アジアパイルHD(5288)のベトナム事業子会社、ベトナム風力発電事業会社の株式取得、持分法適用会社化

アジアパイルホールディングス株式会社(5288)は、ベトナム事業子会社のPhan Vu Investment Corporation(ベトナム・カマウ省、Phan Vu社)が、CA MAU INVESTMENT RENEWABLE POWER JOINT STOCK COMPANY(ベトナム・カマウ省、CMC社)の株式を取得し、持分法適用会社化することを決定した。
Phan Vu社は、今後CMC社との間で株式引受契約を締結し、CMC社の総発行株式の20%相当を、第三者割当の形で取得する。取得価額は、約8.5億円。

窯業界のM&A

アジアパイルHDは、アジア諸国に設立された持株会社の運営を行っている。アジア諸国のそれぞれの地域特色に合わせた総合基礎建設事業をグローバルに展開している。Phan Vu社は、ベトナム全土にてコンクリートパイル製造・施工など基礎工事関連事業を展開している。

CMC社は、ベトナム電力総公社の関連会社によって設立された風力発電事業を目的とした企業。2021年8月以降より商業発電を開始する予定で、風力発電買取制度に基づきベトナム電力総公社が当該風力発電による電力総量を買取る予定となっている。

本件により、Phan Vu社は、コンクリート杭生産・供給、基礎工事関連事業の実績を生かし、再生可能エネルギー分野でも基礎工事事業の展開を始め、風力発電等再生可能エネルギー分野における基礎工事関連事業を推進させる。

M&Aでできること

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。