M&Aニュース

クシム、カイカエクスチェンジホールディングスの株式を取得し、経営統合へ

更新日:

株式会社クシム(2345)は、株式会社CAICA DIGITAL(2315)の連結子会社である株式会社カイカエクスチェンジホールディングス(東京都港区)の株式を取得し、経営統合を行うことを決定した。
異動後の議決権所有割合は、84.39%。

なお、本経営統合が実施された場合には、カイカエクスチェンジホールディングスが子会社として擁する暗号資産交換所「Zaif」を運営する株式会社カイカエクスチェンジ(大阪府岸和田市)、同じく暗号資産投融資事業を行う株式会社カイカキャピタル(東京都港区)も、クシムの連結対象となる予定。

クシムは、ブロックチェーン技術のR&D・システム開発・HR事業、システムエンジニアリング事業、M&A事業を行っている。

カイカエクスチェンジホールディングスは、暗号資産関連ビジネスを営む会社の株式、または持分の所有による当該会社の経営管理、グループ戦略の立案等を行う。

クシムは、本経営統合を検討した結果、ブロックチェーンサービス事業のバリューチェーンを見直すことで競争優位性を高め、より一層収益力を高めるという狙いのもと、以下に掲げる具体的な事業戦略の実行およびそれに基づき顕在化するシナジーを想定でき、ビジョンの実現に資すると判断した。

(1)バリューチェーンの垂直統合展開によるポジショニング
(2)垂直統合展開による外部ネットワーク連携上の効果
(3)先進的なサービスの提供
(4)Zaifのバリューアップ施策

・今後の予定
株式譲渡契約締結日 2023年10月16日
本株式取得実行日  2023年10月31日

システム・組込ソフト開発・情報処理支援業界のM&A・事業承継の動向はこちら

システム・組込ソフト開発・情報処理支援業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、システム・組込ソフト開発・情報処理支援業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

クシム・CAICA DIGITALに関連するM&Aニュース

クシム、CAICA DIGITALと新たな資本業務提携、及び同社の第三者割当増資を引受けへ

株式会社クシム(2345)は、株式会社CAICADIGITAL(2315)と新たな資本業務提携を行い、CAICADIGITALが実施する第三者割当増資の引き受けを行うことを決定した。クシムは、ブロックチェーン技術のR&D・システム開発・HR事業、システムエンジニアリング事業、M&A事業を行っている。CAICADIGITALは、ITサービス事業および金融サービス事業を行っている。本資本業務提携は、ク

CAICA DIGITAL、子会社を通じてフィスコ・キャピタルの全株式取得、連結子会社

株式会社CAICADIGITAL(2315)は、子会社の株式会社カイカフィナンシャルホールディングスを通じて株式会社フィスコ・キャピタル(東京都港区)の全株式を取得し、連結子会社(孫会社)化することを決定した。取得価額は、76百万円。本件に伴い、CAICAブランドへの統一を図るため、商号をフィスコ・キャピタルから株式会社カイカファイナンスに変更する。CAICADIGITALは、グループ会社の管理運

クシム(2345)、ブロックチェーン技術を活用した所有権プラットフォームを運営しているレジストアートと資本業務提携

株式会社クシム(2345)は、株式会社レジストアート(大阪府岸和田市)と資本業務提携の合意を決定した。レジストアートは、2018年8月より日本でいち早く、アート業界におけるブロックチェーン技術を活用した所有権プラットフォームを運営しており、HIROSHISUGIMOTO、ThomasRuffといった世界で活躍するアーティストをはじめとする多くの作品登録を実現。クシムは、ブロックチェーン領域において

CAICA(2315)、子会社eワラント証券、取引システム開発・運営のCryptionより事業譲渡

CAICA(2315)の子会社eワラント証券(東京都目黒区)は、株式会社Cryption(東京都港区)との間で、Cryptionの事業を譲り受けることを目的とした事業譲渡契約を締結した。Cryptionは、インターネット等の通信ネットワーク及び電子技術を利用した各種情報提供サービス、情報収集サービス、広告・宣伝に関する業務及び代理業務、これらに附帯関連する一切の事業の譲渡する。CAICAは、情報サ

CAICA(2315)、子会社のアイスタディ(2345)がネクスグループ(6634)よりソフトウェア開発企業のイーフロンティアの株式取得、連結子会社化へ

株式会社CAICA(2315)の子会社アイスタディ株式会社(2345)は、株式会社イーフロンティア(東京都港区)の株式の一部を株式会社ネクスグループ(6634)から取得し、連結子会社化することを決定した。取得価額は、80百万円。議決権所有割合は、99.9%となる。CAICAの子会社アイスタディは、人材育成・採用支援を事業の柱とし、eラーニングシステムの開発販売など、企業および個人のスキルアップに貢

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・経営統合・子会社・連結・シナジー」に関連するコラム

関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip 2022」に登壇!

広報室だより
関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip 2022」に登壇!

2022年11月下旬に大阪市内で開催された関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip2022」(主催:株式会社ニューズピックス)で、株式会社日本M&Aセンターの渡部恒郎がトークセッションに登壇しました。当日の模様を紹介します。(写真左から)株式会社日本M&Aセンター取締役渡部恒郎氏、株式会社スマートメディア代表取締役成井五久実氏、株式会社USEN-NEXTHOLDINGS執行役員/事業

会社売却をしたら退職金はどうなる?

M&A全般
会社売却をしたら退職金はどうなる?

会社売却後に退職する場合、退職金はもともとの規定が引き継がれるのでしょうか。支払われる金額や方法、時期などに変化が生じるのでしょうか。本記事では、会社売却にともない退職者が出た場合の従業員や役員の退職金、注意すべきポイントについて解説します。@sitelink退職金とは退職金とは、従業員の退職時に雇用主である会社が支払う金銭のことで、通常の給与や賞与とは別に支給されるものです。退職金制度の導入は法

会社売却とは?メリットや注意点、売却までの流れを解説

M&A全般
会社売却とは?メリットや注意点、売却までの流れを解説

会社売却を行うにあたって押さえておきたいポイントは複数存在します。本記事では会社売却のメリットや注意点、売却額の算出方法、会社売却を進める流れについてご紹介します。会社売却とは?会社売却とは、会社の事業や資産を第三者に売却して対価を受け取るプロセスを指します。会社売却が検討されるケースとしては、経営を引き継ぐ人材がいない「後継者不在」、業界の再編などで事業の先行きに対する不安、あるいは大手傘下に入

会社売却後どうなる?会社、社長、社員への影響を解説

M&A全般
会社売却後どうなる?会社、社長、社員への影響を解説

中小企業のオーナー経営者が会社売却を検討する際「売却した後、関係者に与える影響が一番気がかり」と考える人は少なくありません。本記事では、中小企業が会社売却をおこなう際、会社関係者、取引先などそれぞれのステークホルダーに与える影響、メリット、注意点についてご紹介します。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様

企業買収とは?買収スキームやメリット・デメリットを解説

M&A全般
企業買収とは?買収スキームやメリット・デメリットを解説

事業承継や業界再編への対応策として、企業買収の動きは今後ますます加速することが考えられます。本記事では、企業買収の基礎を整理した上で、その種類やメリット・デメリット、具体的な流れなどについて解説します。買収をご検討の方は、希望条件(地域、業種など)を登録することで、条件に合致した譲渡案件のご提案や新着案件情報を受け取ることができます。まずは登録から始めてみませんか?買収希望条件の登録(無料)はこち

シナジーとは?期待される効果、種類をわかりやすく解説

経営・ビジネス
シナジーとは?期待される効果、種類をわかりやすく解説

グーグルやアマゾンなどが創業から20年程度で世界的企業に成長したのは、「足し算方式」の経営でなく「掛け算方式」の経営を効率よく行ったためと言われています。企業経営において、この「掛け算方式」を生み出す核となるエンジンが「シナジー」です。本記事では、シナジーの概要、シナジーを創出する方法など、企業事例を交えてご紹介します。日本M&Aセンターでは、M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専任チームを

「株式譲渡・経営統合・子会社・連結・シナジー」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年9月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード