料」と「案件化料」から成ります。企業評価とは譲渡企業様の

M&Aウーマンの働き方

経営・ビジネス
M&Aウーマンの働き方

M&Aを通じた社会貢献中小企業庁の「中小企業・小規模事業者におけるM&Aの現状と課題」によると、今後日本は2025年までに127万社(日本企業全体の1/3)の中小企業が後継者未定になるとしています。これを放置するとこれらの企業は廃業を余儀なくされ、その結果2025年までの累計で約650万人の雇用が失われ、約22兆円のGDPが消失する可能性があると言われています。M&Aは、中小企業が廃業という選択を

M&Aにおいて大切な必要書類の準備

M&A全般
M&Aにおいて大切な必要書類の準備

M&Aでの譲渡を決断し、M&Aを進め始めたオーナー経営者は、多くの準備をしていただくことになります。その一つが「必要資料の整備・作成」です。日本M&Aセンターでは、こうした書類の作成や整備もサポートしておりますが、全体像は社長ご本人にも把握していただかなくてはなりません。主な必要資料として、決算書・税務申告書はもちろん、定款、就業規則や不動産登記簿謄本など、相当な量の資料準備が必要になります。なぜ

東京プロマーケット上場への第一歩、新サービス「GO↗ PUBLIC」をスタート

広報室だより
東京プロマーケット上場への第一歩、新サービス「GO↗ PUBLIC」をスタート

中堅・中小企業のM&A支援実績NO.1の日本M&Aセンターは、東京証券取引所が運営する「TOKYOPROMarket(東京プロマーケット)」上場を検討する企業様向けの新サービス「GO↗PUBLIC」を始めました。GOPUBLICとはレビューシートを基に上場を目指す企業様の上場可能性を診断するサービスで、現状の会社の状況をスコアリングした上で、TOKYOPROMarket上場までに改善が必要な準備項

IM(企業概要書)とは?M&Aでの重要性や記載内容、作成時の注意点を解説

M&A実務
IM(企業概要書)とは?M&Aでの重要性や記載内容、作成時の注意点を解説

M&Aの成立プロセスにおいて、譲受希望企業は譲渡希望企業から提供された資料をもとに、その内容を精査してM&Aを進めるかどうかの検討を行います。このとき、譲渡希望企業から提供される資料がIM(企業概要書)です。このIMはM&Aにおいてどのような役割を果たし、また、混同されがちなノンネームシートと、どのような違いがあるのかをご存じない方も多いのではないでしょうか?本記事では、IMの基本的な内容や役割、

PBR(株価純資産倍率)とは? PERとの違い、株価指標の意味や計算式を解説

経営・ビジネス
PBR(株価純資産倍率)とは? PERとの違い、株価指標の意味や計算式を解説

投資家等が対象銘柄の購入あるいは動向を注視する際や、M&A算定価格の妥当性を判断する場面で用いる指標の1つにPBRがあります。本記事では、PBRについてその概要や、計算方法、見るべきポイントなどを解説していきます。PBRとはPBRとは、PriceBook-valueRatioの略語で、日本語では「株価純資産倍率」と訳されます。対象企業の現在の株価がその資産価値に対して割高なのか、割安なのか妥当性を

「企業評価・企業概要書・専門家」に関連する学ぶコンテンツ

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース