M&Aニュース

エムスリー(2413)米国グループ会社、米国の医療機関中心の人材募集広告会社を買収

エムスリー(2413)は、M3 USA Corporation(米国ペンシルバニア州、M3 USA)を通して、NAS Recruitment Innovation(米国オハイオ州、NAS)を買収することを決定した。

エムスリーおよびエムスリーグループは、米国、アジアおよびヨーロッパにおいて580万人以上が登録している「mdlinx.com」をはじめとする医療従事者専門サイトを運営している。M3 USAは、2006年設立の米国におけるエムスリーの連結子会社。
グループとして、採用支援事業をはじめ医療従事者およびコンシューマ向けメディカル・エデュケーション事業などのサービスを展開し、昨今はAIを用いた診断ツールの開発、ゲノム検査の提供、脳梗塞リハビリ施設等に事業領域を広げている。

PracticeMatch社(米国ミズーリ州)は、エムスリーグループの子会社。医療従事者採用に向けた複数のデータベース、求人サイト、全国的な採用イベント、およびデジタル広告等の採用マーケティングサービスを提供している。

NASは、医療機関を中心とした採用におけるブランディング、およびメディア戦略支援を行う人材募集広告会社。米国全土に配置されたエージェントを通し、ヘルスケアセクターに属する数百のクライアントにサービスを提供。クラウド型求人検索プラットフォームであるACTIVATE™を開発、2,500万人もの転職希望者に利用されるなど、雇用採用支援を展開している。

本件により、エムスリーは、NASの強みである医療業界にて、グループ会社で医療従事者向け採用マーケティングサービスを提供するPracticeMatch社(米国ミズーリ州)と共に、顧客へ革新的な人材採用サービスの提供を図る。また、既存クライアントに対するNASのサービスのクロスセルの実現と、PracticeMatch社の病院向け採用支援の専門知識と融合させることにより、NASのサービスおよびテクノロジープラットフォームの更なる差別化の実現を図る。

インターネット関連サービス業界のM&A・事業承継の動向はこちら

エムスリーに関連するM&Aニュース

エムスリー、医療従事者向けアプリ提供のiDoctusを子会社化

エムスリー株式会社(2413)は、eDoctoresSolucionesS.L.(スペイン・マドリード、iDoctus)を子会社化した。エムスリーは、医療従事者専門サイト「m3.com」の運営、製薬会社向けマーケティング支援サービス・治験支援サービスなどの提供を行っている。また、海外に向けた事業展開を積極的に進めている。iDoctusは、医師向けに処方決定支援・臨床参照モバイルアプリ「iDoctu

エムスリー、キヤノンメディカルシステムズから診療所向け医事会計及び電子カルテ事業を譲受へ

エムスリー株式会社(2413)は、キヤノンメディカルシステムズ株式会社(栃木県大田原市)より、診療所向け医事会計および電子カルテ事業を譲り受けることを決定した。譲受した事業は、子会社であるエムスリーソリューションズ株式会社(愛知県名古屋市)へ統合する。エムスリーは、インターネットを利用した医療関連サービスの提供を行っている。キヤノンメディカルシステムズは、医療用機器の開発・製造・販売・技術サービス

エムスリー、訪問医療現場のDX化推進を目指しロジックを子会社化へ

エムスリー株式会社(2413)は、介護・看護事業所向け業務支援SaaS「Care-wing介護の翼」を提供する株式会社ロジック(石川県金沢市)を子会社化することを決定した。エムスリーは、医療従事者専門サイト「m3.com」を運営し、製薬会社向けマーケティング支援サービスや治験支援サービスなどを提供している。ロジックは、訪問介護・看護事業所向け業務支援SaaS「Care-wing介護の翼」の開発・製

エムスリー、医療従事者専門サイト運営のロシア企業MirVracha LLCを子会社化

エムスリー株式会社(2413)は、ロシアで医師向けウェブサイトを運営するMirVrachaLLC(モスクワ、ミール・ブラチャー)を子会社化した。エムスリーは、医療従事者専門サイト「m3.com」を運営し、製薬会社向けマーケティング支援サービスや治験支援サービスなどを提供。また製薬会社向けマーケティング支援サービス、調査サービス、医師転職支援サービスなど事業を展開している。ミール・ブラチャーは、医療

エムスリー、3Hグループ4社を完全子会社化

エムスリー株式会社(2413)は、ペイシェントリクルートメント等の臨床試験・臨床研究支援サービスを提供する3Hホールディングス株式会社(東京都豊島区)、3Hメディソリューション株式会社(東京都豊島区)、3Hクリニカルトライアル株式会社(東京都豊島区)およびその完全子会社である3HCTS株式会社(東京都豊島区)を完全子会社化することを決定した。エムスリーは、インターネットを利用した医療関連サービス事

この記事に関連するタグ

「クロスボーダーM&A・株式譲渡・買収」に関連するコラム

日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

M&A全般
日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は前回に引き続き日立製作所による日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)日立製作所と日立物流が正式発表へ西川:前回(日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは)につづき日立物流パート2

西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

M&A全般
西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は西武ホールディングスによる西武建設の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)※撮影は2022年1月下旬に行われました。西武ホールディングス、西武建設売却へ西川:今年に入って1月はコロナ禍にも関わら

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

ENEOS(エネオス)の買収事例にみる石油業界の今後【M&AニュースサテライトVol.1】

M&A全般
ENEOS(エネオス)の買収事例にみる石油業界の今後【M&AニュースサテライトVol.1】

「世の中のM&A事例をわかりやすく解説してほしい」そんな声にお応えする解説動画が、YouTubeの公式チャンネルでスタートしました。解説を行うのは、日本M&Aセンターの中でも長年業界に携わってきた、M&Aマスターの二人です。本記事では動画の内容をご紹介します。動画はこちらから西川:皆様こんにちは!日本M&Aセンター企業戦略部の西川です。どうぞよろしくお願いいたします。臼井:日本M&AセンターTOK

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

「クロスボーダーM&A・株式譲渡・買収」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2020年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード