M&Aニュース

クリエイターニンジャ、ベクトルの子会社を展開するLiver Bankと資本業務提携へ

クリエイターニンジャ株式会社(東京都港区)は、株式会社ベクトル(6058)の子会社 株式会社Liver Bank(東京都港区)と資本業務提携を行った。

クリエイターニンジャは、YouTube分析ツールをはじめYouTuberキャスティングおよびメディア事業を展開している。

ベクトルは、PR業務代行・コンサルティング、ブランディング業務、IRコミュニケーション、キャスティング、リスクマネジメント業務、マーケティングリサーチ業務、イベントの企画/実施、SNSコミュニケーション、マーケティング事業を行っている。

子会社Liver Bankは、ライバーマネジメント事業、キャスティング事業、スクール事業、ファンコミュニティ事業を行っている。

本提携により、クリエイターニンジャは、今後Liver Bankが持つ様々なマーケティングノウハウとクリエイターニンジャが提供する「TUBERS」のデータ分析に基づき、より効果的なYouTubeマーケティングの実現を支援し、「TUBERS」上でのキャスティング機能の拡充を図る。
また、、クリエイターに対して、プラットフォームの多様化やプロジェクトに関わるメンバーの増加によって煩雑になる収益管理を改善するサービスや、クリエイター同士のマネタイズによる成長支援を行うサービスを今後共同で開発していき、さらなる事業拡大を目指す。

広告・PR・販促業界のM&A・事業承継の動向はこちら

ベクトルに関連するM&Aニュース

ベクトル、店舗DXサービスを展開するジオベックの株式取得、子会社化へ

株式会社ベクトル(6058)は、株式会社ジオベック(大阪市中央区)の発行済株式の一部を取得し、第三者割当増資を引き受けることにより、ジオベックを連結子会社化した。議決権所有割合は89.9%となる。ベクトルは、PR業務代行・コンサルティング、ブランディング業務、IRコミュニケーション、キャスティングなどを行っている。ジオベックは、美容業界に特化した店舗DXサービスであるクラウド型サロンシステムを提供

Sun Asterisk、ベクトルの子会社 Liver Bankと資本業務提携

株式会社SunAsterisk(4053)は、株式会社ベクトル(6058)の子会社である株式会社LiverBank(東京都港区)と資本業務提携した。Sun\*は、様々な産業のデジタライゼーションを促進し、社会をアップデートする価値創造を実現させる事業を展開している。ベクトルは、PR業務代行・コンサルティング、ブランディング業務、IRコミュニケーション、キャスティングなどを行っている。LiverBa

中小ベンチャー企業向け財務コンサルティング会社The CFO Consulting、ベクトル(6058)と資本業務提携

TheCFOConsulting株式会社(東京都港区)は、ベクトル(6058)と資本業務提携を行った。TheCFOConsultingは、中小・ベンチャー企業向け財務コンサルティング、IPO支援を行っている。ベクトルは、総合PR会社。本提携により、TheCFOConsultingは、ベクトルの保有するITを駆使した最新のマーケティング手法を取り入れることで、プロモーションの強化を図り、中小・ベンチ

ベクトル(6058)、WEBマガジン制作・運営のOPENERSを子会社化

ベクトル(6058)は、株式会社OPENERS(東京都渋谷区)の発行済株式90%を取得し、子会社化することを決定した。ベクトルグループは、従来の戦略PR領域のみならず、SNS施策やアドテクを活用した動画戦略、WEBメディア運営などITを駆使した最新のマーケティング手法を用いたコミュニケーションサービスを提供している。OPENERSは、ラグジュアリーライフスタイルマガジン「OPENERS」をはじめ、

ベクトル(6058)及び子会社のIRTV、株主管理サービス「プレミアム優待倶楽部」提供のウィルズと資本提携

ベクトル(6058)及び子会社である株式会社IRTV(東京都港区)は、株式会社ウィルズ(東京都港区)と資本提携を行った。ウィルズは、ブロックチェーン技術を活⽤した株主管理サービス「プレミアム優待倶楽部」を提供している。ベクトル・IRTVとウィルズは、今年7⽉24⽇付けで業務提携を開始していた。本提携により、ベクトルは、「プレミアム優待倶楽部」をIRTVにおいてもサービス提供するともに、自社グループ

この記事に関連するタグ

「業務提携・資本業務提携」に関連するコラム

資本提携とは?業務提携との違いやメリット・デメリット、手続きの流れを解説

経営・ビジネス
資本提携とは?業務提携との違いやメリット・デメリット、手続きの流れを解説

企業の競争力を強化するために、一社単独ではなく、複数の企業がそれぞれ持つ経営資源を提供し合い、複合的なシナジー効果を目指す場合があります。このような形態の一つが、資本提携です。本記事では、資本提携とはどのようなもので、業務提携やM&Aとは何が違うのかを明確にしつつ、メリットやデメリット、手続きの流れなどについて解説します。資本提携とは?資本提携とは、複数(通常は2社)の企業がそれぞれの技術やノウハ

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

経営・ビジネス
「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

現在、ビジネスでは当たり前のように使われる「アライアンス」という言葉ですが、詳しく説明できる方は少ないのではないでしょうか。本記事ではアライアンスに焦点を当てて、詳しくご説明します。アライアンスの意味と概要アライアンス(alliance)は日本語にすると、「同盟・連合・提携・縁組」と訳されます。ビジネスの場面では、一般的に「業務提携」「戦略的同盟」といった意味で用いられます。より具体的にいうと、業

業務提携とは?その種類やメリット・デメリット、成功事例を紹介

M&A全般
業務提携とは?その種類やメリット・デメリット、成功事例を紹介

*厳しい競争が繰り広げられているビジネス界では、各企業による熾烈な競争が日々行われています。これら企業同士の関係は、ライバル関係にある場合もありますが、そればかりではありません。ときには共に協力し合い、お互いの不足する面を補いながら業績を伸ばしていくことも必要だといえます。このように、企業同士が友好的な関係を築き、互いに業務を補完し合う施策のひとつが業務提携です。そこで本記事では、業務提携とは何な

「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2021年5月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード