M&Aニュース

RPAホールディングス、子会社ディレクトのシステムソリューション事業の一部を譲渡へ

更新日:

RPAホールディングス株式会社(6572)は、連結子会社である株式会社ディレクト(東京都港区)がトランスフォーメーション事業で行うシステムソリューション事業の一部を譲渡することを決定した。

RPAホールディングスは、純粋持株会社。単純作業の代行を行うソフトウェアのロボット「BizRobo!」を扱うロボットアウトソーシング事業、オンライン広告業界にてロボットによる付加価値を加えるロボットトランスフォーメーション事業等を展開している。

ディレクトは、インターネットに関する総合コンサルティング業務を行っている。

RPAホールディングスは、グループの事業ポートフォリオ見直しの中で検討した結果、トランスフォーメーション事業の経営資源の再分配を行うこととなり、本事業譲渡に至ったとしている。
譲渡先は非公表。

・今後の予定
契約締結日 2023年10月下旬
譲渡実行日 2023年10月下旬

RPAホールディングスに関連するM&Aニュース

RPAホールディングス子会社のRPAテクノロジーズ、Tungsten Automation Japanから事業を譲受け

RPAホールディングス株式会社(6572)の子会社で、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)/DigitalLabor(仮想知的労働者)のベーステクノロジーを提供するRPAテクノロジーズ株式会社(東京都港区)は、TungstenAutomationJapan株式会社(東京都千代田区)からの事業譲渡を受け、TungstenTotalAgility(以下「TTA」)の日本国内での販売を開始

RPAホールディングス、子会社ディレクトのマーケティング支援サイトに関する事業の一部をイードに譲渡へ

RPAホールディングス株式会社(6572)は、2024年1月26日開催の経営会議において、連結子会社である株式会社ディレクト(東京都港区)がトランスフォーメーション事業で行っているマーケティング支援サイトに関する事業の一部を株式会社イード(6038)に譲渡することについて決議した。RPAホールディングスは、ロボットアウトソーシング事業、ロボットトランスフォーメーション事業、RaaS事業、新規事業支

RPAホールディングス(6572) の子会社RPAテクノロジーズ、IoT製品事業のCAMI&Co.と資本業務提携

RPAホールディングス(6572)の子会社RPAテクノロジーズ株式会社(東京都港区)は、株式会社CAMI&Co.(東京都品川区)と資本業務提携を行うことをを決定した。これにより、格安IoT/DX環境構築サービス「IoT-DX-Kit」とRPAテクノロジーズが提供するソリューション「BizRobo!」と連携することを可能とした。RPAテクノロジーズは、ロボティック・プロセス・オートメーション/仮想知

RPA HD(6572)、アドネットワーク事業展開のディレクトの全株式取得

RPAホールディングス(6572)は、株式会社ディレクト(東京都中央区)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。取得価額は1,644百万円。ディレクトは、インターネットメディアおよびアドネットワーク事業を運営している。本件M&Aにより、RPAHDグループは、これまで推進してきたアドネットワーク事業のRPA化と収益化を加速させ、企業価値の向上を図る。●今後のスケジュール譲渡実行日2018年9月

この記事に関連するタグ

「事業譲渡・子会社・連結」に関連するコラム

会社を売りたい。会社売却を考えた際に知っておくべきポイントとは

事業承継
会社を売りたい。会社売却を考えた際に知っておくべきポイントとは

事業を継いでくれる後継者が見つからない場合、残される選択肢は廃業、そして会社の売却です。本記事では、会社売却の動向、会社売却のメリットなどを整理したうえで、売却時の注意点や全体の流れについて解説します。事業承継を断念する前に、会社を売却し事業を存続させる方法について話を聞いてみませんか?数々の事業承継をご支援してきたコンサルタントが、M&Aによる取引価額、売却先候補についてご案内致します。ご相談は

事業譲渡とは?メリットやデメリット、手続きをわかりやすく解説

M&A全般
事業譲渡とは?メリットやデメリット、手続きをわかりやすく解説

M&Aで多く用いられるスキームとして挙がるのが株式譲渡と事業譲渡です。本記事ではどのような場合に事業譲渡がふさわしいのか、株式譲渡との違いやメリット・デメリット、手続きや税金などをわかりやすくご紹介します。日本M&Aセンターでは、事業譲渡をはじめ、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら事業譲渡とは事業譲渡とは

関連会社とは?関係会社・子会社との違いや、メリットなど解説

経営・ビジネス
関連会社とは?関係会社・子会社との違いや、メリットなど解説

関連会社に該当するかどうかは、議決権の割合によって定められています。本記事では関係会社や子会社との違いも含め、関連会社の概要についてご紹介します。日本M&Aセンターでは、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら関連会社とは?関連会社とは、親会社が議決権の20%以上を所有し「経営方針の決定に重要な影響を与えること

事業売却とは?会社売却との違い、メリット・デメリットを解説

M&A全般
事業売却とは?会社売却との違い、メリット・デメリットを解説

企業が不採算部門を整理し、主力事業へ経営資源を集中するなど、事業戦略の見直しを行う場面で活用されるのが、事業売却です。本記事では、事業売却の概要、メリット・デメリットなどをご紹介します。日本M&Aセンターでは、事業売却をはじめ、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら事業売却とは?事業売却は、企業が所有している

会社売却をしたら退職金はどうなる?

M&A全般
会社売却をしたら退職金はどうなる?

会社売却後に退職する場合、退職金はもともとの規定が引き継がれるのでしょうか。支払われる金額や方法、時期などに変化が生じるのでしょうか。本記事では、会社売却にともない退職者が出た場合の従業員や役員の退職金、注意すべきポイントについて解説します。@sitelink退職金とは退職金とは、従業員の退職時に雇用主である会社が支払う金銭のことで、通常の給与や賞与とは別に支給されるものです。退職金制度の導入は法

会社売却後どうなる?会社、社長、社員への影響を解説

M&A全般
会社売却後どうなる?会社、社長、社員への影響を解説

中小企業のオーナー経営者が会社売却を検討する際「売却した後、関係者に与える影響が一番気がかり」と考える人は少なくありません。本記事では、中小企業が会社売却をおこなう際、会社関係者、取引先などそれぞれのステークホルダーに与える影響、メリット、注意点についてご紹介します。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様

「事業譲渡・子会社・連結」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード