M&Aニュース

リネットジャパングループ、カンボジア金融事業子会社をシンガポールファンドに譲渡へ

更新日:

リネットジャパングループ株式会社(3556)は、連結子会社であるPREVOIR(KAMPCHEA)MICRO LIFE INSURANCE,PLC(カンボジア プノンペン、以下PKMI社)の発行済全株式について、Insitor Partners Pte. Ltd.(シンガポール、以下Insitor)が運営するファンド等に譲渡することを決定した。

リネットジャパングループは、リユース事業、小型家電リサイクル事業、ソーシャルケア事業、海外HR事業を展開している。

PKMI社は、カンボジアにおける貧困層向けマイクロ保険事業を行う。

Insitorは、アジア新興国の低所得層・貧困層にアプローチするインパクトファンド。

リネットジャパングループは、カンボジア金融事業については撤退・見直しを進めていた。

カンボジアにおけるマイクロファイナンス事業・マイクロ保険事業は、リネットジャパングループの連結総資産148億円(2023年9月末現在)のうち約80億円を占める。
株式譲渡による連結バランスシート圧縮分を、今後成長分野への積極投資に振り向ける。

譲渡価格は非公開、株式譲実行日は、カンボジア当局の承認・認可された時点となる予定。

リネットジャパングループに関連するM&Aニュース

リネットジャパングループ、カンボジア子会社の株式を五常・アンド・カンパニーに譲渡へ

リネットジャパングループ株式会社(3556)は、連結子会社であるCHAMROEUNMICROFINANCEPLC.(カンボジアプノンペン、以下チャムロン)の発行済全株式を、五常・アンド・カンパニー株式会社(東京都渋谷区、以下五常)等に対して譲渡することを決定し、五常との間で株式譲渡契約書を締結した。譲渡予定価額は、1,060,246,987円。リネットジャパングループは、リユース事業、小型家電リサ

リネットジャパングループ、アニスピホールディングスを子会社化へ

リネットジャパングループ株式会社(3556)は、株式会社アニスピホールディングス(東京都千代田区)を完全子会社化する。リネットジャパングループは、リユース事業、小型家電リサイクル事業、ソーシャルケア事業、海外HR事業を展開している。成長戦略として、小型家電リサイクル事業と障がい福祉事業が、相互にシナジーを発揮して成長する「環福連携モデル」の構築を推進している。アニスピホールディングスは、障がい者向

リネットジャパングループ(3556)、カンボジアのソーシャル・マイクロ保険企業プレボア社の全株式取得

リネットジャパングループ(3556)は、Prévoir(Kampuchea)MicroLifeInsurancePlc.(カンボジア、プレボア社)の親株主であるフランスの老舗保険企業PrévoirGroup(フランス、プレボアグループ)から株式を取得し、持分比率100%の単独株主となる株式譲渡契約の締結を決定した。これにより、リネットジャパングループは、カンボジア国内において新たに保険事業を開始す

リネットジャパングループ(3556)、カンボジアのソーシャル・マイクロファイナンス機関Chamroeun Microfinance Plc.の株式取得

リネットジャパングループ(3556)は、ChamroeunMicrofinancePlc.(カンボジア・プノンペン、チャムロン社)の主要株主から株式を取得することを決定し、持分比率は90%の筆頭株主となる株式譲渡契約を締結した。リネットジャパングループは、約5年にわたりカンボジアにて、BOP事業を展開してきた。特に「自動車関連領域」と「金融関連領域」に戦略的に取り組んでいる。「自動車関連領域」につ

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・子会社・連結・ファンド・クロスボーダーM&A」に関連するコラム

関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip 2022」に登壇!

広報室だより
関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip 2022」に登壇!

2022年11月下旬に大阪市内で開催された関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip2022」(主催:株式会社ニューズピックス)で、株式会社日本M&Aセンターの渡部恒郎がトークセッションに登壇しました。当日の模様を紹介します。(写真左から)株式会社日本M&Aセンター取締役渡部恒郎氏、株式会社スマートメディア代表取締役成井五久実氏、株式会社USEN-NEXTHOLDINGS執行役員/事業

タイにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

海外M&A
タイにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

日本M&Aセンターホールディングスは、このたびタイに現地法人「NihonM&ACenter(Thailand)Co.,LTD」を設立し、2024年1月23日より営業を開始いたしました。今回は、タイにおけるクロスボーダーM&Aの可能性や、今注目すべき領域はどこか?について、タイを拠点に活動するM&Aプレイヤーの視点よりお届けします。タイのクロスボーダーM&A市場動向と2024年の注目ポイントタイにお

2024年最新!インドネシアでのクロスボーダーM&Aの魅力と課題

海外M&A
2024年最新!インドネシアでのクロスボーダーM&Aの魅力と課題

日本M&Aセンターの海外事業部でインドネシアのクロスボーダーM&Aを担当している徳永です。世界4位の人口があり、これからさらに成長を遂げることが予想される成長市場のインドネシアにおけるクロスボーダーM&Aについて、その魅力と併せてM&Aにおける難しさについて紹介します。インドネシアでのクロスボーダーM&Aの魅力まずはインドネシアで現地企業をクロスボーダーM&Aで譲受けするメリットについて書いてみた

2024年 製造業におけるクロスボーダーM&A展望

海外M&A
2024年 製造業におけるクロスボーダーM&A展望

こんにちは。日本M&Aセンター海外事業部の亀井です。本コラムでは、2024年の製造業におけるクロスボーダーM&Aの課題やトレンド、今後狙うべき戦略について紹介します。海外拠点を既にもつ製造業の課題まず、日系企業の海外拠点での販売・調達・生産の課題を考えてみたいと思います。ジェトロの「海外進出日系企業実態調査」によると、多くの海外進出企業が販売先の見直しを検討しており、特に現地市場向けの販売強化を目

ベトナムにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

海外M&A
ベトナムにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

こんにちは、日本M&Aセンター海外事業部の松原です。ベトナムを中心にクロスボーダー案件を担当しております。2023年は日越国交関係樹立50周年の節目となる年で、政治や経済、文化などの分野において友好関係がさらに発展した1年でした。日越間のこの記念すべき1年について、企業の究極的な友好関係であるM&Aの視点から振り返ります。後半では2024年の展望にも触れていきます。2023年ベトナム経済振り返り日

2024年 物流・運送業界のクロスボーダーM&A

海外M&A
2024年 物流・運送業界のクロスボーダーM&A

こんにちは、日本M&Aセンター海外事業部の杉木です。東南アジアを中心としたクロスボーダーM&Aをお手伝いさせていただいています。本コラムでは、物流・運送業界におけるクロスボーダーM&Aの2024年の展望について、ご紹介していきます。「海外・クロスボーダーM&A」って、ハードルが高いと感じていませんか?日本M&Aセンターは、海外進出・撤退・移転などをご検討の企業さまを、海外クロスボーダーM&Aでご支

「株式譲渡・子会社・連結・ファンド・クロスボーダーM&A」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード