M&Aニュース

成長戦略セミナー

セイノーHDが三菱電機ロジスティクスを買収、572億円で66.6%取得へ

更新日:

セイノーホールディングス株式会社(9076、以下「セイノーHD」)は、三菱電機株式会社(6503)が保有する三菱電機ロジスティクス株式会社(東京都中野区)の株式取得を発表した。

所有割合にしてセイノーHDは66.6%、三菱電機は33.4%の株式を保有する予定。取得価額は572億7600万円。

本取引により、三菱電機ロジスティクスはセイノーHDの連結子会社となり、三菱電機の持分法適用会社となる予定。

セイノーHDは、貨物自動車運送事業、貨物利用運送事業、倉庫業、航空運送代理店業、通関業等を行っている。

三菱電機は、インフラ、インダストリー・モビリティ、ビジネス・プラットフォーム、セミコンダクター・デバイス等の製品の開発等を行っている。

三菱電機ロジスティクスは、ロジスティクス事業、輸配送事業、引越事業、倉庫業、物流拠点(配送センター等)運営等を行っている。

M&Aの目的

セイノーHD は「特積みのセイノーからロジのセイノーへ」を重点戦略として、国内拠点の新設やロジスティクス機能のエリア拡大を進め、物流全体の最適化を推進してきた。

三菱電機は、インハウスの物流会社である三菱電機ロジスティクスとともに、事業共通の課題である国内物流2024年問題への対応や、国際間輸送入札の集約等、三菱電機グループ全体のサプライチェーンの最適化を推進してきた。

本件M&Aにより、セイノーHDは、三菱電機ロジスティクスが有する大型機器・設備等の特殊輸送、半導体や精密機械の輸送に関するノウハウ及び、ロジスティクスセンター等の資産を活用し、エレクトロニクス領域における対応力を強化する。

また、三菱電機は、三菱電機ロジスティクスが、セイノーHDの有する国内、海外の輸送インフラ及びネットワーク、情報システム及びデジタルプラットフォーム等を活用することにより、調達から販売までの物流を効率化する。

三菱電機ロジスティクスは、セイノーHDが有する国内外の顧客基盤を活用し、三菱電機グループ外へのサービス提供拡大を図る。

セイノーHDの取得株式数,取得価額及び取得前後の所有株式の状況

(1) 異動前の所有株式数:0 株(議決権の数:0 個)(議決権所有割合:0.0%)
(2) 取得株式数    :14,652,000 株(議決権の数:14,652 個)
(3) 取得価額     :57,276 百万円
(4) 異動後の所有株式数:14,652,000 株(議決権の数:14,652 個)(議決権所有割合:66.6%)

三菱電機の譲渡株式数,譲渡価額及び譲渡前後の所有株式の状況

(1) 異動前の所有株式数:22,000,000 株(議決権の数:22,000 個)(議決権所有割合:100.0%)
(2) 譲渡株式数    :14,652,000 株(議決権の数:14,652 個)
(3) 譲渡価額     :57,276 百万円
(4) 異動後の所有株式数:7,348,000 株(議決権の数:7,348 個)(議決権所有割合:33.4%)

日程

(1) 両社意思決定完了日:2024年6月18日
(2) 最終契約締結日  :2024年6月18日
(3) 株式譲渡実行日  :2024年10月1日(予定)

物流・トラック運送業界の最新動向やM&A事例が良くわかる物流業界M&Aセミナー開催中

トラック物流業界のM&A・事業承継の動向はこちら

電子部品・機械器具製造業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、電子部品・機械器具製造業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

セイノーホールディングス・三菱電機に関連するM&Aニュース

セイノーHD傘下のセイノースーパーエクスプレス、関東エアーカーゴから航空部門事業を承継

セイノーホールディングス株式会社(9076)傘下のセイノースーパーエクスプレス株式会社(東京都江東区)は、東海運株式会社(9380)の連結子会社である関東エアーカーゴ株式会社(埼玉県さいたま市)の航空部門事業を吸収分割により承継する。セイノースーパーエクスプレスは、貨物自動車運送事業、貨物運送取扱事業、港湾運送事業等を行っている。関東エアーカーゴは、一般貨物運送事業を行っている。目的下記①~③を目

三菱電機、ベトナムでFA機器の合弁会社設立

三菱電機株式会社(6503)は、冨士ベークライト株式会社(岡山県小田郡)と冨士ベークライトの子会社FujiBakeliteVietnamCo.,Ltd.(ベトナム)の持分80%の取得に関する契約を締結した。これに伴い、新社名を「MitsubishiElectricFPAutomationVietnamCo.,Ltd.(三菱電機FPオートメーションベトナム)」とし2024年6月1日から合弁会社として

三菱電機グループ、アイシンと次世代電動化関連製品に関する合弁会社設立で基本合意

三菱電機株式会社(6503)、三菱電機モビリティ株式会社(東京都千代田区、三菱電機と三菱電機モビリティを総称して「三菱電機グループ」)及び株式会社アイシン(7259)は、次世代電動化関連製品事業(以下「電動化事業」)に関する合弁会社の設立に基本合意した。本合弁会社は、三菱電機モビリティからの会社分割により電動化事業を担う新会社として設立し、最終的には三菱電機グループがマジョリティ株主(三菱電機と三

三菱電機、配電用変圧器事業を日立産機システムに譲渡

三菱電機株式会社(6503)と株式会社日立産機システム(東京都千代田区)は、三菱電機のFA制御機器などの開発・生産を行う名古屋製作所で製造する配電用変圧器事業を日立産機システムに譲渡し、両社の事業を統合することに合意した。今後、関係当局からの認可取得を経て、三菱電機の名古屋製作所における配電用変圧器事業(開発、設計、製造、販売、保守)に関する資産などを、2024年10月より段階的に日立産機システム

この記事に関連するタグ

「買収・物流業界」に関連するコラム

2024年5月の物流トラック運送業界M&Aを読み解く

業界別M&A
2024年5月の物流トラック運送業界M&Aを読み解く

物流業界の2024年5月の公表M&A件数は10件2024年5月において公表ベースでのM&A(合併・買収・資本参加)は10件であった。2023年5月(8件)と2件の増加になった。戦略の中心が「企業買収」へ先月に続きセンコーホールディングスが単月で2件の買収を実施。(2024年1月~5月で5件目)独特の戦略で同業の買収に限らず異業種の譲り受けを加速させている印象だ。今後も既存事業の拡充、新規事業の開拓

TOB(株式公開買付け)とは?わかりやすく事例を紹介

M&A全般
TOB(株式公開買付け)とは?わかりやすく事例を紹介

東京証券取引所の市場再編やPBR(株価純資産倍率)改善要請を背景に、成長を意識した買収、上場企業へのTOB(株式公開買い付け)の動きが活発化しています。本記事ではTOBの概要や主な流れ、メリット、企業事例をご紹介します。日本M&Aセンターでは、中小企業の成長戦略にフォーカスしたセミナーを開催しております。中堅・中小企業の成長戦略としてM&Aが注目されている現在、日本M&Aセンターが支援するレバレッ

2024年4月の物流トラック運送業界M&Aを読み解く

業界別M&A
2024年4月の物流トラック運送業界M&Aを読み解く

物流業界の2024年4月の公表M&A件数は11件2024年4月において公表ベースでのM&A(合併・買収・資本参加)は11件であった。2023年4月(10件)と昨年比では1件の増加になった。2024年問題からみる物流・運送業界M&A4月からトラックドライバーの時間外労働時間上限規制が開始となり、2019年の法改正以降、数年かけて取り組んできた荷主企業との運賃交渉やドライバーの確保、中継拠点の新設など

2024年3月の物流トラック運送業界M&Aを読み解く

業界別M&A
2024年3月の物流トラック運送業界M&Aを読み解く

物流業界の2024年3月の公表M&A件数は10件2024年3月において公表ベースでのM&A(合併・買収・資本参加)は10件であった。2023年3月(7件)と昨年比では3件の増加になった。物流M&Aトピックを考察3月で大きく印象に残っているのはAZ-COM丸和ホールディングスが、C&FホールディングスにTOB(株式公開買い付け)を実施し子会社化を目指すと発表した事例ではないだろうか。アマゾンジャパン

2024年問題とは?物流・運送業への影響、対策をわかりやすく解説

経営・ビジネス
2024年問題とは?物流・運送業への影響、対策をわかりやすく解説

2024年問題は、主に物流・運送業界、建築業界などに様々な影響を及ぼすとされています。本記事では、物流・運送業界における2024年の概要、想定される影響や対策についてご紹介します。M&Aの目的、検討ポイントは業界・業種によって異なります。物流・運送業をはじめ各業界・業種に精通した専門チームがあなたの会社のM&Aをご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。物流・運送業界のM&Aについ

コングロマリットとは?メリットや企業事例を紹介

M&A全般
コングロマリットとは?メリットや企業事例を紹介

不透明な時代を生き抜くための戦略として、コングロマリット型経営は注目されており、国内ではその動きが活発化しています。本記事では、コングロマリットの特徴やメリットなどについて解説していきます。日本M&Aセンターでは、M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらコングロマリットとはコングロマリット(co

「買収・物流業界」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年6月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

月別M&Aニュース

注目ニュースワード