M&Aニュース

クラレ、珪藻土・パーライト事業をフランスのイメリス社に譲渡

更新日:

株式会社 クラレ(3405)は、米国子会社Calgon Carbon Corporation(米国ペンシルベニア州、以下カルゴン・カーボン社)が欧州子会社で手掛ける珪藻土およびパーライト事業の譲渡を決定し、フランスのImerys S.A.(フランス パリ、以下イメリス社)と独占交渉に関する基本契約を締結した。

クラレは2018年に世界最大の活性炭メーカーであるカルゴン・カーボン社を買収し、現在では瀝青炭系、木質系、ヤシ殻系の幅広い活性炭や活性炭再生サービスを提供し、水・大気の浄化におけるトータルソリューションプロバイダーとして、自然環境、生活環境の向上に貢献する活性炭ビジネスの拡大を図る。

カルゴン・カーボン社は、欧州子会社である Chemviron S.A.(ベルギー 、以下ケムバイロン社)において木質系活性炭、活性炭再生事業および珪藻土、パーライト事業を運営。活性炭の製造・販売ならびに活性炭再生事業をコア事業として展開しており、珪藻土、パーライト事業はノンコア事業と位置づける。

イメリス社は、鉱物資源、合成鉱物などの製造・販売を行う。

事業譲渡の理由

この度当該事業の譲渡を決定し、ケムバイロン社とろ過助剤業界における世界最大手であるイメリス社の間で、現地時間4月26日に基本契約を締結した。 クラレグループは中期経営計画「PASSION 2026」において、事業ポートフォリオの高度化を重要施策と位置づけ、コア事業への重点的な資源配分と、縮小・撤退事業の見極めを進める。

日程

契約締結日 2024年4月26日
事業譲渡期日 2024年末(予定)

繊維・衣服・装飾品製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

繊維・衣服・装飾品製造業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、繊維・衣服・装飾品製造業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

クラレに関連するM&Aニュース

クラレの米国子会社カルゴン・カーボン社、米社から産業用再生炭事業を買収

株式会社クラレ(3405)は、米国子会社CalgonCarbonCorporation(米国ペンシルベニア州、以下「カルゴン・カーボン社」)において、SprintenvironmentalService,LLC(米国テキサス州、以下「SeS社」)から産業用再生炭事業を買収することを決定した。本買収により、活性炭ビジネスを広げ、米国産業用再生炭市場でのシェアを維持・拡大させる。クラレは、日本の合成繊

クラレ(3405)、活性炭世界最大手のCalgon Carbon社を完全子会社化

クラレ(3405)は、CalgonCarbonCorporation(米国ペンシルバニア州、CalgonCarbon社)の全株式を取得し、完全子会社化することで、CalgonCarbon社と合意した。取得価額は約1,218億円。本件は、CalgonCarbon社を存続会社として、クラレが設立する買収目的会社(SPC)とCalgonCarbon社とを合併させる現金交付型の逆三角合併方式で行う。クラレ

クラレ(3405)、オーストラリアのバリアフィルム事業者Plantic社を買収

株式会社クラレ(3405)は、オーストラリアのGordonMerchantNo.2PtyLtdより、同社が保有するバイオマス由来のバリアフィルム事業を展開する、オーストラリアのPlanticTechnologiesLimited(Plantic社)の発行済株式の全部を取得する株式売買契約を締結し、買収を完了した。クラレは、プラスティックの中で最高レベルのガスバリア性を有する(エバール)(エチレン-

この記事に関連するタグ

「クロスボーダーM&A・事業ポートフォリオ・ノンコア事業・事業譲渡」に関連するコラム

事業売却とは?会社売却との違い、メリット・デメリットを解説

M&A全般
事業売却とは?会社売却との違い、メリット・デメリットを解説

複数の事業を展開する中で、不採算部門を整理し、主力事業へ経営資源を集中するなど、事業戦略の見直しを迫られる場合があります。このような場面で活用されるのが、事業売却です。事業売却は組織再編において有効な方法ですが、その特徴を十分に理解しておかなければ、かえってマイナスの効果を生みかねません。本記事では、事業売却の概要、メリット・デメリットなどをご紹介します。日本M&Aセンターでは、事業売却をはじめ、

カーブアウトとは?メリットや課題、進め方、企業事例を紹介

M&A全般
カーブアウトとは?メリットや課題、進め方、企業事例を紹介

~ある上場企業の経営企画部長の悩み~社長から「事業ポートフォリオ見直しに着手せよ」という指示を受けました。選択と集中は不可欠で、子会社や事業の切離し(カーブアウト)も視野に入れたいと社長は力説します。しかし、当社は買収実績があっても売却はほとんどしたことがない。さて、どうしたものか・・・。近年、事業ポートフォリオの見直しに伴う、グループ会社や事業の切り離し、つまりカーブアウトの動きが加速しています

今さら聞けない「PBR1倍割れ」とは?日本企業がとるべき対策は?

経営・ビジネス
今さら聞けない「PBR1倍割れ」とは?日本企業がとるべき対策は?

2023年3月、東京証券取引所(東証)から「資本コストや株価を意識した経営の実現に向けた対応等に関するお願いについて」が発表され、上場企業の多くで「PBR1倍割れ」が起きていること、資本収益性や成長性の観点で課題があることなどが指摘されました。東証が上場企業に対してこのような積極的な要請を行うのは異例として、大きな話題となりました。そして、東証が指摘したさまざまな課題のなかでも、特に注目を集めてい

事業ポートフォリオ変革をバックアップ!M&A仲介最大手による上場企業向け新サービスとは

M&A全般
事業ポートフォリオ変革をバックアップ!M&A仲介最大手による上場企業向け新サービスとは

日本M&Aセンターが上場企業の事業ポートフォリオ変革を多数お手伝いしていること、ご存じでしょうか。このたびサービスラインナップの拡充とともに、事業ポートフォリオの総合分析と個別事業に関するカーブアウト分析の簡易版について、無料でご提供を開始しました。専門チームを率いる西川大介成長戦略開発センター長に、どのようなサービスなのかを聞きました。日本M&Aセンター成長戦略開発センターのコンサルタントたち@

スピンアウトとは?スピンオフとの違いやメリット・注意点・事例まで詳しく解説

経営・ビジネス
スピンアウトとは?スピンオフとの違いやメリット・注意点・事例まで詳しく解説

スピンアウトは、新たな事業価値を創出する手段として注目されています。そこで本記事では、スピンアウトとスピンオフの違い、スピンアウトのメリットや注意点等について詳しく解説します。スピンアウトとは?スピンアウトとは、企業が特定の子会社や事業を切り離し、新たな会社として独立させる言葉として、ビジネスの場面で用いられます。親会社との資本関係を解消するため、新会社は完全な独立企業になる点が特徴です。親会社の

事業ポートフォリオとは?作成するメリットや手順や最適化のコツを紹介

経営・ビジネス
事業ポートフォリオとは?作成するメリットや手順や最適化のコツを紹介

事業ポートフォリオとは、企業が運営しているすべての事業を組み合わせて可視化したものです。事業ポートフォリオを作成すれば、それぞれの事業の収益性や成長性などを確認しやすくなります。本記事では事業ポートフォリオを作成するメリット、作成手順、事業ポートフォリオを最適化するためのポイントなどについて解説します。@sitelink事業ポートフォリオとは事業ポートフォリオとは、企業の事業を一覧化したものを指し

「クロスボーダーM&A・事業ポートフォリオ・ノンコア事業・事業譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード