M&Aニュース

日清紡ホールディングス、ブレーキ事業の一翼を担うTMD社を譲渡へ

更新日:

日清紡ホールディングス株式会社(3105)は、ブレーキ事業の一翼を担うTMD Friction Group S.A.(ルクセンブルク、以下TMD社)の全株式を譲渡すると発表した。譲渡先は、AEQUITA SE & Co. KGaA(ドイツ、以下AEQUITA)傘下のAEQH27 S.à.r.l.(ルクセンブルク)。

TMD社の子会社であるTMD Friction Holdings GmbHに対する貸付債権も譲渡の対象となる。尚この取引の実施は、必要な許認可の取得などの手続きが完了することを条件にしている。

日清紡ホールディングスは、無線・通信事業や繊維事業、自動車用ブレーキ摩擦材事業など幅広い事業を展開する事業持株会社。

TMD社は、ブレーキ摩擦材・部品の製造・販売を行っている。

AEQUITAは、ドイツのミュンヘンに本社を置く世界的な産業グループ。

日清紡ホールディングスは、2011年に欧州の大手摩擦材メーカーであるTMD社を加えて、世界トップの市場シェアを獲得した。その後、TMD社は収益力を上げるために事業改革を進めてきたが、地球環境の急変や自動車業界の新課題などの挑戦が続いていた。このような状況下で、TMD社が競争力を保ち成長を続けるには、さらなる抜本的な改革が必要だと結論づけた。

この背景を受け、自動車業界での経験と事業改革のノウハウを持つAEQUITAの傘下で、TMD社の持続的な発展と成長が最良だと判断し、本譲渡の決定に至る。

日清紡ホールディングスは、日清紡ブレーキ株式会社のブレーキ事業を強化し、銅フリー摩擦材の市場シェアを高め、グループの収益基盤の強固を図る。

・今後の予定
株式譲渡日 2023年11月30日

繊維・衣服・装飾品製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

繊維・衣服・装飾品製造業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、繊維・衣服・装飾品製造業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

日清紡ホールディングスに関連するM&Aニュース

日清紡HD、子会社日清紡シンガポールと共同でHVJホールディングスの株式取得へ

日清紡ホールディングス株式会社(3105)は、完全子会社であるNisshinboSingaporePte.Ltd.(以下、日清紡シンガポール)と共同で、HVJホールディングス株式会社(東京都千代田区)の株式取得を決定し、株式譲渡契約を締結した。また、本株式取得に伴い、HVJホールディングスの子会社である株式会社日立国際電気(東京都港区)を日清紡ホールディングスの連結子会社とする。日立国際電気の株式

AMI、日清紡HDと資本業務提携

AMI株式会社(鹿児島県鹿児島市)は、日清紡ホールディングス株式会社(東京都中央区)と資本業務提携を締結し、1.5億円を資金調達した。AMIは、医療機器の開発・遠隔医療サービスの実装を目指す研究開発型スタートアップ企業。日清紡HDは、エレクトロニクス、ブレーキ、精密機器、化学品、繊維を事業とする、環境・エネルギーカンパニーグループ。本提携を通じ、両社の持つ技術やノウハウによりシナジー効果創出を図り

日清紡HD(3105)の連結子会社JRCモビリティ、大手自動車メーカーの車載機器の開発支援を行うRBI GmbHとLEAS GmbHを買収、完全子会社化

日清紡ホールディングス株式会社(3105)の連結子会社であるJRCモビリティ株式会社(東京都中央区)は、ドイツの現地法人RBIGmbH(ドイツ・ハイムスハイム)とLEASGmbH(ドイツ・ハイムスハイム)を買収し、完全子会社化することを決定した。日清紡HDは、「環境・エネルギーカンパニー」グループとして、「モビリティ」「インフラストラクチャー&セーフティー」「ライフ&ヘルスケア」の3つの戦略的事業

日清紡HD(3105)、リコー(7752)の半導体子会社リコー電子デバイスを株式取得により子会社化

日清紡ホールディングス(3105)は、リコー(7752)から、子会社であるリコー電子デバイス株式会社(大阪府池田市)の株式160株(持株割合80.0%)を取得し、子会社化することを決定した。日清紡HDは、エレクトロニクス事業において、情報通信システムを主力とした日本無線株式会社とアナログ半導体とマイクロ波製品を展開する新日本無線株式会社の2つの子会社を中核として、インフラや船舶向けの無線通信システ

日清紡HD(3105)、連結子会社のファウンデーションブレーキ事業をアイシン精機(7259)グループ傘下の豊生ブレーキ工業に譲渡

日清紡ホールディングス(3105)は、連結子会社である日清紡ブレーキ株式会社(東京都中央区)等において営む自動車用ブレーキ事業の内、ファウンデーションブレーキ事業を、アイシン精機(7259)グループの主要子会社の1社である豊生ブレーキ工業株式会社(愛知県豊田市)に譲渡することを決定した。本件は、日清紡ブレーキが新設立する完全子会社に対して、日清紡ブレーキが対象事業に関して有する資産等を会社分割によ

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・子会社」に関連するコラム

関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip 2022」に登壇!

広報室だより
関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip 2022」に登壇!

2022年11月下旬に大阪市内で開催された関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip2022」(主催:株式会社ニューズピックス)で、株式会社日本M&Aセンターの渡部恒郎がトークセッションに登壇しました。当日の模様を紹介します。(写真左から)株式会社日本M&Aセンター取締役渡部恒郎氏、株式会社スマートメディア代表取締役成井五久実氏、株式会社USEN-NEXTHOLDINGS執行役員/事業

会社を売りたい。会社売却を考えた際に知っておくべきポイントとは

事業承継
会社を売りたい。会社売却を考えた際に知っておくべきポイントとは

事業を継いでくれる後継者が見つからない場合、残される選択肢は廃業、そして会社の売却です。本記事では、会社売却の動向、会社売却のメリットなどを整理したうえで、売却時の注意点や全体の流れについて解説します。事業承継を断念する前に、会社を売却し事業を存続させる方法について話を聞いてみませんか?数々の事業承継をご支援してきたコンサルタントが、M&Aによる取引価額、売却先候補についてご案内致します。ご相談は

家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

事業承継
家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

株式会社を家族に継がせるためには、オーナー経営者が持つ株式を、家族内の後継者に譲渡しなければなりません。その譲渡方法は3種類存在しますが、それぞれにメリット・デメリットがあり、また手続きの方法や税金などに違いがあります。本記事では、家族間で株式を譲渡する3つの方法についてご紹介します。事業承継は、今回ご紹介する親族承継のほか、従業員承継、外部への承継があります。それぞれの事業承継のポイントについて

株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

M&A全般
株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

株式譲渡は、株式の譲渡によってM&Aが完了し、比較的簡易な手続きであることから、中堅・中小企業のM&Aで多く用いられるスキームです。本記事では、株式譲渡の概要、メリットやデメリット、手続きの流れ、税金についてM&Aに精通した税理士がご紹介します。日本M&Aセンターのご支援するM&Aでは約9割の案件で株式譲渡の手法が用いられています。非上場株式が多くを占める中小企業M&Aには特有の論点があります。経

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

本記事では、クロスボーダーM&Aのスキームとして一般的な株式譲渡の場合に締結される株式譲渡契約書(英語ではSPA、SharePurchaseAgreementやStockPurchaseAgreementと表記されます。)について解説します。株式譲渡契約書(SPA)の一般的な内容一般的な株式譲渡契約書は概ね以下のような項目で構成されていることが多いです。売買の基本事項クロージング及びクロージング条

関連会社とは?関係会社・子会社との違いや、メリットなど解説

経営・ビジネス
関連会社とは?関係会社・子会社との違いや、メリットなど解説

関連会社に該当するかどうかは、議決権の割合によって定められています。本記事では関係会社や子会社との違いも含め、関連会社の概要についてご紹介します。日本M&Aセンターでは、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら関連会社とは?関連会社とは、親会社が議決権の20%以上を所有し「経営方針の決定に重要な影響を与えること

「株式譲渡・子会社」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年8月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード