コラム

「M&Aスキーム」に関連する記事一覧

合併とは?買収との違い、種類やメリット、企業事例を解説

M&A全般

M&A(MergersandAcquisitions)は企業の合併・買収のことであり、「Mergers」が今回ご紹介する合併を指します。本記事では合併の概要や買収との違い、メリット・デメリット、必要な手続きなどについてご紹介します。日本M&Aセンターでは、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら合併とは合併とは

合併とは?買収との違い、種類やメリット、企業事例を解説

事業譲渡とは?メリットや注意点、税金について公認会計士が解説

M&A全般

事業の未来を築くため、経営者にとって重要な選択肢の一つとして挙げられるのが事業譲渡です。本記事ではどのような場合に事業譲渡がふさわしいのか、株式譲渡など他のスキームとの違いやメリット、手続きの流れや事例など、網羅的に解説しています。日本M&Aセンターでは、事業譲渡をはじめ、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこち

事業譲渡とは?メリットや注意点、税金について公認会計士が解説

株式交付とは?株式交換との違いやM&Aで活用するメリット・注意点を詳しく解説

M&A全般

株式交付制度は、令和3年3月1日に施行された「会社法の一部を改正する法律案」で、企業買収の手続きを合理化することを目的として新たに創設されました。本記事では、株式交付の仕組みや基本的内容を整理し、既存の株式交換との違いや、M&Aで活用する場合のメリット、注意すべき点について詳しくご紹介します。株式交付とは?株式交付は、M&Aなどにおいて買い手(譲受け企業)が他社を子会社化するために支払う対価として

株式交付とは?株式交換との違いやM&Aで活用するメリット・注意点を詳しく解説

M&Aのストラクチャーとは?意味や種類、選定方法、注意点まで詳しく解説

M&A全般

M&Aのストラクチャーとは、M&Aを実行する際の手順・手法(スキーム)を指します。どのストラクチャーを選択するかによってその後のM&Aプロセスが大きく異なるため、慎重な検討が求められます。本記事では、M&Aのストラクチャーの種類や仕組みについて詳しくご紹介します。M&Aにおける「ストラクチャー」とはストラクチャーは、M&Aを実行する際の具体的な手法(スキーム)を意味します。英語の「structur

M&Aのストラクチャーとは?意味や種類、選定方法、注意点まで詳しく解説

株式譲渡とは?税理士が解説。メリットやデメリット、手続き、税金について

M&A全般

中堅・中小企業のM&Aで、最も多く用いられるスキームが株式譲渡です。本記事では、株式譲渡が行われる場面、メリット・デメリット(注意点)、手続きの流れ、税負担について解説します。日本M&Aセンターは株式譲渡をはじめ、様々なスキームのM&Aを経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお尋ねください。M&Aのご相談はこちらから株式譲渡とは株式譲渡は、譲渡対象会社の株主が所有する株式

株式譲渡とは?税理士が解説。メリットやデメリット、手続き、税金について

M&Aのディールとは?手順やポイントについて徹底解説

M&A全般

海外の映画やドラマを見ていると、ビジネスの交渉が行われるシーンで「It’sdeal(よし、これで手を打とう!)」というセリフを耳にしたことはありませんか?このdeal(ディール)という言葉は、私たちの日常会話でも近年用いられる機会が増えており、たとえば、自動車メーカーと特約店契約を結んだ正規販売店は「ディーラー」と呼ばれます。いっぽうM&Aの世界でも、「ディール」が頻繁に使われています。ただし、そ

M&Aのディールとは?手順やポイントについて徹底解説

会社分割とは?事業譲渡との違い、種類やメリットについて解説

M&A全般

自社事業の分割・譲渡を考えている企業経営者の方には、「会社分割」は有力な選択肢となります。本記事では会社分割の種類やメリット、手続き方法、事業譲渡との違いについて解説します。日本M&Aセンターでは、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら会社分割とは?会社分割とは、会社の一部または全ての事業を切り離し、別会社に

会社分割とは?事業譲渡との違い、種類やメリットについて解説

平成31年度税制改正大綱を、M&A実務の視点で読み解く

M&A実務

昨年末に公表された平成31年度税制改正大綱。M&A実務に影響する点は、例年に比べると軽微という印象です。簡単ですが以下にご紹介させて頂きます。平成31年度税制改正がM&A実務に影響する点以下の7点があげられます。土地売買登録免許税1.5%となる軽減措置、平成33年3月末まで2年延長。個人事業主の相続税、贈与税の納税猶予の創設。平成31年1月からの相続・贈与から。特別法人事業税(国税)の創設、法人事

平成31年度税制改正大綱を、M&A実務の視点で読み解く

事業譲渡諸費用の税務上の取扱いを整理しよう!

M&A実務

一般的に仲介会社を介して事業譲渡をする場合は、交渉のステージにそって一定の費用が発生します。それら費用について税務上はどう取り扱うべきでしょうか。今回はその点を解説したいと思います。交渉ステージごとに係る費用負担者別に整理すると、以下の費用がステージごとにかかります。※交渉ステージは日本M&Aセンターの流れに沿っています。※本コラムにおける“事業譲渡”とはスキームのことを指し、株式譲渡の場合の取り

事業譲渡諸費用の税務上の取扱いを整理しよう!

使い勝手がよい!分割型分割による切り離しスキームを解説

M&A実務

中小企業M&Aにあたって、事業に関係のない非事業用資産があることはよくあることです。こういう場合の対応策としては、譲渡企業オーナーがM&A時に買取るか、役員退職金の現物支給という形で譲渡企業から切り離すというスキームが主流です。しかし、平成29年度税制改正により、分割型分割による切り離しスキームの使い勝手がよくなっています。今回はその点を解説したいと思います。分割型分割とは分割法人が資産等を会社分

使い勝手がよい!分割型分割による切り離しスキームを解説

日本M&Aセンター成約事例にみる株式交換スキーム成功のポイント

M&A全般

中堅中小企業M&Aにおける株式交換スキームの活用状況日本M&Aセンターでは、上場企業が買い手となるM&A案件の成約を数多く支援している。そのうち株式交換スキームを用いたのは、2013年度で4件、その以前3年間で1件であったことを考えれば、株式交換スキームがここにきて注目を浴びてきていることがわかる。成約には至らなかったが、交渉過程で株式交換スキームを検討するケースは数多い。この背景には、やはり金庫

日本M&Aセンター成約事例にみる株式交換スキーム成功のポイント