日本M&Aセンター

M&A

日本M&Aセンター

日本M&Aセンター
M&A Tax Cafe 2019年3月19日

事業譲渡諸費用の税務上の取扱いを整理しよう!

一般的に仲介会社を介して事業譲渡をする場合は、交渉のステージにそって一定の費用が発生します。
それら費用について税務上はどう取り扱うべきでしょうか。

今回はその点を解説したいと思います。


交渉ステージごとに係る費用はこちら

負担者別に整理すると、以下の費用がステージごとにかかります。
※交渉ステージは日本M&Aセンターの流れに沿っています。
※本コラムにおける“事業譲渡”とはスキームのことを指し、株式譲渡の場合の取り扱いではありません。

【譲渡企業】

  • 着手金(案件化料・企業評価料)
  • 仲介手数料(成功報酬)

【譲受企業】

  • 着手金(情報提供料)
  • 基本合意報酬(中間報酬)
  • 監査費用
  • 仲介手数料(成功報酬)


税務上どう取り扱うか

税務上、損金算入できるものと、承継資産の時価の比で按分するものがあります(下の表参照)。


※1の処理は、明確な根拠条文等はないものの、実務的には次の方法が良いと考えられます。


  1. 譲受企業の買収の意思決定後に発生する中間報酬や監査費用・成功報酬の合計額を、各承継資産(資産調整勘定:税務上の「のれん」を含む)の時価の金額比で按分。
  2. 保証金や資産調整勘定など、付随費用を加算する必要のないものへの対応額は損金処理。在庫・土地・償却資産・有価証券などへの対応額は資産計上。
  3. 在庫への対応額は販売管理システムへの反映が難しく、仕訳伝票のみで資産計上するケースが多い。実際の売却年度または除却年度で売上原価とすべきだが、実務的には直近1~2年などの在庫の回転期間に応じて、売上原価とする処理が合理的な処理。


最後に

中小企業M&Aにはこのように、いわゆる“グレーゾーン”なことがたくさんありました。
実務を担う方にすこしでも力になれるよう、このたび『中小企業M&A実務必携 M&A手法選択の実務』を当社コーポレート・アドバイザー室のメンバー他3名とともに執筆しました。
M&Aの各手法の活用コンセプトを理解する“M&A脳”を養成するための実務書決定版です、ぜひお手に取ってみてください。

『中小企業M&A実務必携 M&A手法選択の実務』はこちら

写真:村木 良平
日本M&Aセンター
コーポレートアドバイザー室
大阪室長
村木 良平

プロフィール

日本M&Aセンター コーポレートアドバイザー室 大阪室長
村木 良平(むらき・りょうへい)

民間企業での経理・財務・社会保険実務全般、上場準備、上場後の開示実務、国際税含めた税務実務、上場企業同士の再編実務等幅広い業務を経験後、株式会社日本M&Aセンターに入社。M&A案件を主に税務面から関与。関与件数は数百件以上にのぼる。著書に『中小企業M&A実務必携 税務編 第二版』がある。税理士。

同じカテゴリーの記事

MA Channel

人気コラム

最新のコラム

コラムカテゴリー

注目のタグ

メールマガジン登録

M&Aニュース

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。