M&Aニュース

テクノホライゾン傘下のアポロ精工、中島銅工の全株式を取得

更新日:

テクノホライゾン株式会社(6629)の連結子会社であるアポロ精工株式会社(静岡県御殿場市)は、中島銅工株式会社(埼玉県ふじみ野市)の全株式を、9月6日付で取得したことを発表した。

テクノホライゾンは、映像&IT事業と、ロボティクス事業を主軸に事業展開している。

アポロ精工は、自動はんだ装置および関連機器の製造・販売、レーザー関連製品の製造・販売等を行っている。

中島銅工は、液化ガス式コードレス熱工具および半田ごてチップの製造・販売を行っている。

テクノホライゾンは、中島銅工がグループ入りすることで、以下シナジーを想定している。

  • 半田ごてチップの高い製造力による品質やコスト競争力の改善
  • グローバルな基板実装業界を中心とした双方の商流活用による事業の拡大
  • ガス式半田ごての技術を応用したガス触媒燃焼方式によるさまざまな製品開発

電子部品・電気機械器具製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

電子部品・機械器具製造業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、電子部品・機械器具製造業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

テクノホライゾンに関連するM&Aニュース

ブイキューブ、プロフェッショナルワーク事業をテクノホライゾンに譲渡へ

株式会社ブイキューブ(3681)は2024年5月10日、取締役会決議に代わる書面決議において、エンタープライズDX事業の一部である緊急対策とフィールドワークの専門領域に特化したDX支援を行うプロフェッショナルワーク事業(以下「対象事業」)を、テクノホライゾン株式会社(6629、以下「テクノホライゾン社」)に譲渡することについて基本的に合意し、今後具体的な協議を進めていくため基本合意書を締結した。ブ

テクノホライゾン、ウェルダンシステムの全株式取得へ

テクノホライゾン株式会社(6629)は、ウェルダンシステム株式会社(東京都中野区)の全株式取得を決定した。テクノホライゾンは、映像&IT事業と、ロボティクス事業を主軸に事業展開している。ウェルダンシステムは、学校向けパッケージソフトを開発・販売を行っている。本件M&Aによりテクノホライゾンは、校務に多忙な教師の働き方改革を支援し、教育の質を高める好循環を生み出すことにつなげていく。

テクノホライゾン、幼児向けICT英語教材展開のCYBER DREAMを子会社化

テクノホライゾン株式会社(6629)は、株式会社CYBERDREAM(宮城県仙台市)の全株式を取得した。テクノホライゾンは、情報通信機器や光学機器の開発、販売などの事業を展開している。CYBERDREAMは、全国の幼稚園・保育園に、幼児向けのICT英語教材(ネイティブ英語)の開発販売と、サブスクリプション型のサポートサービスを行っている。本件M&Aによりテクノホライゾンは、以下のようなシナジーを期

テクノホライゾン、子会社含めた5社間で吸収合併へ

テクノホライゾン株式会社(6629)は、子会社含めた5社間でのグループ内組織再編を決定した。【グループ内組織再編の内容】・連結子会社のアイ・ティ・エル株式会社(東京都千代田区)を存続会社とし、連結子会社の株式会社エルモケイグランデ(東京都千代田区)、株式会社ファインシステム(愛知県名古屋市)、株式会社市川ソフトラボラトリー(千葉県千葉市)、非連結子会社のアジア株式会社(徳島県徳島市)の4社を消滅会

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・子会社・連結・シナジー」に関連するコラム

関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip 2022」に登壇!

広報室だより
関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip 2022」に登壇!

2022年11月下旬に大阪市内で開催された関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip2022」(主催:株式会社ニューズピックス)で、株式会社日本M&Aセンターの渡部恒郎がトークセッションに登壇しました。当日の模様を紹介します。(写真左から)株式会社日本M&Aセンター取締役渡部恒郎氏、株式会社スマートメディア代表取締役成井五久実氏、株式会社USEN-NEXTHOLDINGS執行役員/事業

家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

事業承継
家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

株式会社を家族に継がせるためには、オーナー経営者が持つ株式を、家族内の後継者に譲渡しなければなりません。その譲渡方法は3種類存在しますが、それぞれにメリット・デメリットがあり、また手続きの方法や税金などに違いがあります。本記事では、家族間で株式を譲渡する3つの方法についてご紹介します。事業承継は、今回ご紹介する親族承継のほか、従業員承継、外部への承継があります。それぞれの事業承継のポイントについて

株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

M&A全般
株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

株式譲渡は、株式の譲渡によってM&Aが完了し、比較的簡易な手続きであることから、中堅・中小企業のM&Aで多く用いられるスキームです。本記事では、株式譲渡の概要、メリットやデメリット、手続きの流れ、税金についてM&Aに精通した税理士がご紹介します。日本M&Aセンターのご支援するM&Aでは約9割の案件で株式譲渡の手法が用いられています。非上場株式が多くを占める中小企業M&Aには特有の論点があります。経

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

本記事では、クロスボーダーM&Aのスキームとして一般的な株式譲渡の場合に締結される株式譲渡契約書(英語ではSPA、SharePurchaseAgreementやStockPurchaseAgreementと表記されます。)について解説します。株式譲渡契約書(SPA)の一般的な内容一般的な株式譲渡契約書は概ね以下のような項目で構成されていることが多いです。売買の基本事項クロージング及びクロージング条

関連会社とは?関係会社・子会社との違いや、メリットなど解説

経営・ビジネス
関連会社とは?関係会社・子会社との違いや、メリットなど解説

関連会社に該当するかどうかは、議決権の割合によって定められています。本記事では関係会社や子会社との違いも含め、関連会社の概要についてご紹介します。日本M&Aセンターでは、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら関連会社とは?関連会社とは、親会社が議決権の20%以上を所有し「経営方針の決定に重要な影響を与えること

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

この記事では、クロスボーダーM&Aの手法として用いられることの多い株式譲渡について、基本的な事項をご紹介させていただきます。クロスボーダーM&Aとは日本企業が外国企業を譲り受けるIn-OutM&Aと外国企業が日本企業を譲り受けるOut-InM&Aを、国境をこえて行われるM&Aということで、クロスボーダーM&Aと呼びます。海外M&Aという呼ばれ方をする場合もあります。@sitelink株式譲渡とは株

「株式譲渡・子会社・連結・シナジー」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年9月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード