M&Aニュース

CAICA(2315)、子会社eワラント証券、取引システム開発・運営のCryptionより事業譲渡

CAICA(2315)の子会社eワラント証券(東京都目黒区)は、株式会社Cryption(東京都港区)との間で、Cryptionの事業を譲り受けることを目的とした事業譲渡契約を締結した。
Cryptionは、インターネット等の通信ネットワーク及び電子技術を利用した各種情報提供サービス、情報収集サービス、広告・宣伝に関する業務及び代理業務、これらに附帯関連する一切の事業の譲渡する。

システム・組込ソフト開発・情報処理支援業界のM&A

CAICAは、情報サービス事業、仮想通貨関連事業、金融商品取引事業等を展開するグループ会社の管理運営等行っている。
グループ会社であるeワラント証券は、日本でのカバードワラント市場をリードしてきたゴールドマン・サックス証券株式会社からeワラント事業を譲り受け、継承・発展させることを目的として設立。

Cryptionは、取引システム開発・運営、マーケット関連事業を行っている。

本件により、eワラント証券は、これまでカバードワラントをメインに取り扱う第一種金融商品取引業、運用業を行ってきたが、Cryptionの有するノウハウをもとに新商品の設計、システム開発・安定運用、リスク管理についてより一層のシナジー効果創出を目指す。

この記事に関連するタグ

「事業譲渡・株式譲渡」に関連するM&Aニュース

CAICA(2315)、子会社のアイスタディ(2345)がネクスグループ(6634)よりソフトウェア開発企業のイーフロンティアの株式取得、連結子会社化へ

株式会社CAICA(2315)の子会社アイスタディ株式会社(2345)は、株式会社イーフロンティア(東京都港区)の株式の一部を株式会社ネクスグループ(6634)から取得し、連結子会社化することを決定した。取得価額は、80百万円。議決権所有割合は、99.9%となる。CAICAの子会社アイスタディは、人材育成・採用支援を事業の柱とし、eラーニングシステムの開発販売など、企業および個人のスキルアップに貢

カイカ(2315)、システム開発子会社ネクス・ソリューションズの全株式を實業之日本社に譲渡

カイカ(2315)は、連結子会社である株式会社ネクス・ソリューションズ(東京都港区)の全株式を株式会社實業之日本社(大阪府岸和田市)に譲渡することを決定した。譲渡価額は650百万円。カイカグループは、ブロックチェーン関連のシステム開発や仮想通貨交換所システム開発などフィンテック分野への経営資源の集中を図っている。ネクス・ソリューションズは、西日本において地域の金融・流通・通信・製造業等の顧客からシ

カイカ(2315)、美術品登録サービス事業展開のレジストアートと資本業務提携

カイカ(2315)は、株式会社レジストアート(大阪府岸和田市)との間で、資本業務提携を行うことおよびレジストアートが実施する第三者割当増資を引き受けることを決定した。取得価額は37,575,000円。株式所有割合は18.4%となる。レジストアートは、ブロックチェーン上に芸術作品を登録し、会員向けに作品の検索・照合・販売サービスを行うプラットフォームのシステム構築に取り組んでいる。本件により、カイカ

カイカ(2315)、業務提携先のテリロジーの一部株式を取得

カイカ(2315)は、株式会社テリロジー(東京都千代田区)の株式の一部を株式会社シークエッジ・ジャパン・ホールディングス(大阪府岸和田市)より取得することを決定した。取得価額は275,854,200円、議決権所有割合は4.9%となる。カイカとテリロジーは、平成29年1月に業務提携契約し、ブロックチェーン技術を活用した、より高度なセキュリティ製品の共同開発および両社の顧客への提案活動の面で主に提携し

カイカ(2315)、eワラント3社の支配権取得へ

カイカ(2315)は、eワラント証券株式会社(東京都千代田区)、EWARRANTINTERNATIONALLTD.(ケイマン諸島、EWI)及びEWARRANTFUNDLTD.(ケイマン諸島、EWF)の株主との間で、eワラント証券、EWI及びEWFの3社(eワラント3社)の支配権の取得に関して独占交渉を開始することについて、基本合意書の締結を決定した。カイカは、現在、フィンテック関連ビジネスを戦略的

カイカ(2315)、アイスタディ(2345)と資本業務提携

カイカ(2315)は、ブイキューブ(3681)連結子会社であるアイスタディ(2345)との間で、資本業務提携を決定した。カイカはアイスタディ株式を既存株主のイーフロンティアから取得し、アイスタディに対する議決権所有割合は12.07%となる。取得価額は344,640,000円。本件に併せてアイスタディは、ネクスグループ(6634)連結子会社のイーフロンティアとの資本提携を解消する。カイカは、金融業を

カイカ(2315)、「KIZUNA プロジェクト」推進のOceansと資本業務提携

カイカ(2315)は、Oceans株式会社(東京都渋谷区)との間で、資本業務提携を行うことを決定した。カイカは、Oceansが実施する第三者割当増資の一部を引き受ける。取得価額は20,000,000円。議決権所有割合は1.1%となる。Oceansは、日本を世界一アスリートとファンの絆の深い国にしたいというビジョンの元「KIZUNAプロジェクト」を発足し、スマホ向けアプリでのサービスの開発を進めてい

フィスコ(3807)傘下のSJI(2315)、海外のシステム開発事業会社保有の香港の中間持株会社の全株式譲渡

フィスコ(3807)傘下のSJI(2315)は、連結子会社であるSJAsiaPacificLimited(SJAP)が100%保有する恒星信息(香港)有限公司(SJI-HK)の株式譲渡を決定した。株式の譲渡価額は概算2百万円(フィー込)。加えてSJAPが保有するSJI-HKグループに対する債権約1,259百万円もゼロ価値として譲渡する。本件により、SJI-HKならびにその100%子会社である福建聯

SJI(2315)、暗号通貨ソフトウェア提供テックビューロと資本業務提携

株式会社SJI(2315)は、テックビューロ株式会社(大阪市)との業務提携および、テックビューロが第三者割当増資により発行するA種優先株式を引き受けることについて決定した。取得価額は49,950千円、普通株式およびA種優先株式の合計の所有割合は1.4%となる。テックビューロは日本とシリコンバレーのテクノロジービジネス経験者をチームに擁し、暗号通貨技術とブロックチェーン技術に基づいたソフトウェアとサ

SJI(2315)、香港子会社である神州数碼通用軟件有限公司の全持分を譲渡

株式会社SJI(2315)は、連結子会社である神州数碼通用軟件有限公司(DGTINFORMATIONSYSTEMSLIMITED、以下DGT-HK)の持分の全てを譲渡することを決定した。譲渡価額は約35百万円。DGT-HKは持株会社として、DGT北京およびDGT上海の2社を保有していたが、SJIは平成24年6月にDGT北京およびDGT上海の2社の持分譲渡を行っている。その後、SJIはDGT-HKと

「事業譲渡・株式譲渡」に関連するコラム

買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

M&A全般
買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&A用語としての「買収」に限定すると、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買

理想の買い手候補を即時提案 会社売却先シミュレーション「M-Compass」に込めた想い

広報室だより
理想の買い手候補を即時提案 会社売却先シミュレーション「M-Compass」に込めた想い

日本M&Aセンターは、M&Aを検討する経営者が自社の買い手候補企業をその場で簡単に調べられる新サービス、会社売却先シミュレーション「M-Compass(エムコンパス)」を2021年9月にリリースしました。開発責任者である、日本M&Aセンター上席執行役員(CDO)九鬼隆剛に新サービス開発の背景と狙いを聞きました。他社に真似できない高精度のマッチングーサービス開発の背景について教えてください九鬼:今回

観光業のコロナ禍における経営意識調査

調査データ
観光業のコロナ禍における経営意識調査

日本M&Aセンターは、2021年4月に観光業の経営層98名を対象に、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う観光業界(ホテル・旅館)の経営実態とM&Aに関する意識調査を実施しました。意識調査の結果、8割を超える観光業経営者がコロナ禍の影響を受け、売り上げが減少したと回答しました。また、そのうち5割近くが売り上げ改善のために「何もすることができない」と回答。今回のコロナ禍による人の移動の制限や自粛、渡航制

プロの活用でM&Aを成功させる!~M&A仲介会社の選び方~

M&A全般
プロの活用でM&Aを成功させる!~M&A仲介会社の選び方~

近年、事業承継の解決や成長戦略の実現のためのM&A活用が増加してきたのはご存じのとおりです。当社は2006年にM&A仲介会社として初めて上場しましたが、上場しているM&A仲介会社は現在では当社含めて3社となっています(2017年3月現在)。各社とも業績を伸ばしており、M&Aの活発さがうかがえます。なぜ専門の仲介会社が必要なのかM&Aは、戦略面に加え、税務、会計、法務、労務、その他のあらゆる視点・角

株式譲渡(M&A)所得vs給与所得

M&A実務
株式譲渡(M&A)所得vs給与所得

株式譲渡であれば所得税の税率は固定!中小企業の社長の皆さまとM&Aのお話をしていると「私はオーナーとして会社から毎年3千万円の役員給与を得ている。もしも会社が2億円で売れたとしても、7年足らずで同じくらいの給与が得られるので会社を売ることにあまりメリットを感じない」とおっしゃる方がかなりいらっしゃいます。掛け算で考えればその通りのようにも思えますが、実際はそれぞれの税金インパクトを考慮する必要があ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2020年5月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

月別M&Aニュース

注目ニュースワード