コラム

M&Aを活用した海外進出・撤退について

海外M&A

⽬次

[表示]

日本M&Aセンターにおいて海外支援室を立ち上げて2015年で約2年が経過した。この間、国内外の経済環境は想定をはるかに超える速度で変化している。「グローバリゼーション」が唱えられて久しいが、M&Aを通じて今ほどこの言葉を体感したことは無い。この潮流は、以降もさらに加速していくものと考える。

アジアで急増する日本企業のM&A

M&Aを活用して戦略的に海外へ進出する、あるいは海外から撤退する日本企業が急増している。当社においても、2010年頃よりアジアに子会社を持つ日本企業の再編を中心に海外案件が増加している(表1)。売手は比較的早期に海外進出を果たした先行組で、人件費高騰等により撤退を決断した企業であり、買手は上場企業・中堅優良企業を中心とし、先行組の既存拠点に新たな付加価値を見出す、というケースが多い。この潮流はASEAN地域において顕著で、日本経済新聞の調査によれば、上場企業の約9割が経営戦略としてM&Aを活用したいと考えており、そのうち約5割がASEAN地域への進出ニーズを持っているとされる。

表1 日本M&Aセンター仲介実績一覧

表1 日本M&Aセンター仲介実績一覧

企業がM&Aを活用してASEAN地域へ進出する理由は以下2点に集約される。

(1)国内市場縮小への対策として、新しいマーケット創出(約6億人の市場)が見込まれるASEAN市場へ進出したい。 (2)労働集約型産業の場合、より低廉な人件費を求めるだけではなく、製造拠点の分散、あるいは進出地域の潜在的成長力を取りこみたい。

一方、日本企業のアジア諸国(東アジア、ASEAN)の拠点撤退、移転の場合は、以下の4点が理由に挙げられる。

(1)製造業の場合、人件費の高騰により、当初の目論見通りの利益を獲得できなくなった。 (2)将来のカントリーリスク悪化を予測し早期撤退を決断(主に中国のケース)。 (3)清算よりもM&Aによる撤退が比較的容易である。 (4)海外子会社が大きくなりすぎ、マネージメント能力の限界を感じたり、海外で成功したが、後継者不在で次のライフワークを考えたりしているオーナー企業が増えている。

当社の事例においては、政治的緊張の高まり、人件費の高騰などを理由として、中国からの緩やかな撤退と同時にASEAN地域への進出のケースが多く見られる。JETROによれば、2013年の日本からASEAN地域への投資額は、前年比2.2倍、金額でも2兆3619億円と過去最高額を記録している。また2013年の日本からASEAN地域へのM&Aの件数は82件と、リーマンショック後(2009年)の40件から倍増している。

ASEAN地域への直接投資は、製造業だけでなく、金融、卸、小売、物流、その他サービス業で増加しており、進出形態は多様化(M&A、JV、複数企業からの出資など)している。

海外戦略におけるM&Aのメリット

M&Aによる海外進出を検討する場合、フィージビリティスタディ後、独力での進出と比較し下記メリットが想定される。

(1)時間の短縮化(既存の工場、熟練した社員、取引先をすぐに活用できる)。 (2)許認可業種では、ライセンス等をそのまま利用できる(海外ではライセンス取得に時間がかかるケースが多い)。 (3)現地財閥と日本企業のJVのケースでは、当該現地財閥との関係をそのまま保持できる。

当社はこれまで、主に日本企業の海外子会社を他の日本企業に譲渡するスキームで仲介している。このケースでは、法務・財務・税務のプレ・デューデリジェンス(予備監査)をしっかり行えば、日本企業間のM&Aと変わらないので、海外絡みの案件としてはあまり難易度は高くならない。一方、日本企業の株式持分ではなく、現地企業の株式持分を買収対象とする場合、歴史・文化・言語が異なる点以外に以下の理由で商談の難易度は格段に高くなる。

(1)希望売却価格が理論的価値より高い (2)各国の投資規制により、過半数の持分を獲得できる案件が稀少 (3)意思決定者へのアクセスの難しさ (4)決算書の信頼性、法務面の脆弱さ (5)贈収賄などのコンプライアンス・リスク (6)政情不安などのカントリーリスク (7)PMIの難しさ

上記以外に、現地オーナーの譲渡理由(投資受入れ理由)がそもそも日本企業のとは異なる点も見逃せない。例えば投資をしてくれれば10倍にして返すとか、銀行から借入すると金利が高いからとか、実際は経営難で資金を別の用途に利用したいなど、本当の譲渡理由が見えないケースには注意を要する。

M&Aは海外進出、撤退において有効な手段となりうる。一方で、海外諸国の法務面、税務面、商習慣などを細密に調査することが必要となる。財務諸表に不備がある企業が多いことから、企業単体への法務・会計監査も当然重要だ。そのため、案件の出所をチェックし、信頼できるフィナンシャル・アドバイザーの案件を検討することが何より重要である。

広報誌「Future」 vol.8

Future vol.8

当記事は日本M&Aセンター広報誌「Future vol.8」に掲載されています。

広報誌「Future」バックナンバー

著者

安丸 良広

安丸やすまる 良広よしひろ

日本M&Aセンター海外事業部ASEAN推進課 インドネシア駐在員事務所長

総合商社、監査法人を経て2002年に日本M&Aセンターに入社。前身である海外支援室の設立に参画。M&Aの成約数は100件を超え、19年にインドネシアオフィスの設立に携わる。米国公認会計士(USCPA)

この記事に関連するタグ

「ASEAN・広報誌・海外M&A・クロスボーダー」に関連するコラム

クロスボーダーM&Aのリアル ~シンガポールから見た日本企業~

海外M&A
クロスボーダーM&Aのリアル ~シンガポールから見た日本企業~

日本M&Aセンターのシンガポール・オフィスには、4人の現地スタッフ、4人の日本人スタッフの合計8名が常駐している。現在のスタッフ体制が確立したのは、およそ1年前。その中核となる二人のコンサルタント、ジョアンナとイーチェンが、日本オフィスに現状を伝えるべく、2019年7月に来日。シンガポールにおけるM&Aの最新情報をレポートする。(文中:J=ジョアンナ、Y=イーチェン)左:イーチェン、右:ジョアンナ

シンガポール進出4年目を迎えて

海外M&A
シンガポール進出4年目を迎えて

日本M&Aセンターの初のASEAN海外拠点として、2016年4月にシンガポールに事務所を開設した。以来3年間の活動で得たシンガポールのM&A動向について記したい。ASEANにおけるM&A件数推移下の図を参照いただきたい。近年のアジアにおけるIn-Outの件数推移である。2018年はシンガポール企業の買収が53件と、最も多い。単年に限ったことではなく、ここ5年ほどはASEANのM&Aにおいて最も日本

ASEAN主要国(タイ、インドネシア、ベトナム)におけるM&Aの留意点

海外M&A
ASEAN主要国(タイ、インドネシア、ベトナム)におけるM&Aの留意点

今回は、ASEAN主要国における現地法人M&Aの留意点を概説する。本稿では、比較的数多くの実例がみられる非上場企業の買収を念頭に、株式・持分取得と外資規制上の主な留意点を以下に記載する。ASEAN諸国等における国外企業による資本提携など買収案件では、現地進出自体のビジネス上のフィージビリティの検討に加え、外資に対するライセンス等の規制、雇用法制・雇用慣行や税制面での検討が重要である。なお、以下の記

シンガポールからの考察:日本企業による東南アジアでのM&A

海外M&A
シンガポールからの考察:日本企業による東南アジアでのM&A

長らくシンガポールを拠点としてビジネスに携わり、縁あって日本のコンサルティング・ファームの一員となった。それらの経験等から、日本企業による東南アジアでのM&Aを考察したい。総論国際化時代を迎え、日本企業がグローバル競争に生き残り、事業を拡大していくためには、東南アジアにおけるM&Aが不可欠の戦略である。すでに日本企業は、東南アジアにおいて、金額ベースでは他国をしのいで最大の投資元となっている。ディ

アジアにおけるクロスボーダーM&A -失敗しないためのアプローチ-

海外M&A
アジアにおけるクロスボーダーM&A -失敗しないためのアプローチ-

アジアへの投資は衰えずアベノミクスにより日本国内景気が上向き、円安の進行が進んでいる。それにもかかわらず、日本企業の海外進出・投資は依然として衰えていない。シンガポールにおいて日本企業を支援している筆者からも、日本市場の縮小とアジア新興国の所得水準向上という長期的トレンドから、国内市場を主戦場としてきた企業でさえ、持続的な成長のために海外戦略を加速させている状況が見て取れる。アジア地区への日本から

ASEAN地域におけるM&A事例紹介

海外M&A
ASEAN地域におけるM&A事例紹介

日本M&Aセンター海外支援室は、日本企業のアジア進出あるいは撤退の支援を第一段階として展開してきた。今や、第2段として、日本企業の現地資本企業(ローカル企業)の買収等、いわゆるIN-OUT案件を発掘、構築する段階に至っている。ここでは、第1段階の総括として、ASEAN2カ国で成約した案件、および第2段階の本格的IN-OUTの端緒となるであろう案件をご紹介する。CASE1インドネシア【背景】買手A社

「ASEAN・広報誌・海外M&A・クロスボーダー」に関連する学ぶコンテンツ

「ASEAN・広報誌・海外M&A・クロスボーダー」に関連するM&Aニュース

ルノー、電気自動車(EV)のバッテリーの設計と製造において2社と提携

RenaultGroup(フランス、ルノー)は、電気自動車のバッテリーの設計と製造において、フランスのVerkor(フランス、ヴェルコール)とEnvisionAESC(神奈川県座間市、エンビジョンAESCグループ)の2社と提携を行うことを発表した。ルノーは、125の国々で、乗用、商用モデルや様々な仕様の自動車モデルを展開している。ヴェルコールは、上昇するEVと定置型電力貯蔵の需要に対応するため、南

マーチャント・バンカーズ、大手暗号資産交換所運営会社IDCM社と資本業務提携へ

マーチャント・バンカーズ株式会社(3121)は、IDCMGlobalLimited(セーシェル共和国・マエー島、IDCM)と資本提携、および全世界での暗号資産関連業務での業務提携に関するMOUを締結することを決定した。マーチャント・バンカーズは、国内および海外の企業・不動産への投資業務およびM&Aのアドバイス、不動産の売買・仲介・賃貸および管理業務、宿泊施設・飲食施設およびボウリング場等の運営・管

イオンディライト、中国連結⼦会社を通じて浙江美特来物業管理有限公司を子会社化へ

イオンディライト株式会社(9787)は、連結⼦会社である永旺永楽(中国)物業服務有限公司(中国蘇州、AD中国)が浙江美特来物業管理有限公司(中国杭州、美特来)の出資持分を、持分買取および増資引受により取得することを決定した。取得価額は、約484百万円。取得割合は、51%となる。イオンディライトは、ファシリティマネジメント事業を展開している。顧客への課題解決に最適なソリューションを提供している。AD

santec、カナダで光測定装置の開発事業を行うJGR Optics Inc.の全株式取得、子会社化へ

santec株式会社(6777)は、JGROpticsInc.(カナダ・オタワ、JGR社)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。santecは、光部品関連事業、光測定器関連事業、光イメージング・センシング関連事業を展開している。JGR社は、光測定装置の開発、製造、販売を行っている。本件M&Aにより、santecは、光測定器関連事業の新たな売上の柱となる製品群の獲得によるシェア拡大と強化を図

レアジョブ、ベトナムでオンライン教育事業を展開するDVE社と資本業務提携契約締結

株式会社レアジョブ(6096)は、ベトナムの子ども向けのオンライン英語教育ソリューション「Kynaforkids」を運営するDreamVietEducationJointStockCompany(ベトナム、DVE社)と資本業務提携契約を締結した。レアジョブは、英語関連事業を展開している。DVE社は、ベトナムにおいてオンライン教育事業を展開している。本提携により、レアジョブは、成長戦略の一つの柱であ

日本ペイントHD、欧州塗料メーカーCromology Holding SASを孫会社化へ

日本ペイントホールディングス株式会社(4612)は、連結子会社であるDuluxGroupLimited(オーストラリア・メルボルン、DuluxGroup社)が、イギリスに新たに設立したDGLInternational(UK)Ltd(イギリス・ロンドン)を通じて、欧州において建築用塗料等の製造・販売を手掛けるCromologyHoldingSAS社(フランス・クリシー、Cromology社)およびC

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース