M&Aニュース

日立製作所、アメリカでデジタルエンジニアリングサービスを展開するGlobalLogic Inc.を買収へ

株式会社日立製作所(6501)は、 GlobalLogic Inc.(米国カリフォルニア州、GlobalLogic社)を買収することを決定した。
取得価額は、96億米ドル(約10,368億円)を見込んでいる。

電子部品・電気機械器具製造業界のM&A

日立製作所は、モビリティ、ライフ、インダストリー、エネルギー、ITの5分野を成長分野とし事業を展開している。

GlobalLogic社は、Chip-to-Cloud(チップからクラウドまで)に対応する高度なソフトウェアエンジニアリング技術に加えて、エクスペリエンスデザイン力や多様な業界に関する専門知識を有している。

本件M&Aにより、日立製作所は、IT、エネルギー、インダストリー、モビリティ、ライフの5セクターならびにオートモティブシステム事業(日立Astemo)とのシナジー効果創出を図り、鉄道、エネルギー、ヘルスケアなどの先進的な社会インフラのデジタルトランスフォーメーションを世界規模で加速させる。
また、顧客協創による社会イノベーション事業を通じて、顧客の社会価値・環境価値・経済価値向上を図り、持続可能な社会の実現を目指す。

・今後のスケジュール
本買収実行日 2021年7月末までに実行予定

この記事に関連するタグ

「クロスボーダー・子会社・買収」に関連するM&Aニュース

日立製作所のグループ会社 日立レール社、Thales S.A.の鉄道信号関連事業の買収へ

株式会社日立製作所(6501)の鉄道システム事業におけるグループ会社である日立レール社は、ThalesS.A.(タレス社)の鉄道信号関連事業を買収することを決定した。日立レール社とタレス社は、対象事業の事業価値について、約2,150億円で合意した。日立製作所は、IT、エネルギー、インダストリー、モビリティ、ライフ、オートモティブシステム事業で製品・サービスを展開している。タレス社は、鉄道信号関連事

日立製作所グループの日立レール、イギリス鉄道デジタルセンサー技術のパイオニア パーペチューム社を買収

株式会社日立製作所(6501)のグループ会社である日立レール社は、PerpetuumLtd.(イギリス・ハンプシャー州、パーペチューム社)を買収することを決定し、パーペチューム社との間で買収に関する契約を締結した。日立製作所は、IT事業、エネルギー事業、インダストリー事業、モビリティ事業、ライフ事業を行っている。グループ会社である日立レール社は、鉄道システム事業を展開している。パーペチューム社は、

日立製作所(6501)、アジア地域を中心にAIやデータアナリティクスのSaaS型サービスを提供するFusionex International Plcの事業を承継

株式会社日立製作所(6501、日立)は、マレーシアに主な拠点を持ちAI・ビッグデータのマーケットリーダーとしてアジア地域を中心にAIやデータアナリティクスのSaaS型サービスを提供するFusionexInternationalPlcと契約を締結し、同社の事業を承継した新会社を完全子会社化した。日立は、OT、IT、およびプロダクトをを組み合わせた社会イノベーション事業に注力している。2021中期経営

日立製作所(6501)、子会社を通じてイタリアのアンサルドSTS社を買収

日立製作所(6501)は、子会社であるHitachiRailItalyInvestmentsS.r.I(HRII)を通じて、アンサルドSTS社の発行済株式の99.156%を取得する。またアンサルドSTS社の残りの株式についても1株当たり12.7ユーロで取得する権利を行使する予定。これにより、アンサルドSTS社は日立製作所の100%子会社となるとともにイタリアの証券取引所から上場廃止となる。

日立製作所(6501)、間接材購買子会社株式をインフォシスリミテッド、パソナグループ(2168)、パナソニック(6752)の3社に部分譲渡、合弁運営へ

パソナグループ(2168)の連結子会社である株式会社パソナ及びインフォシスリミテッド(インド・バンガロール)、パナソニック(6752)は、日立プロキュアメントサービス株式会社(東京都千代田区)の株式について、日立製作所(6501)が保有する株式の一部を譲り受ける契約を締結した。譲り受け比率はパソナが2%、インフォシスリミテッドが81%、パナソニックが2%。日立製作所は15%の保有となる。日立プロキ

フランスのフォルシアグループ、日立製作所(6501)傘下のクラリオン(6796)をTOB

FaureciaS.A.(フランス・ナンテール、フォルシア)の子会社であるエナップシスエスエーエスは、クラリオン(6796)の普通株式を公開買付けにより取得することを決定した。エナップシスエスエーエスはクラリオンを完全子会社化することを企図し、クラリオン株式は上場廃止となる予定。買付価格は普通株式1株2,500円。エナップシスエスエーエスは、買付予定数の下限を37,576,000株としており、上限

日立製作所(6501)、超音波診断事業展開の米国企業・ビジスター社を取得

日立製作所(6501)の100%子会社であるHitachiHealthcareAmericasCorporationは、VidiStar,LLC(米国・サウスカロライナ州、ビジスター社)を買収することで同社と合意した。HitachiHealthcareAmericasCorporationは、日立製作所の米国におけるヘルスケア事業の統括会社。日立は、ヘルスケア分野を注力事業分野の一つに位置付けてお

日立製作所(6501)、三菱電機(6503)の粒子線治療システム事業を取得

日立製作所(6501)と三菱電機(6503)は、粒子線治療システム事業に関して三菱電機が日立に譲渡し、両社の事業を統合することに合意した。日立製作所は、日本、北米及びアジアの病院に粒子線治療システムを受注し、高い信頼性と実績を有し、グローバルに事業を進めている。米国の病院と共同研究を行うなど、粒子線治療の普及に取り組んでいる。三菱電機は、国内で粒子線治療や臨床研究が行われている医療機関17施設のう

日立製作所(6501)傘下、日立電鉄交通サービスの全株式をみちのりHDが取得

株式会社みちのりホールディングス(東京都千代田区)は、日立製作所(6501)との間で、日立電鉄交通サービス株式会社(茨城県日立市)の全株式を譲り受ける株式譲受契約を締結した。日立電鉄交通サービスグループは、茨城県県北エリアにおいて、乗合バス事業、貸切観光バス・旅行事業、自動車運行管理業、レンタカー事業、タクシー事業を展開している。みちのりHDは、岩手県北バス、福島交通、会津バス、関東自動車、東野交

MARUWA(5344)、日立パワーデバイスよりセラミック端子事業を承継

MARUWA(5344)は、日立製作所(6501)100%子会社である株式会社日立パワーデバイス(茨城県日立市)の一部であるセラミック端子事業を会社分割の方法により承継することを決定した。本件分割に際して、MARUWAより日立パワーデバイスに対して現金100百万円が交付される。MARUWAは、セラミック材料技術をベースに電子部品及び電子部品用セラミックのメーカーとしてグローバルに事業を展開してきた

「クロスボーダー・子会社・買収」に関連するコラム

人気セミナー「買収の参観日」PMI編~成約を成功に導くPMIとは?~

広報室だより
人気セミナー「買収の参観日」PMI編~成約を成功に導くPMIとは?~

M&Aの買い手企業として知っておきたい考え方やテクニックを紹介する日本M&Aセンターの人気オンラインセミナー「買収の参観日~はじめてのM&Aを考えてみよう」が2021年10月11日に開催されました。5回目の今回は成約を成功に導くキーワード「PMI(PostMergerIntegration)」について、当社グループのPMI支援専門会社株式会社日本PMIコンサルティング代表取締役の竹林信幸が解説しま

買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

M&A全般
買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&A用語としての「買収」に限定すると、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買

TOB(株式公開買付)とは?目的やMBOとの違い、メリット・デメリットを解説!

経営・ビジネス
TOB(株式公開買付)とは?目的やMBOとの違い、メリット・デメリットを解説!

本記事ではTOBについて、概要およびメリット・デメリット、対処法について解説します。TOB(株式公開買付)とは?TOBとは、“Take-OverBid”の略で、「株式公開買付」と呼ばれるM&Aの手法の一つです。譲受側(買い手)が事前に買付期間・買取株数・価格を公告して、買収対象の企業の株式を既に保有している不特定多数の株主に対して、株式の買付を呼びかけます。通常の取引市場での買付と異なり、TOBは

日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

日本M&AセンターはASEAN第四の拠点として、2020年3月にマレーシア駐在員事務所を開設しました。日本の中堅・中小企業が海外進出するために適した環境が広がっています。ASEANではシンガポールに次ぐビジネス環境の良さと多民族国家で魅力的なマレーシアをご紹介します。多様性と消費市場が魅力的なマレーシア現在、日本を含めた世界各国とASEANとのクロスボーダーM&Aは増加しています。その中でも特に集

日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

ASEANにおける中進国であるタイ。戦禍が続いた19世紀から欧米の植民地とならずに独立を守り抜いた歴史が今も国民の誇りとなっています。国民の国王家への敬愛の念が深く、僧侶への敬意も深い仏教大国の一面もあります。「マイペンライ(大丈夫)」の言葉に代表される「微笑みの王国」をご紹介します。世界的な製造国を実現したタイアジアのデトロイトと評される自動車産業の一大集積地として製造業が盛んです。日本企業のA

日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

日本M&AセンターはASEANにおいてシンガポールに次ぐ第二の拠点として、2019年10月にインドネシア駐在員事務所を開設しました。将来のGDP大国として、ASEANの中でも特に大きい成長が期待されるインドネシアのM&Aについてご紹介します。ASEANの大国・インドネシアクロスボーダーM&Aの中でも今後成長が見込まれ、注目されているASEAN。そのASEANの中で、将来の大きな成長が期待できるのが

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2021年4月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード