スズキとダイハツ、商用事業プロジェクト「Commercial Japan Partnership」に参画

スズキ株式会社(7269)、ダイハツ工業株式会社(大阪府池田市)は、商用事業プロジェクト「Commercial Japan Partnership」に参画することを決定した。
参画にあたり、スズキとダイハツは、トヨタ自動車株式会社(7203)が保有するCommercial Japan Partnership Technologies 株式会社(東京都文京区、コマーシャル・ジャパン・パートナーシップ・テクノロジーズ)の株式を発行済株数の10%ずつ譲受ける。

輸送用機械・部品製造業界のM&A

スズキは、四輪車、二輪車、船外機、電動車いすなどの製品を提供している。

ダイハツ工業は、自動車、産業車両、その他各種車両およびその部品の製造、販売、賃貸および修理などを行っている。

トヨタは、自動車の生産・販売を行っている。

コマーシャル・ジャパン・パートナーシップ・テクノロジーズは、商用車におけるCASE技術・サービスの企画を行っている。

本件により、スズキとダイハツは、軽自動車においてCASE技術の普及を通じたカーボンニュートラルへの取り組みの加速を図る。

M&Aでできること

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。