コラム

シンガポールからの考察:日本企業による東南アジアでのM&A

海外M&A

⽬次

[表示]

長らくシンガポールを拠点としてビジネスに携わり、縁あって日本のコンサルティング・ファームの一員となった。それらの経験等から、日本企業による東南アジアでのM&Aを考察したい。

総論

国際化時代を迎え、日本企業がグローバル競争に生き残り、事業を拡大していくためには、東南アジアにおけるM&Aが不可欠の戦略である。すでに日本企業は、東南アジアにおいて、金額ベースでは他国をしのいで最大の投資元となっている。ディールロジック社の調査によると、2013年の日本企業によるM&Aは、金額ベースで82億ドル(約8,000億円*1)であり、東南アジアへの年間投資総額としては過去最大となっている。

図1 日本企業の東南アジアにおけるM&A金額推移

図1 日本企業の東南アジアにおけるM&A金額推移

*1 日本銀行金融市場局が2014年1月14日に発表した、2013年の平均レート(中心相場)1米ドル=97.71円で換算、以下同様。

東南アジアの中堅・中小セクターにおけるM&A投資機会

昨今、日本企業の大企業による東南アジア企業のM&A案件が新聞のヘッドラインを飾るケースが増えてきた。ユニチャームによるDiana Vietnam買収(2011年、ベトナム)、三井住友銀行による東亜銀行買収(2014年、香港)あるいは伊藤忠商事とチャロンポカパングループとの資本業務提携(2014年、タイ)などである。業種は、製造業、サービス、金融などさまざまである。

一方、東南アジアにおけるM&Aのボリュームゾーンは、小型~ミッドサイズである。2013年のアジアでのM&A総額は、900億ドル(約9兆円)であるが、案件数ベースでの内訳をみると、被買収企業の価値が5,000万ドル未満(約50億円)の案件が過半数を占め、5億ドル(約500億円)以上の案件はわずか8%に過ぎない(図2)。

図2 アジアのM&A規模別構成比(2013年、案件数ベース)

図2 アジアのM&A規模別構成比(2013年、案件数ベース)

東南アジアの多くの業界では、寡占化が進んでおらず、小規模多数の企業が群立する状態である。しかしそれら企業の多くは、グローバル金融危機を生き延びた競争力のある企業であり、東南アジアにおいて戦略的に買収を進める日本企業にとっては、買収対象企業として魅力的であろう。これらの企業は、ブランド認知は低いものの、既存事業の補完的買収、いわゆるボルトオン(bolt-on)買収もしくはジョイントベンチャーのパートナーとしては非常に魅力的な買収ターゲットである。ボルトオン買収は、買収後に高いシナジー効果を実現する近道だ。なぜなら買収企業が精通する既存の事業を買収するからであり、ターゲット企業が比較的小規模で買収後の統合が容易だからだ。ジョイントベンチャーは、現地に精通し、かつ事業に精通するビジネスパートナーと組んで当該地でのビジネスに参入する形態であるから各種のリスクが低く、日本企業の東南アジア進出の初期段階で多く取られるスキームである。

東南アジアにおけるM&Aの課題

日本企業が東南アジアでM&Aを実行するためには、東南アジア各国の特殊性と、日本企業自らの特性を理解し、お互いに克服していかなければならない。以下は、それぞれの課題を総論としてまとめたものである。

東南アジア側の特殊性

  • 日本企業サイドから買収ターゲットを定めてアプローチする場合、これらターゲットとの交渉は長い時間を要することになる。 なぜなら多くの東南アジア企業は家族経営やオーナー経営であり、自国の経済成長率の高さ、将来の成長・発展の高さから、今すぐに自社を売りたいとは思っていないからだ。
  • 公開されている情報が不足しており、情報を取得できたとしてもその正確性が担保されていない。また決算報告書など企業内資料も、必ずしも正確なものとは言い難い場合が多く、企業評価が困難である。
  • 各国の法律や規制、あるいは商習慣が異なるので、交渉には細心の注意を要する。
  • 人材の流動性が高く、買収後人材の確保が課題である。

日本側の特性

  • 欧米企業と比較して意思決定が遅く、本社決裁が必要など時間を要する。
  • 各種リスクを回避する傾向があり、細部に拘泥する。
  • 日本人によるマネジメントにこだわるケースが多い。徐々に現地マネジメントスタッフが増えると、戦略等に関する意思疎通及び実行が困難になる。
  • M&Aを実施するチームの経験不足と英語力の低さが障害となって、迅速に対応することに自信を持てない。

東南アジアでのM&A成功のキーファクター

戦略立案とそれに沿ったM&Aターゲット選定

東南アジアでの買収の根底には、当然ながら企業戦略が無くてはならない。その戦略立案においては東南アジア各国の現状を理解することが第一だ。東南アジアは多種多様な国の集合体だ。たとえば、シンガポールは小規模都市国家だが裕福である一方、フィリピンやインドネシアは島国の集まりで、大きな人口を抱えているが、一人当たりの富裕度はまだまだ低い。各国の経済発展度、インフラ整備状況、人口分布、将来の成長性などを総合的に判断しながら、進出先を決定することが肝要である。また、進出の背景にある自社の目的を明確にしておくことが重要だ。例えば、現地顧客に認知度の高い商品・サービスを獲得するのか、今後の自社拡大に伴い必要とされるであろう物流網を得るのか、自社製品の更なる販促のための販売チャネルを付加するのか、などの目的に基づいてのターゲット選定が重要だ。

フィージビリティ・スタディと実行

M&A戦略の実行にあたっては、事前の十分すぎるくらいのフィージビリティ・スタディが成功のために必要不可欠だ。フィージビリティ・スタディにおいては、日本国内および現地の経験豊かなアドバイザリーチームによる支援が必要である。案件の成功はひとえに、このフィージビリティ・スタディと徹底したデューデリジェンス、それに基づく適正な買収価格の合意にかかっている。また、日本企業サイドにおいて、ボルトオン型で行くか、ジョイントベンチャーで行くか、価格はどうするかなどを迅速に決定できるディールチームの組成、及びそのチームへの決定権の委譲が肝要となる。

PMI

日本企業は、海外での買収において、その後の統合、いわゆるPMI(Post Merger Integration)に成功してきたとは言い難い。 日本企業の当地でのM&Aを実見してきた者として感じるのは、日本企業は、買収先の企業に対して日本の商習慣や組織文化を強制したり再現したりすることが多いと感じている。海外各国の企業には、それぞれその国の文化、宗教、商習慣、価値観などが背景に存在する。それらは各国の経済成長に伴って、今後さらに強まっていくことも予想される。このことを理解し、実際のマネジメントに活かすことこそ、買収実行後のマネジメントと労働者との融合を促進させ、目標達成にむけた調整が容易となることを理解するべきである。

PMIとは|M&A用語集

広報誌「Future」 vol.8

Future vol.8

当記事は日本M&Aセンター広報誌「Future vol.8」に掲載されています。

広報誌「Future」バックナンバー

著者

Ketan Ranadive

Ketanけたん Ranadiveらんでぃうぇい

株式会社ピー・アンド・イー・ディレクションズディレクターP&EDirectionsAsiaPte.Ltd.マネージングディレクター

JPMorgan(ロンドン)、Maybank(シンガポール)などでディレクター職などを歴任。これまでアジア各国の様々な業界で1兆円を超えるM&A案件を組成・実現に関わっている。ボンベイ大学卒、ロンドンビジネススクール(MBA)、英国公認会計士。p【会社概要】戦略策定(Planning)と実行支援(Execution)を行う経営コンサルティング・事業支援会社。新規事業の立ち上げ、海外市場への進出、アライアンス・M&Aの推進、新商品・新サービスの上市、新販路拡大など、成長戦略の企画から実行までを多段階にわたり支援。シンガポール、タイ(バンコク)など海外にも拠点およびスタッフを設置。2001年創業以来、大企業、中堅・中小の上場企業、プライベート・エクイティファンドなどを中心に数多くの支援を実施。

この記事に関連するタグ

「ASEAN・広報誌・PMI・海外M&A・クロスボーダー」に関連するコラム

クロスボーダーM&Aのリアル ~シンガポールから見た日本企業~

海外M&A
クロスボーダーM&Aのリアル ~シンガポールから見た日本企業~

日本M&Aセンターのシンガポール・オフィスには、4人の現地スタッフ、4人の日本人スタッフの合計8名が常駐している。現在のスタッフ体制が確立したのは、およそ1年前。その中核となる二人のコンサルタント、ジョアンナとイーチェンが、日本オフィスに現状を伝えるべく、2019年7月に来日。シンガポールにおけるM&Aの最新情報をレポートする。(文中:J=ジョアンナ、Y=イーチェン)左:イーチェン、右:ジョアンナ

シンガポール進出4年目を迎えて

海外M&A
シンガポール進出4年目を迎えて

日本M&Aセンターの初のASEAN海外拠点として、2016年4月にシンガポールに事務所を開設した。以来3年間の活動で得たシンガポールのM&A動向について記したい。ASEANにおけるM&A件数推移下の図を参照いただきたい。近年のアジアにおけるIn-Outの件数推移である。2018年はシンガポール企業の買収が53件と、最も多い。単年に限ったことではなく、ここ5年ほどはASEANのM&Aにおいて最も日本

ASEAN主要国(タイ、インドネシア、ベトナム)におけるM&Aの留意点

海外M&A
ASEAN主要国(タイ、インドネシア、ベトナム)におけるM&Aの留意点

今回は、ASEAN主要国における現地法人M&Aの留意点を概説する。本稿では、比較的数多くの実例がみられる非上場企業の買収を念頭に、株式・持分取得と外資規制上の主な留意点を以下に記載する。ASEAN諸国等における国外企業による資本提携など買収案件では、現地進出自体のビジネス上のフィージビリティの検討に加え、外資に対するライセンス等の規制、雇用法制・雇用慣行や税制面での検討が重要である。なお、以下の記

アジアにおけるクロスボーダーM&A -失敗しないためのアプローチ-

海外M&A
アジアにおけるクロスボーダーM&A -失敗しないためのアプローチ-

アジアへの投資は衰えずアベノミクスにより日本国内景気が上向き、円安の進行が進んでいる。それにもかかわらず、日本企業の海外進出・投資は依然として衰えていない。シンガポールにおいて日本企業を支援している筆者からも、日本市場の縮小とアジア新興国の所得水準向上という長期的トレンドから、国内市場を主戦場としてきた企業でさえ、持続的な成長のために海外戦略を加速させている状況が見て取れる。アジア地区への日本から

ASEAN地域におけるM&A事例紹介

海外M&A
ASEAN地域におけるM&A事例紹介

日本M&Aセンター海外支援室は、日本企業のアジア進出あるいは撤退の支援を第一段階として展開してきた。今や、第2段として、日本企業の現地資本企業(ローカル企業)の買収等、いわゆるIN-OUT案件を発掘、構築する段階に至っている。ここでは、第1段階の総括として、ASEAN2カ国で成約した案件、および第2段階の本格的IN-OUTの端緒となるであろう案件をご紹介する。CASE1インドネシア【背景】買手A社

M&Aを活用した海外進出・撤退について

海外M&A
M&Aを活用した海外進出・撤退について

日本M&Aセンターにおいて海外支援室を立ち上げて2015年で約2年が経過した。この間、国内外の経済環境は想定をはるかに超える速度で変化している。「グローバリゼーション」が唱えられて久しいが、M&Aを通じて今ほどこの言葉を体感したことは無い。この潮流は、以降もさらに加速していくものと考える。アジアで急増する日本企業のM&AM&Aを活用して戦略的に海外へ進出する、あるいは海外から撤退する日本企業が急増

「ASEAN・広報誌・PMI・海外M&A・クロスボーダー」に関連する学ぶコンテンツ

「ASEAN・広報誌・PMI・海外M&A・クロスボーダー」に関連するM&Aニュース

ルノー、電気自動車(EV)のバッテリーの設計と製造において2社と提携

RenaultGroup(フランス、ルノー)は、電気自動車のバッテリーの設計と製造において、フランスのVerkor(フランス、ヴェルコール)とEnvisionAESC(神奈川県座間市、エンビジョンAESCグループ)の2社と提携を行うことを発表した。ルノーは、125の国々で、乗用、商用モデルや様々な仕様の自動車モデルを展開している。ヴェルコールは、上昇するEVと定置型電力貯蔵の需要に対応するため、南

マーチャント・バンカーズ、大手暗号資産交換所運営会社IDCM社と資本業務提携へ

マーチャント・バンカーズ株式会社(3121)は、IDCMGlobalLimited(セーシェル共和国・マエー島、IDCM)と資本提携、および全世界での暗号資産関連業務での業務提携に関するMOUを締結することを決定した。マーチャント・バンカーズは、国内および海外の企業・不動産への投資業務およびM&Aのアドバイス、不動産の売買・仲介・賃貸および管理業務、宿泊施設・飲食施設およびボウリング場等の運営・管

santec、カナダで光測定装置の開発事業を行うJGR Optics Inc.の全株式取得、子会社化へ

santec株式会社(6777)は、JGROpticsInc.(カナダ・オタワ、JGR社)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。santecは、光部品関連事業、光測定器関連事業、光イメージング・センシング関連事業を展開している。JGR社は、光測定装置の開発、製造、販売を行っている。本件M&Aにより、santecは、光測定器関連事業の新たな売上の柱となる製品群の獲得によるシェア拡大と強化を図

レアジョブ、ベトナムでオンライン教育事業を展開するDVE社と資本業務提携契約締結

株式会社レアジョブ(6096)は、ベトナムの子ども向けのオンライン英語教育ソリューション「Kynaforkids」を運営するDreamVietEducationJointStockCompany(ベトナム、DVE社)と資本業務提携契約を締結した。レアジョブは、英語関連事業を展開している。DVE社は、ベトナムにおいてオンライン教育事業を展開している。本提携により、レアジョブは、成長戦略の一つの柱であ

日本ペイントHD、欧州塗料メーカーCromology Holding SASを孫会社化へ

日本ペイントホールディングス株式会社(4612)は、連結子会社であるDuluxGroupLimited(オーストラリア・メルボルン、DuluxGroup社)が、イギリスに新たに設立したDGLInternational(UK)Ltd(イギリス・ロンドン)を通じて、欧州において建築用塗料等の製造・販売を手掛けるCromologyHoldingSAS社(フランス・クリシー、Cromology社)およびC

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース