M&Aニュース

エルテス、環境エネルギー普及株式会社を第三者割当増資引受により連結子会社化へ

株式会社エルテス(3967)は、環境エネルギー普及株式会社(岩手県紫波郡紫波町)を、第三者割当増資の引受けにより、連結子会社化することを決定した。
議決権所有割合は51.29%となる。

エルテスは、リスク検知に特化したビッグデータ解析によるソリューションを提供している。デジタルリスク、 AIセキュリティ、DX推進などの事業を展開している。

環境エネルギー普及株式会社は、バイオマス発電・発熱事業を行っている。完全子会社である紫波グリーンエネルギー株式会社では、地域の森林由来の木質バイオマスを利用した熱供給により、エルテスグループと連携する岩手県紫波町の再開発地域内のインフラ運用を担っている。

本件により、エルテスは、地域内の資源を活用したエネルギーの供給・利用・再生を行い、それらをデジタルで適切に管理するモデルを構築し、推進するスマートシティ事業の核として全国展開を目指す。

・今後の予定
株式譲渡契約締結/第三者割当増資引受 2022年7月下旬

インターネット関連サービス業界のM&A・事業承継の動向はこちら

エルテスに関連するM&Aニュース

エルテスの子会社JAPANDX、バンズ保証の全株式取得及びバンズシティの一部事業を取得へ

株式会社エルテス(3967)の連結子会社である株式会社JAPANDX(東京都千代田区)は、バンズ保証株式会社(東京都千代田区)の全発行済普通株式を取得し、子会社化することを決定した。また、バンズシティ株式会社(東京都千代田区)のプロパティ・マネジメント事業を取得することを目的とした基本合意書を締結した。エルテスは、デジタルリスク事業、AIセキュリティ事業、DX推進事業など、デジタルリスク・ソリュー

エルテス、セキュリティ監視サービスを提供するラックと資本業務提携契約を締結

株式会社エルテス(3967)は、株式会社ラック(東京都千代田区)との間で資本業務提携契約を締結した。エルテスは、デジタルリスク事業、AIセキュリティ事業、DX推進事業を展開している。ラックは、セキュリティソリューションサービス、システムインテグレーションサービス、情報システム関連商品の販売およびサービスなどを行っている。本資本業務提携により、エルテスは、内部不正監視(インターナルリスクマネジメント

エルテス、警備事業の子会社AIKにて東洋テックからの出資を受け入れ

株式会社エルテス(3967)は、子会社の株式会社AIK(東京都千代田区)にて第三者割当増資を行い、東洋テック株式会社(大阪府大阪市)からの出資を受け入れた。エルテスは、デジタルリスク事業、AIセキュリティ事業、DX推進事業を展開している。AIKは、警備業界向けDXソリューションの開発・提供および警備・セキュリティサービス事業を行っている。東洋テックは、法人向けの警備・ビルメンテナンス・セキュリティ

エルテス、デジタルマーケティング企業アクターの全株式を取得し、完全子会社化へ

株式会社エルテス(3967)は、アクター株式会社(岡山県岡山市)の全株式を取得し、完全子会社化することを決定した。エルテスは、リスク検知に特化したビッグデータ解析によるソリューションの提供を行っている。アクターは、WEB広告運用、WEBサイト企画・制作・運営・保守を行っている。本件M&Aにより、エルテスは、デジタルマーケティング領域への進出の加速を図る。また、アクターの有する金融機関向けサービスの

エルテス、GloLingの全株式取得、完全子会社化へ

株式会社エルテス(3967)は、株式会社GloLing(東京都新宿区)の全株式を取得し、完全子会社化することを決定した。エルテスは、リスク検知に特化したビッグデータ解析によるソリューションの提供を行っている。GloLingは、SES事業、受託開発事業、メインフレーム事業を展開。金融、物流・製造、小売、行政、通信、教育など幅広い業種・業界の企業に対して、コンサルティングから実装までの幅広いシステム開

この記事に関連するタグ

「第三者割当増資・株式譲渡・子会社」に関連するコラム

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

2025年問題とは?待ったなしの事業承継問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

事業承継
2025年問題とは?待ったなしの事業承継問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

日本M&AセンターでM&Aを実行されたお客様の多くは「M&Aっていいものだね!」とおっしゃられます。その思いや実例をより広くお届けするために今春からYouTubeチャンネルではじまった「いいM&Aチャンネル」。本記事では動画の概要をご紹介します。※動画本編はこちらから2021年のM&A件数は過去最多に岡本:早速ですけど、M&Aは年間どのくらい行われているかご存じですか?縄田:いやいや、この業界長い

日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

M&A全般
日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は前回に引き続き日立製作所による日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)日立製作所と日立物流が正式発表へ西川:前回(日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは)につづき日立物流パート2

西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

M&A全般
西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は西武ホールディングスによる西武建設の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)※撮影は2022年1月下旬に行われました。西武ホールディングス、西武建設売却へ西川:今年に入って1月はコロナ禍にも関わら

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

「第三者割当増資・株式譲渡・子会社」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年6月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード