コラム

IT(情報ネットワーク関連)企業の資本提携をめぐる法務アプローチ

M&A法務

⽬次

[表示]

情報ネットワーク関連企業の特色

IT関連の企業の買収において、対象企業を分析し買収に伴う法務リスクを事前検討するアプローチは、製造業とは相当異なることになる。一概にIT関連といっても業種は様々であるが、近年はインターネットを中心とする情報ネットワークが産業の重要な基盤となっているので、情報ネットワーク関連企業を念頭においてみたい。

対象企業は、概ね下記の業務に大別される。

  • ネットワーク・インフラの提供(電気通信事業者等)
  • インターネット関連のシステム構築、技術サービス、情報セキュリティの提供
  • インターネット特有のサービスの提供(検索サービス、広告サービス、電子商取引、各種コンテンツ配信)
  • インターネットによる既存の製品又はサービスの提供

このように、対象企業の業務は多様であるが、情報ネットワーク関連企業では以下のような特有の法的問題点がある。

(1)社会インフラである情報ネットシステム活用が業務と密接に関連するため、情報の取得・流通・利用を適正化するための公的規制(法令・ガイドライン)の遵守が求められること

(2)情報ネットワーク上で利用される各種プログラム・コンテンツの権利関係が適切に権利処理されており、法的問題を惹起しないことが担保される必要があること

(3)近年不適切なシステム運用による情報セキュリティ上の問題が多発しているため、情報セキュリティは企業のレピュテーションやコンプライアンス上の大きな問題となりつつあること

情報ネットワーク関連企業のDDアプローチ

情報ネットワーク関連企業を対象とする資本提携では、ターゲット企業の情報ネットワークを活用した買収企業のビジネス手法とのコラボレーション・マッチングにより飛躍的なビジネス・メリットを期待するケースも多いと思われる。このような事情から、案件検討段階において、ターゲット企業のビジネスモデル・技術・ノウハウ・獲得ユーザー層などをどのように自社のビジネスに融合させて新たな企業価値を創出できるかが主眼となりがちである。その意味で、財務DD、法務DD以上に、ビジネスDD(買収によるシナジー等のフィージビリティ・スタディと買収効果の評価)の比重が大きいとも思われる。

このような実情にも拘わらず、以下の点から、法務リスクのスクリーニングの必要性が高いのも事実である。

(1)情報ネットワーク関連企業には、ネットワーク固有の法的リスク(それ以上にシステミック・リスク)が随伴すること

(2)ビジネスが無形の知的成果の集積から構築されており、事業基盤となる経営資源の権利関係が知的財産権法・情報ネットワーク関連法規等に準拠し事業者間契約やユーザーとの約款で規定されていること(契約重視)

(3)情報処理に必要な内部管理、コンプライアンス・ルールの遵守が重要となりつつあること

このような観点から、法務リスクの検討は、ビジネス調査と同様、対象企業のビジネスを把握し、その業務をビジネスモデルとして図式化し、業務フローや利害関係人との権利関係をよく整理分析のうえで、必要な検討事項を個別企業ごとに割り出す必要がある。また、製造業とは異なり、情報システム・ネットワークを活用するビジネスであるので、以下の確認把握も必要となる。

  • 情報ネットワーク上で構築されるビジネスの理解
  • ネットワーク・インフラの利用関係
  • 各種プログラム、コンテンツ等の無形的な知的財産に関する権利関係
  • ネット上で不特定多数のユーザーに提供されるサービスの適正さ(BtoBの場合はアライアンスを組む事業者との契約関係を含む)
  • 会社の情報セキュリティ体制の整備など

検討事項は純粋な法務事項の範囲を超える傾向があるので、個々の対象企業の特色に即しメリハリをつけた(時間と予算の制約の下で重要不可欠な調査事項に絞った)項目による調査を実施せざるをえないことが多い。

情報ネットワーク関連企業の事業に関連する法規制

ネットワーク関連企業を取り巻く法規制は、製造業とは比較にならないほど多く複雑である。ここでは、ケーススタディとして、当該業界のX社を例として、法規制、契約を簡便に図示してみた。X社は、インターネット上で、消費者向け、事業者向けに電子商取引(ネット通販・ネットオークション・ネット配信)・電子決済、ネット証券、ネット広告、ネット求職・求人サービスなどを提供している事業者である。

インターネットサービス事業関連で問題となる法規制と契約

インターネットサービス事業関連で問題となる法規制と契約

情報ネットワーク関連企業(クラウド・コンピューティング事業)のケース

近年インターネット等のネットワーク等を通じオンデマンドのサービスを事業者が保有するコンピュータ・リソースにより提供するクラウド・コンピューティングが事業化され注目されている。このクラウド事業は発展形成中のサービスであるが、このサービスは提供者がシステム運営上の問題を発生させた場合、例え少額被害でも多数のクラウド利用者総体で多額の損害が発生する可能性があるし、仮に大規模な会社の基幹業務が停止すると多額の損害が発生し多額の損害賠償責任が発生するリスクがある。

無論このようなリスク回避・軽減のために、サービス提供契約でクラウド事業者の責任を免責・軽減する規定やサービス保証の範囲を定める合意(SLA)が設けられていることが通例であるが、このような約定に拘わらず、一旦トラブルが発生した場合の波及的なリスクは法的にも軽視できない。また、クラウドが主としてインターネットによるネットワークに接続するコンピュータ・リソースを利用しているため、第三者から不正アクセスや攻撃を受けるセキュリティ面でのリスクが存在する。

そもそもセキュリティ対策を万全に実行することは困難な側面があるので、この点は法務調査以上にあらかじめシステムに起因するビジネスリスクとして、資本提携検討時の考慮要因とされる必要がある。

広報誌「Future」 vol.9

Future vol.9

当記事は日本M&Aセンター広報誌「Future vol.9」に掲載されています。

広報誌「Future」バックナンバー

著者

山岸 洋

山岸やまぎし ひろし

三宅坂総合法律事務所弁護士

1986年弁護士登録(第二弁護士会所属)。三宅坂総合法律事務所を1990年に設立。現在、経営パートナー(創業者)。国内外のM&A等企業提携案件、企業再編、企業再構築(リストラクチャリング)案件と、企業リスクマネジメント・企業紛争の解決等各種業務を実行する。M&Aの関与例・講演多数。 【三宅坂総合法律事務所概要】 上場企業、金融機関、その他各種企業、ファンド等のクライアントを中心に国内外の紛争解決、M&A等トランザクション、事業再生・倒産処理、コンプライアンス・リスク管理、国際法等の企業法務等全般を幅広く取り扱い、各分野において高度の専門性を有する各弁護士の知識とノウハウを活用してクライアントの利益に合致するリーガルサービスを提供している。

この記事に関連するタグ

「デューデリジェンス・広報誌・M&A法務・企業評価」に関連するコラム

ROEとM&A、会社法実務、コーポレートガバナンス・コード

企業評価
ROEとM&A、会社法実務、コーポレートガバナンス・コード

ROEと会社法実務今後、ROEを向上させることを目的の一つとして行われるM&A案件が増える可能性もあるが、これは、上場会社をはじめとする各企業が置かれている以下の状況にも関係する。(1)ROEの数値目標、基準の公表周知のとおり、政府による2014年6月の「日本再興戦略」改訂2014を皮切りに、(1)2014年8月の伊藤レポートにおいて、「最低限8%を上回るROEが必要」との具体的な数値目標が示され

カーブアウトの法務

M&A法務
カーブアウトの法務

カーブアウトの法的スキーム企業グループの既存事業を見直し、選択と集中を行う場合、ノンコア事業部門を事業売却する手法は、カーブアウト(又はスピンアウト)と称され、数多くの活用事例がある。ノンコア事業が100%子会社の形態で存在する場合は株式譲渡の手法によるが、企業内の事業部門である場合、以下が主要な方法である。1.事業部門を事業譲渡する2.事業部門を会社分割の方法で分割したうえでその事業部門を承継し

M&Aの手法とPMIにおける人事労務対応の特色

PMI
M&Aの手法とPMIにおける人事労務対応の特色

M&Aにおける人事労務面の統合(PMI)は、吸収合併、株式譲渡、事業譲渡・会社分割により進め方・特色に違いがある。PMIとは|M&A用語集吸収合併の場合被買収会社の人事労務体系を買収会社の人事労務体系にいわば「片寄せ」できるかは、M&Aの実務上大きな課題である。事業譲渡(譲受)の場合と異なり、合併では被買収会社の労働者の地位はクロージングにより包括的に承継されるので、合併前に人事労務面の統合に関す

M&Aのフェアバリュー実現に必要な「取引事例法」とは

企業評価
M&Aのフェアバリュー実現に必要な「取引事例法」とは

売り手と買い手双方が納得できる適正価格未上場会社のM&Aは活況を呈しており、マーケットが形成されつつある。そんな中、一層のM&Aの普及に関しては、M&Aにおける取引価格決定の透明化・円滑化が大きな課題のひとつとなっている。一般的に“価格”と“価値”は異なると言われている。日本公認会計士協会が公表している企業価値評価ガイドラインによると、「価格とは、売り手と買い手の間で決定された値段である。それに対

ROEを高める戦略的なM&A実務

企業評価
ROEを高める戦略的なM&A実務

なぜ今、ROEが大ブームになっている?過去にもあったブーム経営効率の向上に関する投資家と企業との関係が注目されるのは初めてのことではない。前回のブームは2005年頃のことで、ライブドア、村上ファンド事件、あるいはスティール・パートナーズによるサッポロホールディングスの株式大量取得等いわゆるアクティビストファンド、モノ言う株主の上場企業に対し敵対的ともとれる株主提案が展開された。それらの上場企業は、

ROE向上と企業戦略

企業評価
ROE向上と企業戦略

ROE向上は利益率向上で日本企業のROEは世界と比較すると相対的に低い。実際、伊藤レポートに記載されているみさき投資株式会社の分析によると、全産業の2012年暦年ベースで米国企業のROEが22.6%であるのに対して、日本企業は5.3%となっている。この低いROEを高めるためには、大きく2つの方向性がある。一つは分母である自己資本を圧縮すること、すなわち財務レバレッジを高めることである。もう一つは分

「デューデリジェンス・広報誌・M&A法務・企業評価」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aにおける最終契約のフェーズ。押さえておきたいポイント

M&Aにおける最終契約のフェーズ。押さえておきたいポイント

最終契約書とは概要・目的最終契約書(DefinitiveAgreement、通称「DA」)とは、M&Aの最終段階において締結される、当事者間の最終的な合意事項を定めた最も重要な契約書です。基本合意書は、デューデリジェンス(買収監査)実施前における、交渉過程の確認や中間的な合意を確認するためのものであり、今後の交渉を阻害しないための約束事(独占交渉権限の付与や秘密保持義務の設定その他の一般条項)以外

デューデリジェンスとは?種類や行う流れ、注意点までくわしく解説

デューデリジェンスとは?種類や行う流れ、注意点までくわしく解説

M&Aを進める中で行われるデューデリジェンスとは、どのような行為を指すのでしょうか。この記事ではデューデリジェンスの概要や種類、流れなどを解説します。そのほか注意する点にも触れており、デューデリジェンスに欠かせない情報が得られるでしょう。デューデリジェンスとは?M&Aでよく使われるデューデリジェンスとは、譲渡対象企業に対する事前調査のことです。英語であらわされるDueDiligenceは、日本語で

契約締結前の最終条件調整。押さえておきたいポイント

契約締結前の最終条件調整。押さえておきたいポイント

最終契約に盛り込まれる事項は多岐に渡ります。ここでは、最終条件の交渉を行う上で、主要な事項及び細目事項をご紹介します。最終条件の交渉とは最終契約書が締結されて、M&Aは実行フェーズにうつります。株式譲渡のスキームにおいて締結される株式譲渡契約書は、株式と代金を交換して、経営権を移譲することを目的としています。また、それに伴いM&Aで譲渡側(売り手)、譲受側(買い手)がそれぞれ実現したいことを果たす

M&Aにおける登場人物とその役割

M&Aにおける登場人物とその役割

M&Aの実行には高度な論点が複雑に絡み合い、高い専門性や知識が必要とされるため当事者以外に多くの関係者が登場します。本記事ではM&Aの関係者・専門家について解説していきます。分類登場人物概要・主な役割M&Aの当事者M&Aの取引対象M&Aで取引されるもの(会社・事業など)譲渡希望企業(M&Aの売り手)「M&Aの取引対象」の保有者(株主・会社)譲受け希望企業(M

頼れる相談先、M&Aの専門家とは

頼れる相談先、M&Aの専門家とは

自社の今後を見据え、M&Aという選択肢が浮かんだ時、あなたらどうするでしょうか。まず誰か詳しい人に話を聞いてみよう、相談しようと考える人が多いのではないでしょうか。M&Aの実行には高度な論点が複雑に絡み合い、高い専門性や知識が必要とされるため、当事者以外に専門家をはじめ様々な関係者が存在することは「M&Aの専門家」の記事でご紹介しました。本記事では具体的に誰に、どのような視点でM&A実行を目指して

M&Aにおける基本合意書の締結

M&Aにおける基本合意書の締結

基本合意書とは中小企業M&Aでは譲渡側(売り手)、譲受側(買い手)双方の意思決定者が顔合わせをするトップ面談で両者の意向が一致すると、M&A対価の概算や対象企業の役員の処遇など基本的な条件のすり合わせが行われます。そして、ある程度条件が固まってくると、その時点での譲渡側(売り手)と譲受側(買い手)の合意事項を確認し、いくつかの基本事項について合意するために契約が書面により締結されます。それが基本合

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース