M&Aニュース

スズキ、インドの完全子会社Suzuki Motor Gujarat Private Limited.を異動へ

更新日:

スズキ株式会社(7269)は、連結子会社であるMaruti Suzuki India Limited.(インド ニューデリー、以下マルチスズキ)が、完全子会社であるSuzuki Motor Gujarat Private Limited.(インド グジャラート、以下SMG)の全株式を取得することを決定した。

スズキは、四輪車・二輪車・マリン製品事業を中心に行う、大手機械メーカー。

マルチスズキおよびSMGは、四輪車生産販売事業を行う。

SMGは、マルチスズキと生産委託契約を締結し、2017年より四輪車の生産を開始。車両は全数マルチスズキへ供給している。
マルチスズキにおいては、SMGとの間の生産委託契約が終了すると、スズキが持つSMG株式のすべてを取得する権利を有している。

生産委託契約を終了し、マルチスズキがスズキの持つSMG株のすべてを取得することによりSMGを子会社化する。
今回の生産体制の再編は、マルチスズキがインドでの四輪車の生産を統括することにより、生産業務の効率化を通じ競争力を更に高めることを目的としている。

輸送用機械・部品製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

スズキに関連するM&Aニュース

スズキ、CVCファンドを通じカナダのスタートアップInmotiveへ出資

スズキ株式会社(7269)は、コーポレートベンチャーキャピタルファンド「SuzukiGlobalVentures」(スズキグローバルベンチャーズ)を通じて、InmotiveInc.(カナダオンタリオ州)に出資した。スズキは、四輪車・二輪車・マリン製品事業を中心に行う、大手機械メーカー。InmotiveInc.は、電気自動車向け二段変速機の開発を行っているスタートアップ企業。両社は、2022年12月

スズキ、朝霧バイオマス発電所を所有する富士山朝霧Biomassへ出資

スズキ株式会社(7269)は、合同会社富士山朝霧Biomass(静岡県富士宮市)へ出資した。スズキは、四輪車・二輪車・マリン製品事業を中心に行う、大手機械メーカー。2022年8月から、インド政府関係機関の全国酪農開発機構とともにバイオガス実証事業を実施することで合意していた。富士山朝霧Biomassは、朝霧バイオマス発電所を所有しており、地元の酪農家・農家から回収した牛ふんを発酵させ精製したバイオ

スズキ、次世代モビリティ用ソフトウェア開発の強化に向け豪Applied Electric Vehiclesへ出資

スズキ株式会社(7269)は、次世代モビリティ用ソフトウェア開発の強化にむけて、AppliedElectricVehiclesLtd(オーストラリア・ビクトリア州、AppliedEV)へ出資した。スズキは、四輪車事業、二輪車事業、マリン事業、福祉機器・産業機器事業の4領域で事業を展開している。AppliedEVは、モビリティ分野のソフトウェアの開発・提供を行っている。車両の機能を向上させる統合制御

スズキとダイハツ、商用事業プロジェクト「Commercial Japan Partnership」に参画

スズキ株式会社(7269)、ダイハツ工業株式会社(大阪府池田市)は、商用事業プロジェクト「CommercialJapanPartnership」に参画することを決定した。参画にあたり、スズキとダイハツは、トヨタ自動車株式会社(7203)が保有するCommercialJapanPartnershipTechnologies株式会社(東京都文京区、コマーシャル・ジャパン・パートナーシップ・テクノロジー

トヨタ自動車(7203)、スズキ(7269)と資本提携へ

トヨタ自動車(7203)とスズキ(7269)は、自動運転分野を含めた新たなフィールドにおいて長期的な提携関係の構築・推進を目指すべく、資本提携に関する合意書を締結した。トヨタは、スズキが実施する第三者割当による自己株式の処分により、スズキの普通株式24,000,000株(発行済株式総数に対する所有割合4.94%を取得する。取得価額は960億円。スズキは、市場買付により480億円相当のトヨタ株式を取

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・子会社・連結」に関連するコラム

関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip 2022」に登壇!

広報室だより
関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip 2022」に登壇!

2022年11月下旬に大阪市内で開催された関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip2022」(主催:株式会社ニューズピックス)で、株式会社日本M&Aセンターの渡部恒郎がトークセッションに登壇しました。当日の模様を紹介します。(写真左から)株式会社日本M&Aセンター取締役渡部恒郎氏、株式会社スマートメディア代表取締役成井五久実氏、株式会社USEN-NEXTHOLDINGS執行役員/事業

会社売却をしたら退職金はどうなる?

M&A全般
会社売却をしたら退職金はどうなる?

会社売却後に退職する場合、退職金はもともとの規定が引き継がれるのでしょうか。支払われる金額や方法、時期などに変化が生じるのでしょうか。本記事では、会社売却にともない退職者が出た場合の従業員や役員の退職金、注意すべきポイントについて解説します。@sitelink退職金とは退職金とは、従業員の退職時に雇用主である会社が支払う金銭のことで、通常の給与や賞与とは別に支給されるものです。退職金制度の導入は法

会社売却とは?メリットや注意点、売却までの流れを解説

M&A全般
会社売却とは?メリットや注意点、売却までの流れを解説

会社売却を行うにあたって押さえておきたいポイントは複数存在します。本記事では会社売却のメリットや注意点、売却額の算出方法、会社売却を進める流れについてご紹介します。会社売却とは?会社売却とは、会社の事業や資産を第三者に売却して対価を受け取るプロセスを指します。会社売却が検討されるケースとしては、経営を引き継ぐ人材がいない「後継者不在」、業界の再編などで事業の先行きに対する不安、あるいは大手傘下に入

会社売却後どうなる?会社、社長、社員への影響を解説

M&A全般
会社売却後どうなる?会社、社長、社員への影響を解説

中小企業のオーナー経営者が会社売却を検討する際「売却した後、関係者に与える影響が一番気がかり」と考える人は少なくありません。本記事では、中小企業が会社売却をおこなう際、会社関係者、取引先などそれぞれのステークホルダーに与える影響、メリット、注意点についてご紹介します。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様

企業買収とは?買収スキームやメリット・デメリットを解説

M&A全般
企業買収とは?買収スキームやメリット・デメリットを解説

事業承継や業界再編への対応策として、企業買収の動きは今後ますます加速することが考えられます。本記事では、企業買収の基礎を整理した上で、その種類やメリット・デメリット、具体的な流れなどについて解説します。買収をご検討の方は、希望条件(地域、業種など)を登録することで、条件に合致した譲渡案件のご提案や新着案件情報を受け取ることができます。まずは登録から始めてみませんか?買収希望条件の登録(無料)はこち

非上場株式とは?譲渡するメリット、手続き、税金などをわかりやすく解説

M&A全般
非上場株式とは?譲渡するメリット、手続き、税金などをわかりやすく解説

非上場株式の譲渡は、中小企業の後継者不足などを背景とし、近年増加傾向にあります。本記事では、非上場株式の概要、メリットや注意点、手続きの流れについてご紹介します。日本M&Aセンターは上場企業、中堅・中小企業のM&A・企業戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお尋ねください。M&A・企業戦略に関するご相談はこちらから非上場株式とは?非上場株式とは、証券取引所に上場して

「株式譲渡・子会社・連結」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年7月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード