M&Aニュース

エムスリー(2413)、ブイキューブ(3681)と合弁解消によりWeb講演会事業運営のエムキューブを完全子会社化

エムスリー(2413)は、ブイキューブ(3681)との合弁を解消し、両社の合弁会社であるエムキューブ株式会社(東京都港区)を完全子会社化することを決定した。
エムスリーは、ブイキューブの保有するエムキューブ株式49.0%を全て譲受ける。譲受け価額は概算4,630万円。

エムキューブは、平成26年3月の設立以来、主に製薬企業向けWeb講演会を中心としたデジタルマーケティングサービスの提供および企画開発、また医療機関へのビジュアルコミュニケーションサービスの提供などを手掛けてきた。

エムスリーおよびブイキューブは、エムキューブの事業のさらなる成長のためにそれぞれが得意分野に注力することが最良の選択と考え、合弁解消に至った。本件後もブイキューブとエムキューブの取引関係は継続される予定。

本件により、エムスリーは、エムキューブとの連携を深めながら、エムキューブの既存事業の機能やサービス、品質を強化し、付随サービスやソリューションの共同開発などを進める。

●今後のスケジュール
株式譲渡日 平成28年11月1日

インターネット関連サービス業界のM&A・事業承継の動向はこちら

この記事に関連するタグ

この企業に関連するM&Aニュース

エムスリー、キヤノンメディカルシステムズから診療所向け医事会計及び電子カルテ事業を譲受へ

エムスリー株式会社(2413)は、キヤノンメディカルシステムズ株式会社(栃木県大田原市)より、診療所向け医事会計および電子カルテ事業を譲り受けることを決定した。譲受した事業は、子会社であるエムスリーソリューションズ株式会社(愛知県名古屋市)へ統合する。エムスリーは、インターネットを利用した医療関連サービスの提供を行っている。キヤノンメディカルシステムズは、医療用機器の開発・製造・販売・技術サービス

エムスリー、訪問医療現場のDX化推進を目指しロジックを子会社化へ

エムスリー株式会社(2413)は、介護・看護事業所向け業務支援SaaS「Care-wing介護の翼」を提供する株式会社ロジック(石川県金沢市)を子会社化することを決定した。エムスリーは、医療従事者専門サイト「m3.com」を運営し、製薬会社向けマーケティング支援サービスや治験支援サービスなどを提供している。ロジックは、訪問介護・看護事業所向け業務支援SaaS「Care-wing介護の翼」の開発・製

エムスリー、医療従事者専門サイト運営のロシア企業MirVracha LLCを子会社化

エムスリー株式会社(2413)は、ロシアで医師向けウェブサイトを運営するMirVrachaLLC(モスクワ、ミール・ブラチャー)を子会社化した。エムスリーは、医療従事者専門サイト「m3.com」を運営し、製薬会社向けマーケティング支援サービスや治験支援サービスなどを提供。また製薬会社向けマーケティング支援サービス、調査サービス、医師転職支援サービスなど事業を展開している。ミール・ブラチャーは、医療

エムスリー、3Hグループ4社を完全子会社化

エムスリー株式会社(2413)は、ペイシェントリクルートメント等の臨床試験・臨床研究支援サービスを提供する3Hホールディングス株式会社(東京都豊島区)、3Hメディソリューション株式会社(東京都豊島区)、3Hクリニカルトライアル株式会社(東京都豊島区)およびその完全子会社である3HCTS株式会社(東京都豊島区)を完全子会社化することを決定した。エムスリーは、インターネットを利用した医療関連サービス事

ベストケアー、エムスリーグループ子会社ワイズよりヘルスケア事業譲受けへ

株式会社ベストケアー(東京都板橋区)は、株式会社ワイズ(東京都港区)から、鍼灸整骨院3店舗と通所介護事業所3店舗を譲り受けることを決定した。ベストケアーは、首都圏で居宅介護支援、訪問介護、福祉用具貸与・販売・住宅改修、障がい者支援などサービスを提供している。教育および医療福祉事業を中核事業として展開するNSGグループのひとつ。ワイズは、保険外サービス『脳梗塞リハビリセンター』運営、リハビリ支援事業

ブイキューブ、米国でイベント DX 事業を行うXyvid Inc.を買収、子会社化へ

株式会社ブイキューブ(3681)は、XyvidInc.(アメリカ・ペンシルベニア州)を買収することを決定した。取得価額は、約1,650百万円。ブイキューブは、ビジュアルコミュニケーションツールの企画・開発・販売・運用・保守、企業などへのビジュアルコミュニケーションサービスの提供を行っている。Xyvid社は、ウェビナーのシステム開発・販売および配信を行っている。本件により、ブイキューブおよびグループ

エムスリー、眼科に特化した医療機器販売を行っている東和産業の全株式取得、子会社化

エムスリー株式会社(2413)は、東和産業株式会社(大阪府大阪市)の全発行済株式を取得することを決定した。エムスリーは、インターネットを利用した医療関連サービスの提供を行っている。「m3.com」を中心とするプラットフォームを活用し、多様なサービスを展開している。東和産業は、眼科医療機器の販売及び卸売業、眼科新設・開業プランニング、設備全般、メンテナンスを行っている。本件M&Aにより、エムスリーは

エムスリー(2413)、ヒューマより被験者リクルートメント事業を譲受け

エムスリー株式会社(2413)は、株式会社ヒューマ(東京都港区)より被験者リクルートメント事業を譲り受けることを決定した。エムスリーの子会社として同事業を推進する株式会社QLife(東京都港区)へ当該事業を統合させる。エムスリーは、日本の医師の9割にあたる28万人以上が登録する医療従事者専門サイト「m3.com」を運営し、製薬会社向けマーケティング支援サービス等を提供している。ヒューマは、被験者リ

エムスリー(2413)米国グループ会社、米国の医療機関中心の人材募集広告会社を買収

エムスリー(2413)は、M3USACorporation(米国ペンシルバニア州、M3USA)を通して、NASRecruitmentInnovation(米国オハイオ州、NAS)を買収することを決定した。エムスリーおよびエムスリーグループは、米国、アジアおよびヨーロッパにおいて580万人以上が登録している「mdlinx.com」をはじめとする医療従事者専門サイトを運営している。M3USAは、200

エムスリー(2413)、カリフォルニアの治験実施3施設を買収

エムスリー(2413)は、米国法人M3USACorporationを通じ、PharmacologyResearchInstitute(米国・カリフォルニア州、PRI社)の全事業を取得した。エムスリーは、医療従事者専門サイト「m3.com」を運営している。医師会員への医学関連情報を配信や製薬業界へのマーケティング支援サービスや治験支援サービスを行っている。2018年2月より米国における治験事業へ参入

「株式譲渡」に関連するコラム

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

「本当にM&Aでこんなことできるのか」 わずか1年足らずで経営者の悩みを克服した住宅メーカー「サンオリエント」

広報室だより
「本当にM&Aでこんなことできるのか」  わずか1年足らずで経営者の悩みを克服した住宅メーカー「サンオリエント」

多くの中小企業の経営者は会社の発展と従業員の雇用の安定を常に考えながら、一人で重責を背負い込み、先行き不安のなかで事業の舵取りを担っています。岡山市の住宅メーカー「サンオリエント」の創業者である磯﨑慎一取締役社長は2022年2月、日本有数の高級住宅街として知られる兵庫県芦屋市で成長する住宅メーカー「髙翔」のグループ入りを選びました。磯﨑社長は50代前半ながらM&Aを決断した背景にも、事業の発展と雇

ENEOS(エネオス)の買収事例にみる石油業界の今後【M&AニュースサテライトVol.1】

M&A全般
ENEOS(エネオス)の買収事例にみる石油業界の今後【M&AニュースサテライトVol.1】

「世の中のM&A事例をわかりやすく解説してほしい」そんな声にお応えする解説動画が、YouTubeの公式チャンネルでスタートしました。解説を行うのは、日本M&Aセンターの中でも長年業界に携わってきた、M&Aマスターの二人です。本記事では動画の内容をご紹介します。動画はこちらから西川:皆様こんにちは!日本M&Aセンター企業戦略部の西川です。どうぞよろしくお願いいたします。臼井:日本M&AセンターTOK

全国金融機関初!沖縄銀行が企業評価システム「V COMPASS」を導入

企業評価
全国金融機関初!沖縄銀行が企業評価システム「V COMPASS」を導入

企業の後継者不在問題が深刻な沖縄県。帝国データバンクの調査によると、沖縄県の後継者不在率の高さは2011年から2020年まで全国1位、2021年は全国2位となり、2011年の調査開始から一貫して後継者不在率が70%を超えています。こうした状況を受け、同県を拠点とする沖縄銀行ではM&Aや事業承継のサポート体制の強化を進めています。その一環としてこのたび、日本M&Aセンターホールディングスグループ会社

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

「株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2016年10月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード