M&Aニュース

ジャパンインベストメントアドバイザー(7172)、OCRや静止画解析・動画解析展開のArithmerと資本業務提携

更新日:

株式会社ジャパンインベストメントアドバイザー(7172)およびグループは、Arithmer株式会社(東京都港区)への第三者割当増資の引き受けによる追加出資、およびOCRや自動言語処理をはじめとするArithmer社全製品を対象とする営業代理店契約を締結した。

ジャパンインベストメントアドバイザーグループは、オペレーティング・リース事業を中心に、金融ソリューション事業およびメディア関連事業などを展開している。プライベート・エクイティ投資事業の一環として、2019年8月にArithmer社に対して、第1回目の出資を行っている。

Arithmer社は、OCRや静止画解析、動画解析、自然言語処理、3Dモデル自動生成、スマートロボットなどAIを活用したソリューションサービスの研究・開発を行い、それをB2B向けに展開している。

本件により、ジャパンインベストメントアドバイザーは、グループの持つ顧客基盤および全国の金融機関、税理士、会計士等とのビジネスマッチングネットワークの活用を可能とし、Arithmer社の事業拡大および企業価値向上を図る。

證券・投資・その他金融業界のM&A・事業承継の動向はこちら

ジャパンインベストメントアドバイザーに関連するM&Aニュース

ジャパンインベストメントアドバイザー、株式投資型クラウドファンディング事業のCFスタートアップスを買収

株式会社ジャパンインベストメントアドバイザー(7172)は、株式会社CFスタートアップス(東京都渋谷区)の全株式を取得し、子会社化した。ジャパンインベストメントアドバイザーグループは、金融商品の組成・販売・運営事業、プライベート・エクイティ投資事業、並びに各種アドバイザリーサービス等を展開している。CFスタートアップスは、株式投資型クラウドファンディング事業を行っている。子会社化の目的CFスタート

ジャパンインベストメントアドバイザー、温故知新と資本業務提携へ

株式会社ジャパンインベストメントアドバイザー(7172、JIA)は、株式会社温故知新(東京都新宿区)との間で、資本参加を含む業務提携契約を締結した。温故知新が実施する第三者割当増資を引き受けることにより、出資を行う。JIAは、オペレーティング・リース事業をはじめ、環境エネルギー事業、パーツアウト・コンバージョン事業を中心に、金融ソリューション事業を展開している。温故知新は、ホテル・旅館の運営受託、

ジャパンインベストメントアドバイザー、Taiyoushin及びオクトフォースマネジメントと共同出資で合弁会社設立へ

株式会社ジャパンインベストメントアドバイザー(7172、JIA)グループは、TaiyoushinAviationFinanceLLC(アメリカ・デラウェア州)および株式会社オクトフォースマネジメント(東京都港区)とともに、JIAAviationFinance合同会社(JAF)に共同出資し、航空機ファイナンス事業を展開する合弁契約を締結した。【設立する合弁会社の概要】名称:JIAAviationFi

ジャパンインベストメントアドバイザー、Webメディア運営のSkyrocketと資本提携締結

株式会社ジャパンインベストメントアドバイザー(7172)は、Skyrocket株式会社(東京都港区)と資本提携を行った。ジャパンインベストメントアドバイザーは、オペレーティング・リース事業を主力として、金融ソリューション事業、メディア関連事業を展開している。Skyrocketは、ミレニアル世代に向けたニュースサイト「NewSphere」などのWebメディアの運営、企業のブランディング支援などのブラ

ジャパンインベストメントアドバイザー(7172)、不動産eビジネス展開のベターライフサポートHDの株式取得

ジャパンインベストメントアドバイザー(7172)は、フィンテックグローバル(8789)の連結子会社であるベターライフサポートホールディングス株式会社(東京都品川区、BLSHD社)の株式を取得した。取得価額は368百万円。所有割合は78.1%となる。これに伴いBLSHD社はフィンテックグローバルの連結子会社ではなくなる。ジャパンインベストメントアドバイザーグループは、主力事業としてオペレーティング・

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・第三者割当増資・資本業務提携」に関連するコラム

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

M&A全般
買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要、メリット、進める流れについてご紹介してまいります。買収とは「買収」とは、他の企業の株式取得を通じて、経営権を獲得することを指します。新たに自社で事業を立ち上げる場合に比べて、既にその事業分野で実績のある企業を取得するため、スピーディーに展開できる点が特徴です。買収をご検討の方は、希望条件(地

家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

事業承継
家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

株式会社を家族に継がせるためには、オーナー経営者が持つ株式を、家族内の後継者に譲渡しなければなりません。その譲渡方法は3種類存在しますが、それぞれにメリット・デメリットがあり、また手続きの方法や税金などに違いがあります。本記事では、家族間で株式を譲渡する3つの方法についてご紹介します。事業承継は、今回ご紹介する親族承継のほか、従業員承継、外部への承継があります。それぞれの事業承継のポイントについて

株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

M&A全般
株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

株式譲渡は、株式の譲渡によってM&Aが完了し、比較的簡易な手続きであることから、中堅・中小企業のM&Aで多く用いられるスキームです。本記事では、株式譲渡の概要、メリットやデメリット、手続きの流れ、税金についてM&Aに精通した税理士がご紹介します。日本M&Aセンターのご支援するM&Aでは約9割の案件で株式譲渡の手法が用いられています。非上場株式が多くを占める中小企業M&Aには特有の論点があります。経

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

本記事では、クロスボーダーM&Aのスキームとして一般的な株式譲渡の場合に締結される株式譲渡契約書(英語ではSPA、SharePurchaseAgreementやStockPurchaseAgreementと表記されます。)について解説します。株式譲渡契約書(SPA)の一般的な内容一般的な株式譲渡契約書は概ね以下のような項目で構成されていることが多いです。売買の基本事項クロージング及びクロージング条

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

この記事では、クロスボーダーM&Aの手法として用いられることの多い株式譲渡について、基本的な事項をご紹介させていただきます。クロスボーダーM&Aとは日本企業が外国企業を譲り受けるIn-OutM&Aと外国企業が日本企業を譲り受けるOut-InM&Aを、国境をこえて行われるM&Aということで、クロスボーダーM&Aと呼びます。海外M&Aという呼ばれ方をする場合もあります。@sitelink株式譲渡とは株

「株式譲渡・第三者割当増資・資本業務提携」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2020年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード