M&Aニュース

クラレの米国子会社カルゴン・カーボン社、米社から産業用再生炭事業を買収

更新日:

株式会社クラレ(3405)は、米国子会社Calgon Carbon Corporation (米国ペンシルベニア州、以下「カルゴン・カーボン社」)において、Sprint environmental Service, LLC (米国テキサス州、以下「SeS社」)から産業用再生炭事業を買収することを決定した。
本買収により、活性炭ビジネスを広げ、米国産業用再生炭市場でのシェアを維持・拡大させる。

クラレは、日本の合成繊維工業の先駆けとなったビニロンをはじめ、新規合成繊維(クラロンK-II)、PVA樹脂(クラレポバール)、気体遮断性に優れたEVOH樹脂(エバール)、人工皮革(クラリーノ)などを製造・販売している。

カルゴン・カーボン社は、活性炭および水処理機器の製造・販売を行う、世界最大の活性炭メーカー。2018 年よりクラレの完全子会社

SeS社は、産業用再生炭の製造販売および産業用機器レンタル事業を行う。

産業用再生炭事業買収の背景

クラレは、2018年に世界最大の活性炭メーカーであるカルゴン・カーボン社を買収し、現在では、瀝青炭系、木質系、ヤシ殻系の幅広い活性炭や活性炭再生サービスを提供し、水・大気の浄化におけるトータルソリューションプロバイダーとして、自然環境、生活環境の向上に貢献する活性炭ビジネスの拡大を図っている。

クラレは、活性炭ビジネスにおいて今後大きな伸長を見込む米国産業用再生炭市場でのシェア維持・拡大に向け、生産能力増強が必要な状況であった。
カルゴン・カーボン社の産業用再生炭生産拠点は米国東部に集中していることから、中西部地域をカバーできるメキシコ湾岸地域は重要な戦略拠点となる。同拠点では、本買収後に、産業用だけでなく飲料水用再生炭の生産設備増強も視野に入れている。米国でのPFAS規制※の強化により、需要の大幅な増加が見込まれており、カルゴン・カーボン社は、大幅な能力増強を検討するとともに、重要顧客との契約締結協議を進めている。

※PFAS:人工的に合成された有機フッ素化合物群の総称。耐水性、防汚性などに優れた特性を持つ一方、難分解性及び生物蓄積が問題視され、欧米などでは規制強化の動きが進む。

日程

事業譲渡期日:2024年6月末(予定)

繊維・衣服・装飾品製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

繊維・衣服・装飾品製造業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、繊維・衣服・装飾品製造業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

クラレに関連するM&Aニュース

クラレ、珪藻土・パーライト事業をフランスのイメリス社に譲渡

株式会社クラレ(3405)は、米国子会社CalgonCarbonCorporation(米国ペンシルベニア州、以下カルゴン・カーボン社)が欧州子会社で手掛ける珪藻土およびパーライト事業の譲渡を決定し、フランスのImerysS.A.(フランスパリ、以下イメリス社)と独占交渉に関する基本契約を締結した。クラレは2018年に世界最大の活性炭メーカーであるカルゴン・カーボン社を買収し、現在では瀝青炭系、木

クラレ(3405)、活性炭世界最大手のCalgon Carbon社を完全子会社化

クラレ(3405)は、CalgonCarbonCorporation(米国ペンシルバニア州、CalgonCarbon社)の全株式を取得し、完全子会社化することで、CalgonCarbon社と合意した。取得価額は約1,218億円。本件は、CalgonCarbon社を存続会社として、クラレが設立する買収目的会社(SPC)とCalgonCarbon社とを合併させる現金交付型の逆三角合併方式で行う。クラレ

クラレ(3405)、オーストラリアのバリアフィルム事業者Plantic社を買収

株式会社クラレ(3405)は、オーストラリアのGordonMerchantNo.2PtyLtdより、同社が保有するバイオマス由来のバリアフィルム事業を展開する、オーストラリアのPlanticTechnologiesLimited(Plantic社)の発行済株式の全部を取得する株式売買契約を締結し、買収を完了した。クラレは、プラスティックの中で最高レベルのガスバリア性を有する(エバール)(エチレン-

この記事に関連するタグ

「事業譲渡・買収」に関連するコラム

M&Aが失敗する要因とは?対処法や事例も紹介

M&A全般
M&Aが失敗する要因とは?対処法や事例も紹介

M&Aは譲渡企業(売り手)、譲受け企業(買い手)の双方が目的実現のために、M&Aを実行します。しかし、残念ながら中にはM&Aが失敗、交渉途中に破談に終わるケースもあります。本記事では、M&Aが失敗に至ってしまう原因や、対応策についてご紹介します。M&Aにおける失敗の定義はじめに、M&Aが失敗したとみなされる主なケースについて見ていきます。想定していたシナジー効果が得られないM&Aの目的の一つとして

西日本におけるIT企業のM&A事情とは?IT業界の事業譲渡にも迫る

M&A全般
西日本におけるIT企業のM&A事情とは?IT業界の事業譲渡にも迫る

小森:買収の参観日チャンネル、今回は大阪支社からゲストに登場してもらいます。岡部:西日本事業法人部の岡部と申します。主にIT関連のお客様のM&Aをお手伝いしております。小森:岡部さんと一緒に、西日本のIT業界のM&A事情を色々掘り下げていきたいと思います。IT業界と建設業は似ている?小森:岡部さん自身がITに興味を持ったのは、どういうきっかけでしょうか。岡部:IT企業というと、勢いのあるベンチャー

買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

M&A全般
買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要、メリット、進める流れについてご紹介してまいります。買収とは「買収」とは、他の企業の株式取得を通じて、経営権を獲得することを指します。新たに自社で事業を立ち上げる場合に比べて、既にその事業分野で実績のある企業を取得するため、スピーディーに展開できる点が特徴です。買収をご検討の方は、希望条件(地

TOB(株式公開買付け)とは?わかりやすく事例を紹介

M&A全般
TOB(株式公開買付け)とは?わかりやすく事例を紹介

東京証券取引所の市場再編やPBR(株価純資産倍率)改善要請を背景に、成長を意識した買収、上場企業へのTOB(株式公開買い付け)の動きが活発化しています。本記事ではTOBの概要や主な流れ、メリット、企業事例をご紹介します。日本M&Aセンターでは、中小企業の成長戦略にフォーカスしたセミナーを開催しております。中堅・中小企業の成長戦略としてM&Aが注目されている現在、日本M&Aセンターが支援するレバレッ

事業譲渡とは?メリットやデメリット、手続きをわかりやすく解説

M&A全般
事業譲渡とは?メリットやデメリット、手続きをわかりやすく解説

M&Aで多く用いられるスキームとして挙がるのが株式譲渡と事業譲渡です。本記事ではどのような場合に事業譲渡がふさわしいのか、株式譲渡との違いやメリット・デメリット、手続きや税金などをわかりやすくご紹介します。日本M&Aセンターでは、事業譲渡をはじめ、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら事業譲渡とは事業譲渡とは

コングロマリットとは?メリットや企業事例を紹介

M&A全般
コングロマリットとは?メリットや企業事例を紹介

不透明な時代を生き抜くための戦略として、コングロマリット型経営は注目されており、国内ではその動きが活発化しています。本記事では、コングロマリットの特徴やメリットなどについて解説していきます。日本M&Aセンターでは、M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらコングロマリットとはコングロマリット(co

「事業譲渡・買収」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aスキームとは?種類別に公認会計士が解説!

M&Aスキームとは?種類別に公認会計士が解説!

M&Aを行うスキーム(手法)は様々に存在し、最適な選択が成功の鍵を握ります。本記事では中堅・中小企業のM&Aで用いられる代表的なスキームの特徴、メリット・デメリットなどをご紹介します。日本M&AセンターではM&Aに精通した公認会計士・税理士・弁護士など専門家を含めた盤石の体制で安全・安心のM&Aをサポート致します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらM&Aにおけるスキームと

譲渡企業(買収先)の探し方。ロングリスト、ショートリストとは

譲渡企業(買収先)の探し方。ロングリスト、ショートリストとは

M&A仲介会社などパートナーを選定したら、次は買収先、つまり譲渡企業(売り手)を探すステップに移ります。お相手探しは主に2つの方法で行われます。それぞれについて詳しく見てまいりましょう。買収をご検討の方は、希望条件(地域、業種など)を登録することで、条件に合致した譲渡案件のご提案や新着案件情報を受け取ることができます。まずは登録から始めてみませんか?買収希望条件の登録(無料)はこちら譲渡企業の探し

譲受け企業(買い手)がM&Aで押さえておきたいポイントとは?

譲受け企業(買い手)がM&Aで押さえておきたいポイントとは?

一言でM&Aといっても、買収戦略を実行していく譲受企業(買い手)側には様々な目的があります。M&Aの成功に向けて、押さえておきたいポイントを確認していきましょう。【登録無料】買収をご検討の方は、希望条件(地域、業種など)を登録することで、条件に合致した譲渡案件のご提案や新着案件情報を受け取ることができます。まずは登録から始めてみませんか?買収希望条件の登録はこちらM&A実行の目的・メリット一般的に

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年5月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード