M&Aニュース

ブイキューブ、米国でイベント DX 事業を行うXyvid Inc.を買収、子会社化へ

株式会社ブイキューブ(3681)は、Xyvid Inc.(アメリカ・ペンシルベニア州)を買収することを決定した。
取得価額は、約1,650百万円。

システム・組込ソフト開発・情報処理支援業界のM&A

ブイキューブは、ビジュアルコミュニケーションツールの企画・開発・販売・運用・保守、企業などへのビジュアルコミュニケーションサービスの提供を行っている。

Xyvid社は、ウェビナーのシステム開発・販売および配信を行っている。

本件により、ブイキューブおよびグループは、世界最大市場である米国市場におけるイベントDX事業の拡大を図る。
また、シンガポールを中心とする東南アジアマーケットにおいてはXyvid社のサービスを活用したイベントDX事業の拡大と合わせ、日本マーケットにおける製品ポートフォリオの拡大などの効果を通じて、現在のイベントDX事業の高い成長をさらに加速させる。

・今後のスケジュール
契約締結および株式取得日(クロージング) 2021年6月3日

この記事に関連するタグ

「クロスボーダーM&A・子会社・株式譲渡・買収」に関連するM&Aニュース

ネクスグループ(6634)の連結子会社、アイスタディ(2345)と資本業務提携

ネクスグループ(6634)の連結子会社である株式会社イーフロンティア(東京都新宿区)は、ブイキューブ(3681)の連結子会社アイスタディ(2345)と資本業務提携を実施し、同社が実施する第三者割当増資の引き受けを決定した。アイスタディが実施する第三者割当増資実施後の発行済株式総数に対する所有割合11.99%相当をイーフロンティアが取得する。取得価額は259,200,000円。アイスタディは、企業に

エムスリー(2413)、ブイキューブ(3681)と合弁解消によりWeb講演会事業運営のエムキューブを完全子会社化

エムスリー(2413)は、ブイキューブ(3681)との合弁を解消し、両社の合弁会社であるエムキューブ株式会社(東京都港区)を完全子会社化することを決定した。エムスリーは、ブイキューブの保有するエムキューブ株式49.0%を全て譲受ける。譲受け価額は概算4,630万円。エムキューブは、平成26年3月の設立以来、主に製薬企業向けWeb講演会を中心としたデジタルマーケティングサービスの提供および企画開発、

ブイキューブ(3681)、連結子会社システム・テクノロジー・アイ(2345)の株式の一部を譲渡

株式会社ブイキューブ(3681)は、連結子会社である株式会社システム・テクノロジー・アイ(2345)(STI)株式の一部を譲渡することを決定した。議決権所有割合は66.81%から60.86%となる。譲渡価額は86,560,000円。STIは、eラーニング学習ソフトウェア「iStudyシリーズ」、学習管理システムの開発及び販売をしている。STI株式の流通株式時価総額が有価証券上場規程に定める所要額未

ブイキューブ(3681)、システム・テクノロジー・アイ(2345)株式を公開買付け

株式会社ブイキューブ(3681)は、株式会社システム・テクノロジー・アイ(2345)の普通株式並びに第6回新株予約権を公開買付けにより取得すること、及びシステム・テクノロジー・アイと資本業務提携を行うことを決定した。ブイキューブはシステム・テクノロジー・アイを連結子会社とすることを目的としており、基本的には上場廃止を企図していはいない。しかし、ブイキューブは買付予定数の下限を総株主の議決権の数に対

ブイキューブ(3681)、シンガポールの教育プラットフォーム提供会社Wizlearn社を買収

株式会社ブイキューブ(3681)は、完全子会社であるV-cubeGlobalServicesPte.Ltd.(シンガポール)を通じて、WizlearnTechnologiesPte.Ltd.(同国)の買収について、インド最大手の教育プラットフォームを提供するEducompSolutionsLtd.(インド共和国)の完全子会社であり、Wizlearn社の完全親会社であるEducompIntellip

「クロスボーダーM&A・子会社・株式譲渡・買収」に関連するコラム

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

キリンホールディングスの事例から読み解く!M&Aポイント解説

海外M&A
キリンホールディングスの事例から読み解く!M&Aポイント解説

国内外のM&Aに精通するDr.(ドクター)Mが、身近なM&A事例を用いて、独自の視点でポイントをわかりやすく解説する新企画「Dr.MのM&Aポイント解説」。第1回で取り上げる企業は「キリンホールディングス」。国内ビール業界の中でも海外展開を積極的に進めてきたキリンで、いま何が起きているのでしょうか。|*概要*||-------------------------------------------

2021年のM&A件数は過去最多、2022年トレンド予測

広報室だより
2021年のM&A件数は過去最多、2022年トレンド予測

2021年のM&A件数は2020年に比べて14.7%増加し、4,280件(レコフデータ調べ)と2019年の4,088件を上回り、過去最多を記録しました。大きな要因は、コロナ禍によるM&Aの後倒しと金融緩和が考えられます。右肩上がりだったM&A件数は2020年こそ2019年に比べてM&A件数は減少しましたが、延期されていた案件が21年に成約した例も少なくありませんでした。世界中でM&A件数が増加して

【大人気セミナー「買収の参観日」開催レポート】日本初のM&A仲介業務に自動付帯する保険サービスがスタート!

広報室だより
【大人気セミナー「買収の参観日」開催レポート】日本初のM&A仲介業務に自動付帯する保険サービスがスタート!

M&Aの買い手企業として知っておきたい考え方やテクニックを紹介する日本M&Aセンターの人気オンラインセミナー「買収の参観日」が2021年12月10日に開催されましたのでセミナーレポートをお届けいたします。7回目を迎える今回は、下記の3つのテーマについてお話ししました。1、実行する前に知っておくべきM&Aの基礎知識2、当社仲介案件に付与する「表明保証保険」について3、データが導き出す買収戦略とマッチ

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

コングロマリットとは?その特徴とメリット、いま注目されている理由を解説!

経営・ビジネス
コングロマリットとは?その特徴とメリット、いま注目されている理由を解説!

事業規模がある程度以上大きくなった企業は、傘下にいくつもの子会社を持つグループ企業へと成長していきます。このグループ企業の組織編成にはいくつかの様式があり、それぞれに長所と短所があるため、各グループの経営方針や収益構造、ターゲットとしているマーケットになどを考慮しながら企業体の編成方法が選択されます。この企業体の編成方法の一つとして、いま注目を浴びているのが「コングロマリット」です。本記事では、コ

「クロスボーダーM&A・子会社・株式譲渡・買収」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2021年6月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード