コラム

経済発展レベルとM&A ケーススタディ-ユニ・チャームによるミャンマー企業買収-

海外M&A

⽬次

[表示]

2013年3月21日、ユニ・チャームはタイの子会社Uni-Charm(Thailand)Co.,Ltdを通じて、ミャンマーの大手衛生用品製造販売会社Myanmar Care Products Limited(本社ヤンゴン。以下、マイケア社という)のほぼ全株式を取得した。

ご承知のとおりミャンマーは民主化の進展に伴い所得水準を急速に向上させつつある。マイケア社はそのミャンマーにおける女性用生理用品市場でトップシェア、幼児用おむつ市場ではユニ・チャームに次ぐ第2位のシェアを有する企業であり、今回の買収によりユニ・チャーム・グループは黎明期におけるミャンマー市場において圧倒的な競争優位を確立することとなる。

今、内需の成長力が鈍化した日本企業にとって、“アジアを取り込む” ことは成長戦略と同義である。しかし、多くの日本企業が採用してきた富裕層向け戦略は、高級品市場で欧米ラグジュアリーブランドの後塵を拝し、また、中間層を含む新興市場全体においてはユニリーバやP&Gといったグローバル企業に大きく水をあけられてきたのが実態だ。

こうした状況にあって、中国市場で苦戦を続けてきた花王はこの1月から安徽省工場で生産した幼児用紙おむつを中間層向けに投入、アジア事業を前年比3割増へ押し上げるなど、ここへきてようやく日本企業も中間層に対する取り組みに本腰を入れてきたと言える。

ユニ・チャームの国内・海外売上高推移

ユニ・チャームの国内・海外売上高推移

これに対してユニ・チャームはアジアで大きく先行する。同社は90年代後半からアジアを重点市場と位置づけ、インドネシア・マレーシア・中国・フィリピン・ベトナム・インドなどへ進出してきた。中国では沿岸部から中間層の需要拡大が見込める内陸部への展開を加速させつつあり、2013年12月までに1000都市へと商圏を拡大させる。また、中国国内第5工場の建設に着手するとともに、ハノイ(ベトナム)からの供給体制の構築も視野に入れる。図表はいずれも同社「投資家情報」からの抜粋であるが、同社の海外事業の成果を端的に表している。

ユニ・チャームは主要参入各国でトップシェアを獲得

ユニ・チャームは主要参入各国でトップシェアを獲得

ただ、ユニ・チャームの成長戦略を理解するうえで見落としてはならないことは、同社の主力商品群のそれぞれが“ 国家の経済発展のレベル” に呼応しているという点である。一般に一人当たりGDP が1千ドルを越えると女性用生理用品、3千ドルで幼児用紙おむつ、1万ドルを越えると大人用紙おむつ市場やペット市場が拡大するという(同社IR資料より)。因みにミャンマーは835ドル(2012年)、中国6,076ドル(同)、日本46,736ドル(同)である。

すなわち、同社製品群の各国における経済発展のレベルによって異なることから、新興国・先進国のいずれにおいても主力商品が成長機会を見出し得る。

そして、特定国において世代を超えた競争優位を実現するためには流通業者と消費者との長期的な信頼関係の醸成が必須であり、この意味においてM&Aを活用した市場黎明期における寡占化戦略は極めて効率的な投資であると言えよう。

広報誌「Future」 vol.2

Future vol.2

当記事は日本M&Aセンター広報誌「Future vol.2」に掲載されています。

広報誌「Future」バックナンバー

著者

水越 孝

水越みずこし たかし

矢野経済研究所 代表取締役社長

1989年矢野経済研究所入社。 流通・消費財分野の事業部長、営業本部長を経て、2005年代表取締役就任、2007年矢野経済信息諮詢(上海)董事長、2013年一般社団法人中野区産業振興推進機構理事、2021年一般社団法人地域創生インバウンド協議会監事、現在に至る。 大手企業のマーケティング戦略や新規事業の立ち上げに参画するとともに、ベンチャーや中小企業のコンサルティング、M&A支援の実績も豊富。著書に「統計思考入門」(プレジデント社、2014)など。 芝浦工業大学非常勤講師、拓殖大学客員教授を歴任、論文・講演実績多、テレビの情報番組等への出演多。

この記事に関連するタグ

「ASEAN・広報誌・海外M&A・クロスボーダー・ケーススタディ」に関連するコラム

ASEAN地域におけるM&A事例紹介

海外M&A
ASEAN地域におけるM&A事例紹介

日本M&Aセンター海外支援室は、日本企業のアジア進出あるいは撤退の支援を第一段階として展開してきた。今や、第2段として、日本企業の現地資本企業(ローカル企業)の買収等、いわゆるIN-OUT案件を発掘、構築する段階に至っている。ここでは、第1段階の総括として、ASEAN2カ国で成約した案件、および第2段階の本格的IN-OUTの端緒となるであろう案件をご紹介する。CASE1インドネシア【背景】買手A社

十社十色のアジア戦略 戦略的観点から-ユニ・チャームによるミャンマー企業買収-

海外M&A
十社十色のアジア戦略 戦略的観点から-ユニ・チャームによるミャンマー企業買収-

成長市場としてのミャンマー親日かつ東南アジアで最後の巨大市場・フロンティアなどと言われているミャンマー。携帯電話もクレジットカードも使えなかった2~3年前に比べ、ミャンマー市場は急速に発展・成長している。ミンガラドン始め、ヤンゴン市内の工業団地は完売状態。街では袈裟姿の敬虔な仏教徒を多く目にし、日本から輸入した中古の路線バスが道の右側を走る。ドアの位置が反対なので、バスの乗降は道の真ん中だ。日本の

クロスボーダーM&Aのリアル ~シンガポールから見た日本企業~

海外M&A
クロスボーダーM&Aのリアル ~シンガポールから見た日本企業~

日本M&Aセンターのシンガポール・オフィスには、4人の現地スタッフ、4人の日本人スタッフの合計8名が常駐している。現在のスタッフ体制が確立したのは、およそ1年前。その中核となる二人のコンサルタント、ジョアンナとイーチェンが、日本オフィスに現状を伝えるべく、2019年7月に来日。シンガポールにおけるM&Aの最新情報をレポートする。(文中:J=ジョアンナ、Y=イーチェン)左:イーチェン、右:ジョアンナ

シンガポール進出4年目を迎えて

海外M&A
シンガポール進出4年目を迎えて

日本M&Aセンターの初のASEAN海外拠点として、2016年4月にシンガポールに事務所を開設した。以来3年間の活動で得たシンガポールのM&A動向について記したい。ASEANにおけるM&A件数推移下の図を参照いただきたい。近年のアジアにおけるIn-Outの件数推移である。2018年はシンガポール企業の買収が53件と、最も多い。単年に限ったことではなく、ここ5年ほどはASEANのM&Aにおいて最も日本

ASEAN主要国(タイ、インドネシア、ベトナム)におけるM&Aの留意点

海外M&A
ASEAN主要国(タイ、インドネシア、ベトナム)におけるM&Aの留意点

今回は、ASEAN主要国における現地法人M&Aの留意点を概説する。本稿では、比較的数多くの実例がみられる非上場企業の買収を念頭に、株式・持分取得と外資規制上の主な留意点を以下に記載する。ASEAN諸国等における国外企業による資本提携など買収案件では、現地進出自体のビジネス上のフィージビリティの検討に加え、外資に対するライセンス等の規制、雇用法制・雇用慣行や税制面での検討が重要である。なお、以下の記

シンガポールからの考察:日本企業による東南アジアでのM&A

海外M&A
シンガポールからの考察:日本企業による東南アジアでのM&A

長らくシンガポールを拠点としてビジネスに携わり、縁あって日本のコンサルティング・ファームの一員となった。それらの経験等から、日本企業による東南アジアでのM&Aを考察したい。総論国際化時代を迎え、日本企業がグローバル競争に生き残り、事業を拡大していくためには、東南アジアにおけるM&Aが不可欠の戦略である。すでに日本企業は、東南アジアにおいて、金額ベースでは他国をしのいで最大の投資元となっている。ディ

「ASEAN・広報誌・海外M&A・クロスボーダー・ケーススタディ」に関連する学ぶコンテンツ

「ASEAN・広報誌・海外M&A・クロスボーダー・ケーススタディ」に関連するM&Aニュース

ルノー、電気自動車(EV)のバッテリーの設計と製造において2社と提携

RenaultGroup(フランス、ルノー)は、電気自動車のバッテリーの設計と製造において、フランスのVerkor(フランス、ヴェルコール)とEnvisionAESC(神奈川県座間市、エンビジョンAESCグループ)の2社と提携を行うことを発表した。ルノーは、125の国々で、乗用、商用モデルや様々な仕様の自動車モデルを展開している。ヴェルコールは、上昇するEVと定置型電力貯蔵の需要に対応するため、南

マーチャント・バンカーズ、大手暗号資産交換所運営会社IDCM社と資本業務提携へ

マーチャント・バンカーズ株式会社(3121)は、IDCMGlobalLimited(セーシェル共和国・マエー島、IDCM)と資本提携、および全世界での暗号資産関連業務での業務提携に関するMOUを締結することを決定した。マーチャント・バンカーズは、国内および海外の企業・不動産への投資業務およびM&Aのアドバイス、不動産の売買・仲介・賃貸および管理業務、宿泊施設・飲食施設およびボウリング場等の運営・管

イオンディライト、中国連結⼦会社を通じて浙江美特来物業管理有限公司を子会社化へ

イオンディライト株式会社(9787)は、連結⼦会社である永旺永楽(中国)物業服務有限公司(中国蘇州、AD中国)が浙江美特来物業管理有限公司(中国杭州、美特来)の出資持分を、持分買取および増資引受により取得することを決定した。取得価額は、約484百万円。取得割合は、51%となる。イオンディライトは、ファシリティマネジメント事業を展開している。顧客への課題解決に最適なソリューションを提供している。AD

santec、カナダで光測定装置の開発事業を行うJGR Optics Inc.の全株式取得、子会社化へ

santec株式会社(6777)は、JGROpticsInc.(カナダ・オタワ、JGR社)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。santecは、光部品関連事業、光測定器関連事業、光イメージング・センシング関連事業を展開している。JGR社は、光測定装置の開発、製造、販売を行っている。本件M&Aにより、santecは、光測定器関連事業の新たな売上の柱となる製品群の獲得によるシェア拡大と強化を図

レアジョブ、ベトナムでオンライン教育事業を展開するDVE社と資本業務提携契約締結

株式会社レアジョブ(6096)は、ベトナムの子ども向けのオンライン英語教育ソリューション「Kynaforkids」を運営するDreamVietEducationJointStockCompany(ベトナム、DVE社)と資本業務提携契約を締結した。レアジョブは、英語関連事業を展開している。DVE社は、ベトナムにおいてオンライン教育事業を展開している。本提携により、レアジョブは、成長戦略の一つの柱であ

日本ペイントHD、欧州塗料メーカーCromology Holding SASを孫会社化へ

日本ペイントホールディングス株式会社(4612)は、連結子会社であるDuluxGroupLimited(オーストラリア・メルボルン、DuluxGroup社)が、イギリスに新たに設立したDGLInternational(UK)Ltd(イギリス・ロンドン)を通じて、欧州において建築用塗料等の製造・販売を手掛けるCromologyHoldingSAS社(フランス・クリシー、Cromology社)およびC

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース