M&Aニュース

ビューティガレージ、台灣美麗平台股份有限公司の全株式を譲渡へ

更新日:

株式会社ビューティガレージ(3180)は、連結子会社である台灣美麗平台股份有限公司(中国 台北市、以下BG台湾)の全株式を譲渡することを決定した。

ビューティガレージは、理美容/エステ用品・機器・化粧品の卸販売等を行っている。

BG台湾は、美容商材の仕入販売、化粧品・美容器具の開発および販売等を行っている。

同社は、台湾全土および中華圏市場を含む東アジア市場進出を視野に事業展開を行うも、業績不振が続き回復の目途も立たないため、ビューティガレージグループにおける経営資源の選択と集中を目的として、全保有株式を現BG台湾董事長の錢妙玲氏に譲渡することを決定し、同国当該事業からの撤退を決定した。

・今後の予定
株式譲渡実行日 2023年9月15日

インターネット関連サービス業界のM&A・事業承継の動向はこちら

インターネット関連サービス業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、インターネット関連サービス業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

ビューティガレージに関連するM&Aニュース

美容室向けECのビューティガレージ、美容業界専門出版社の女性モード社を買収

株式会社ビューティガレージ(3180)は、美容業界専門メディアを複数運営する老舗出版社である株式会社女性モード社(東京都港区)の全株式を2024年4月30日に取得し、女性モード社を連結子会社化した。ビューティガレージは、プロ向け美容商材EC最大手である。女性モード社は、高度成長期から現在に至るまでの日本の美容文化を長年にわたって見つめてきた老舗の美容業界専門出版社。月刊誌の「HAIRMODE」をは

ビューティガレージ、子会社和楽を吸収合併へ

株式会社ビューティガレージ(3180)は、完全子会社である株式会社和楽(東京都東久留米市)の吸収合併を決定した。ビューティガレージを存続会社とする吸収合併方式で、株式会社和楽は解散する。ビューティガレージは、理美容/エステ用品・機器・化粧品の卸販売等を行っている。和楽は、美容業務用品等の卸売業を行っている。ビューティガレージは、2020年10月8日付で和楽を子会社化したが、当初の目的である営業力の

ビューティガレージ、理美容機器の中古販売業を行うビューティーリユースの全株式取得、子会社化

株式会社ビューティガレージ(3180)は、株式会社ビューティーリユース(大阪府大阪市)の発行済株式を全て取得するとともに、ビューティーリユースが実施する第三者割当増資を引き受けることにより、子会社化(連結子会社化)することを決定した。ビューティガレージは、インターネットを利用した通信販売業・情報提供サービス、理美容/エステ用品・機器・化粧品の卸販売、サロン店舗設計デザイン・施工、サロンIT化・シス

ビューティガレージ、美容事業を展開する和楽の株式取得、グループ会社化へ

株式会社ビューティガレージ(3180)は、株式会社和楽(東京都東村山市)をグループ会社化することを決定した。取得割合は、67.3%。ビューティガレージは、インターネットを利用した通信販売業・情報提供サービスを行っている。また、理美容/エステ用品・機器・化粧品の卸販売、サロン店舗設計デザイン・施工、サロンIT化・システム導入支援サービス、クレジットカード決済端末の導入サポート、セミナー・スクールによ

ビューティガレージの子会社アイラッシュガレージ、まつげエクステンション事業3社の株式取得、子会社化

株式会社ビューティガレージ(3180)の子会社株式会社アイラッシュガレージ(東京都世田谷区)は、2020年8月31日に株式譲渡契約書を締結し、株式会社松風(大阪府大阪市)、株式会社まつげエクステンション研究所(大阪府大阪市)、MATSUKENVIETNAMCO.,LTD(ベトナム・ホーチミン市)をグループ会社化した。議決権所有割合は、松風より53.8%取得、まつげエクステンション研究所より100%

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・子会社・連結・カーブアウト・選択と集中」に関連するコラム

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

事業売却とは?会社売却との違い、メリット・デメリットを解説

M&A全般
事業売却とは?会社売却との違い、メリット・デメリットを解説

企業が不採算部門を整理し、主力事業へ経営資源を集中するなど、事業戦略の見直しを行う場面で活用されるのが、事業売却です。本記事では、事業売却の概要、メリット・デメリットなどをご紹介します。日本M&Aセンターでは、事業売却をはじめ、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら事業売却とは?事業売却は、企業が所有している

カーブアウトとは?メリットや課題、進め方、企業事例を紹介

M&A全般
カーブアウトとは?メリットや課題、進め方、企業事例を紹介

~ある上場企業の経営企画部長の悩み~社長から「事業ポートフォリオ見直しに着手せよ」という指示を受けました。選択と集中は不可欠で、子会社や事業の切離し(カーブアウト)も視野に入れたいと社長は力説します。しかし、当社は買収実績があっても売却はほとんどしたことがない。さて、どうしたものか・・・。近年、事業ポートフォリオの見直しに伴う、グループ会社や事業の切り離し、つまりカーブアウトの動きが加速しています

スピンアウトとは?スピンオフとの違いやメリット・注意点・事例まで詳しく解説

経営・ビジネス
スピンアウトとは?スピンオフとの違いやメリット・注意点・事例まで詳しく解説

スピンアウトは、新たな事業価値を創出する手段として注目されています。そこで本記事では、スピンアウトとスピンオフの違い、スピンアウトのメリットや注意点等について詳しく解説します。スピンアウトとは?スピンアウトとは、企業が特定の子会社や事業を切り離し、新たな会社として独立させる言葉として、ビジネスの場面で用いられます。親会社との資本関係を解消するため、新会社は完全な独立企業になる点が特徴です。親会社の

関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip 2022」に登壇!

広報室だより
関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip 2022」に登壇!

2022年11月下旬に大阪市内で開催された関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip2022」(主催:株式会社ニューズピックス)で、株式会社日本M&Aセンターの渡部恒郎がトークセッションに登壇しました。当日の模様を紹介します。(写真左から)株式会社日本M&Aセンター取締役渡部恒郎氏、株式会社スマートメディア代表取締役成井五久実氏、株式会社USEN-NEXTHOLDINGS執行役員/事業

事業ポートフォリオとは?作成するメリットや手順や最適化のコツを紹介

経営・ビジネス
事業ポートフォリオとは?作成するメリットや手順や最適化のコツを紹介

事業ポートフォリオとは、企業が運営しているすべての事業を組み合わせて可視化したものです。事業ポートフォリオを作成すれば、それぞれの事業の収益性や成長性などを確認しやすくなります。本記事では事業ポートフォリオを作成するメリット、作成手順、事業ポートフォリオを最適化するためのポイントなどについて解説します。@sitelink事業ポートフォリオとは事業ポートフォリオとは、企業の事業を一覧化したものを指し

「株式譲渡・子会社・連結・カーブアウト・選択と集中」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年9月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード